2009年01月28日

【映画感想】誰も守ってくれない4

『誰も守ってくれない』 見てきました!

平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が
小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。
東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を
命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)を
マスコミの目、そして世間の目から守るため、ホテル、アパート、
マンションと逃避行を始める。
                (シネマトゥデイ)  


誰もまもってくれない1




 
モントリオール最優秀脚本賞受賞

何かと話題のこの映画。
映画館で予告編を見たときから、公開を待ってたんですよね。
マスコミやネットの恐ろしさを改めて感じました。
色々考えさせられる映画でした。
佐藤浩市&志田未来の演技に魅せられました


ちょっとだけネタバレ↓


話は、ドラマ「誰も守れない」の最後から繋がってるんですね。
勝浦(佐藤浩市)が家族の関係修復の為に娘へのプレゼントを
買うシーンは、ドラマの最後で見ました。
ドラマを見た後だったので、玲子(木村佳乃)との関係や、
三島(松田龍平)のシャブ関連の意味が分かって良かったです。

家族旅行の為に休暇届を出していたのに、坂本(佐野史郎)から
小学生姉妹殺人事件の容疑者の家族の保護をするように、
命じられてしまった勝浦。
容疑者の家族は、マスコミや世間に叩かれて自殺をして
しまうケースがあるから…。


誰もまもってくれない2






事件のその日のうちに、船村家には沢山の人がやってきて、
家族を守る為、離婚をさせて妻側の籍に入り治す手続きをする
のですが、実際にもこんな感じなのかな?と、驚かされました。
確かに本名じゃいられませんよね…。
数時間前まで、普通の中学生だった沙織(志田未来)の
状況は一変する。
どこへ逃げても執拗に追いかけてくる、マスコミ。
ネットの監視の目。
耐え切れず自殺してしまう母親…。
15歳の少女には、あまりも辛すぎる出来事ですね。
涙ながら、私やお母さんが何をしたっていうの!と
訴える気持ちが痛かったです。

マスコミが一万で情報を買うと、ヤジ馬や近所に言ってたり、
カーチェイスで勝浦たちを追いかけたり。
マスコミの1人である梅村(佐々木蔵乃介)が
被害者の家族は加害者家族は、死んで償ってほしいと
思っている。と沙織を匿う勝浦を非難する。
その梅村の目が怖かったです。
出番は少ないのですが、さすが蔵乃介!な存在感でした。
彼もまた息子のことで色々あったので、「加害者」を
執拗に憎む一人なんですね。

ネットでの被害者叩きはどんどん加速していき、
長男の写真だけでなく、沙織の名前と写真までもさらされて、
刑事と沙織の行方を捜すヒーロー気取りのネット住民達。
「糾弾」という言葉に酔っているだけですよね。
祭りを楽しんでいるだけ。
そこまで執拗に妹までさらすなんて、異常ですもん。
まして、勝浦なんて仕事で保護してるのに。

実際顔写真はともかく、犯人の情報ってネットで出回り
ますよね。私も検索して、未成年の犯人の名前を知った事が
あります。もし自分が凶悪犯人の近くに住んでいたら、
正直言って自分も情報を流さない自信はありません…。
凶悪な殺人事件が起きて、家族は何してたんだろ。って
思うことも多々あります。マスコミに踊らされてるのかな。
でも、容疑者の家族も、また被害者であるわけですね。

本庄夫妻(柳葉敏郎)(石田ゆり子)も良かったです。
彼らは、てっきり殺された小学生の親かと思っていたのですが、
違ったんですね。被害者の親としての辛い気持ち。
圭介が勝浦に吐き出した気持ち、そう思っても仕方ないですね。
自分なら、勝浦を迎え入れる事なんて出来ないと思う。
いくら坂本の方が悪かったと分かっていても。
でも、彼らも幸せになれそうで良かったです。

気になったのは、彼氏の達郎(冨浦智嗣)と楽しそうに話す
沙織の姿。今の状況でよく笑えるなぁと感じてしまいました
そりゃ、泣いて落ち込んでばかりもいられませんけどね。
15歳で、いきなりあの状況じゃ仕方ないけど、一方的な
被害者気取りも気になりました。被害者を悼む気持ちをもつ
余裕はやっぱりないのかなぁ。それは今後出てくるのかな。

彼女はこれからも戦っていかないといけないんですね。
誰も守ってくれないから、沙織が家族を守らなくてはいけない。
辛い戦いですね。

ドラマで気になっていた勝浦の3年前の事件。
なるほど〜そんなことがあったんですか。
ドラマのシーンと色々繋がっていきました。
梅村とか、3年前の事件とか、もっと詳しく見たかったな。
あまりエピソードを入れすぎると散漫になるので、映画は
これで良かったですけど。


ドラマ「誰も守れない」の感想
 

監督:君塚良一
脚本:君塚良一、鈴木智
製作:亀山千広
撮影:栢野直樹
音楽:村松崇継
美術:山口修
製作国:2008年日本映画
上映時間:1時間58分
配給:東宝

 

誰も守ってくれない(OST)
サントラ
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) (2009-01-21)
売り上げランキング: 1676


butubutu07 at 19:21│Comments(6)TrackBack(35)DVD・映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 誰も守ってくれない  [ 欧風 ]   2009年01月28日 21:07
昨日はイオン下田に映画を観に行ってきました??。 今回観たのは、「誰も守ってくれない」。土曜の夜にその映画の前の話に当たる、ドラマ<a href="http://minkara.carview.co.jp/userid/122
2. 『誰も守ってくれない』 (2009)/日本  [ NiceOne!! ]   2009年01月28日 21:29
原題:Nobodytowatchoverme監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、木村佳乃公式サイトはこちら。<Story>幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避...
3. 映画感想『誰も守ってくれない』 守ると言う事  [ レベル999のマニアな講義 ]   2009年01月28日 21:32
内容明後日から休暇。離婚寸前の妻との関係を修復しようと娘・美菜が計画してくれた、知人のペンションへ向かう旅行。『もしかしたら。。。。』そんな期待を抱きながら、東豊島署の勝浦卓美刑事(佐藤浩市)は、同僚の三島省吾(松田龍平)を連れ、娘のためにプレゼントを...
4. 【誰も守ってくれない】  [ 映画@見取り八段 ]   2009年01月28日 22:00
誰も守ってくれない 監督: 君塚良一 出演:  佐藤浩市、志田未来、松田龍平、佐々木蔵之介、柳葉敏郎 公開: 2009年1月 第32回モントリギ..
5. 誰も守ってくれない  [ めでぃあみっくす ]   2009年01月28日 22:04
この映画は決して目を逸らしてはいけない秀作であり、残された加害者家族の現状について決して目を背けていない静かで力強い作品です。モントリオール国際映画祭で脚本賞を受賞しただけあって、とても重厚な物語に見終わった後、ふとケータイの電源を入れる自分の倫理観はど....
6. 誰も守ってくれない  [ 単館系 ]   2009年01月28日 22:16
容疑者は18歳の少年だった。 マスコミから容疑者の家族を守るよう指示された勝浦刑事だったが。 冒頭から離婚届だのってあまりにも現実過ぎ...
7. 映画 【誰も守ってくれない】  [ ミチの雑記帳 ]   2009年01月28日 22:50
映画館にて「誰も守ってくれない」 『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一が脚本と監督を兼ねる問題作。 おはなし:船村家は平凡な4人家族。ある日、18歳の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命...
8. 映画「誰も守ってくれない」  [ FREE TIME ]   2009年01月28日 23:19
映画「誰も守ってくれない」を鑑賞して来ました。
9. 誰も守ってくれない  [ LOVE Cinemas 調布 ]   2009年01月28日 23:28
主演・佐藤浩市、志田未来。監督・君塚良一、製作・亀山千広というフジテレビの定番製作陣。コレだけ揃えばヒット確実と言えるメンツです。さて、ただいま1月24日の23時をまわったところ。本作の前番組『誰も守れない』を観終わり、24時10分からのレイトショーで本...
10. 「誰も守ってくれない」加害者家族を守る刑事のみたマスコミとネット犯人たちの狂気  [ オールマイティにコメンテート ]   2009年01月28日 23:33
5 「誰も守ってくれない Nobody to watch over me」は殺人を犯した18歳の少年の加害者家族を守るために任命された警察官がマスコミ、一般市民の迫害から加害者家族を守っていくストーリーである。現在ではインターネットの発達で個人情報を守るのが困難になっているし、世間...
11. 誰も守ってくれない  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2009年01月29日 00:13
原題:Nobodytowatchoverme公開:2009/01/24製作国・年度:日本、2008年上映時間:118分鑑賞日:2009/01/24監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、津田寛治、木村佳乃、柳葉敏郎殺人犯の妹となった少女と彼女を守る刑事の....
12. 『誰も守ってくれない』・・・救いのない中から見えてくる希望  [ SOARのパストラーレ♪ ]   2009年01月29日 01:29
事件の被害者ではなく加害者側、すなわち容疑者の家族を警察が守る場合があるという。警察は公に認めていないそうだが、その是非はともかくとしてこういう対応はあって当然な気がする。
13. 誰も守ってくれない  [ 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々?? ]   2009年01月29日 06:45
友人や彼氏に囲まれ、楽しい中学生活を送っていた船村沙織。けれど、幼い姉妹を刺し殺した事件で兄が逮捕され、彼女や両親の生活は一変します。自宅はマスコミに取り囲まれ、世間の厳しい目に晒され...。警察は、沙織の保護を刑事の勝浦に命じます。ホテル、刑事の自宅、...
14. 試写会「誰も守ってくれない」  [ 日々“是”精進! ]   2009年01月29日 07:21
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「誰も守ってくれない」の試写会に出席してきました社会的に注目を集める殺人事件を巡って巻き起こるネットの暴走やマスコミ報道のあり方を、警察による容疑者家族の保護という新たな切り口で問い直す力作社会派エンタテインメン...
15. 誰も守ってくれない  [ ドラ☆カフェ ]   2009年01月29日 09:57
脚本 君塚良一、鈴木智 音楽 村松嵩継 監督 君塚良一 公開年 2009年 人は静かに強くなる
16. 誰も守ってくれない  [ Akira's VOICE ]   2009年01月29日 10:33
声を聞こう。人の声を。  
17. 『誰も守ってくれない』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年01月29日 13:16
□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚本 君塚良一&nbsp;&nbsp;&nbsp; □脚本  鈴木智   □キャスト 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cyaz...
18. 『誰も守ってくれない』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年01月29日 13:32
□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚本 君塚良一&nbsp;&nbsp;&nbsp; □脚本  鈴木智   □キャスト 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cyaz...
19. 「誰も守ってくれない」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年01月29日 16:48
おそらく、TVスペシャル『誰も守れない』をじっくり見てから、映画本編を見た方が理解度が高まるだろうと公開初日を見送ったが、多分正解だったように思う。勝浦刑事のエピソードゼロ的『誰も守れない』であり、娘
20. 「誰も守ってくれない」  [ ★ Shaberiba ★ ]   2009年01月29日 18:21
加害者家族を襲うマスコミとネットの恐怖に背筋が凍った〜!!
21. 映画「誰も守ってくれない」試写会。  [ 「ボブ吉」デビューへの道。 ]   2009年01月29日 19:07
12月3日、映画「誰も守ってくれない」試写会、行って参りました。 このところ、楽しみにしてた映画・舞台を鑑賞しても、 睡魔には勝てなかったという、疲れ果ててる僕ですが(笑)、 今回はまったく睡魔も訪れず、ラストまで食い入るように、 スクリーンに集中できました。...
22. 誰も守ってくれない  [ 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 ]   2009年01月29日 23:23
犯罪に係わる人間を描く秀作だが、何よりその視点がユニーク。殺人犯の妹の、15歳の少女・沙織を保護する刑事・勝浦は、彼女を世間やマスコミから守るためマニュアルに従い逃避行を続ける。警察が犯罪者の家族を保護するというあまり知られていない行為を通して、社会の矛盾....
23. 『誰も守ってくれない』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ  [ |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο ]   2009年01月30日 19:42
キャストが来なきゃ映画を見る気がしない(爆)「レッツハンサム!」からあまりインターバルを空けず、またまた舞台挨拶へ行ったのだが、忙しくてUP出来ず2週間が経過・・・ドラマ化まで決まってた(爆)今回の舞台挨拶レポは、11/10に行われた第32回モントリオール世界映...
24. [映画『誰も守ってくれない』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 ]   2009年01月30日 20:08
☆いやはや、評判が悪いので、奇を衒った<1アイディア映画>かなと思いきや、とてもよく出来た作品だった。  一ヶ所、どうしても、「やりすぎだろ・・・^^;」と思えるシーンがあり、それで私の心中の評価はガタ落ちするのだが、それ以外は、私にとって、『おくりびと...
25. 誰も守ってくれない  [ 利用価値のない日々の雑学 ]   2009年01月30日 20:14
邦画が今よりもずっときちんと主張をし、一般に問題提起をしていた時代に映画鑑賞に時間を沢山割けたという点で筆者はとても幸せだったのだと思う。所謂、「社会派」というジャンルには、当時、普通に暮らしている日本人にとっては同じ国、同じ国民の中にもこういう考えや...
26. 誰も守ってくれない  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2009年01月31日 14:11
JUGEMテーマ:映画 2009年1月24日 公開 ★★★★☆ 星4っつです。 マスコミより情報収集が早いネット社会・・・背筋が凍るねぇ。 最初にやや飛ばし過ぎという感じがあったため中盤は少々ダレる一面もありましたが、この題材はとても考えさせられる...
27. 何か物足りない。『誰も守ってくれない』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年02月01日 19:16
殺人犯の妹になった少女と彼女を保護する刑事の様子を描いた作品です。
28. 誰も守ってくれない  [ ☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆ ]   2009年02月01日 22:01
4 誰も守ってくれない’09:日本 ◆監督・脚本: 君塚良一「MAKOTO」「容疑者 室井慎次」◆出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之助、佐野史郎、木村佳乃 ◆STORY◆幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マ...
29. 誰も守ってくれない 2009-6  [ 観たよ〜ん〜 ]   2009年02月03日 21:51
「誰も守ってくれない」を観てきました〜♪ 或る日、東京の郊外の船村家にパトカーが乗りつける。船村家の長男が小学生姉妹の殺人容疑で逮捕され、東豊島署の勝浦(佐藤浩市)は、容疑者の妹沙織(志田未来)をマスコミや世間の目から守るように命令される・・・ 人気...
30. 誰も守ってくれない (佐藤浩市さん)  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   2009年02月04日 13:17
◆佐藤浩市さん(のつもり)佐藤浩市さんは、現在公開中の映画『誰も守ってくれない』に勝浦卓美 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
31. 誰も守ってくれない  [ Thanksgiving Day ]   2009年02月09日 00:31
映画「誰も守ってくれない」を観てきました!! 映画館で予告編を観てから、なかなか興味深い題材だなあと思って、公開されたら絶対に観に行こうと心に決めてたんですよ。 第32回モントリオール映画祭で最優秀脚本賞を受賞したという作品で、こんな内容です。 『幼い....
32. 【映画】誰も守ってくれない  [ 新!やさぐれ日記 ]   2009年02月14日 23:45
▼動機 時間的にこれしか合わなかったっていう話 ▼感想 マスコミの良心を信じようとした私がバカだった ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり やっぱり ▼あらすじ ニッポン放送株取引にてライブドアに敗北をしたフジテレビは、インターネットの世界に対して復讐を誓...
33. 誰も守ってくれない <ネタバレあり>  [ HAPPYMANIA ]   2009年03月04日 04:53
試写会に当たったので お友達と観に行ってきましたが重い、実に重い内容ですこの映画は 容疑者の家族側の話になっているので 普段あまり知り得ないことや容疑者の家族が世間からどういう仕打ちを受けるのかというのがよくみえた被害者の家族を保護しないといけないのは...
34. 誰も守ってくれない  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年10月12日 11:28
加害者の家族に視点を当てた映画だということと タイトルに魅かれて観てみました。 幼い姉妹の殺害事件が起きる。 平凡な4人家族の船村家の未成年の長男が容疑者として連行される。 その瞬間から彼の家族はマスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、 彼の...
35. 誰も守ってくれない  [ 映画、言いたい放題! ]   2009年10月12日 11:29
加害者の家族に視点を当てた映画だということと タイトルに魅かれて観てみました。 幼い姉妹の殺害事件が起きる。 平凡な4人家族の船村家の未成年の長男が容疑者として連行される。 その瞬間から彼の家族はマスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、 彼の...

この記事へのコメント

1. Posted by くう   2009年01月28日 21:58
私も今日見てきました^^
ドラマよりも、心に響くストーリーでした。
マスコミやネットの恐さをしみじみ感じましたね。

沙織の彼氏には怒りを感じますわ(−_−;)

>一方的な
被害者気取りも気になりました。

事件が起きてからテレビや新聞から
引き離されて勝浦に守られ、母の遺体とも
会っていないと言う状況から、現実感が
ないんでしょうね。。。
そういう気持ちが出てくるのは、もっと
ずっと後の事なのかも知れませんね。

とても考えさせられる素晴らしい映画でした。
2. Posted by ルル   2009年01月29日 10:48
こんにちは〜♪
ドラマ→映画へと
"誰も"漬け(凍ります、、^^;)な日になりました。
佐々木さんの目は怖かったですよねー。
20世紀少年でも注目したいところ。
色んな意見が飛び交いそうですが、、
社会派としては秀作に思いました。
3. Posted by みんと   2009年01月29日 19:11
>くうさん
ドラマより入り込める内容でした。
マスコミやネットはやりすぎですよね。
あそこまであの家族を追い詰める立場じゃないのに。
ホント怖いです。
沙織の彼氏はとんでもなかったですよね。
富浦くんの印象まで悪くなりそうな奴でした。

つい手厳しい感想を持っちゃいましたが、
15歳で、あの状況で被害者への罪悪感をもてと
言うほうが難しいかもしれませんね…。
今は自分のことで精一杯なのでしょうね。

色々考えさせられる内容でしたよね。
ドキュメントっぽくて良かったです。
4. Posted by みんと   2009年01月29日 19:25
>ルルさん
こんにちは〜。
ドラマ→映画の流れで見たので、分かりやすくて
良かったです。
蔵乃介の目は、ホントヤバイ目つきだったので、
あの1シーンだけで強い印象に残りました。
20世紀少年でも、楽しみですよ〜♪

社会派映画として、中々いい出来の映画でしたよね。
加害者家族の苦悩も、これから考えるように
なりましたし。

5. Posted by くろねこ   2009年01月29日 20:00
こんばんは〜!!
こんなことになったら。私も生きてられそうもないよぉ(涙)
保護プログラムもなんかひどいしね〜。
私も彼女の態度は良くないと思いましたよ〜。でも彼女は悲しみよりも怒りのほうが強かったんでしょうね。
彼女の苦しみはこれから・?
お母さん。そばにいてやらなきゃ!ですよね(涙)
6. Posted by みんと   2009年02月01日 18:38
>くろねこさん
あの状況じゃ、死を選んだ母親の気持ち分かります…。
でも母親なら子供を守ってやらないとね。
保護プログラムもあまりにも事務的でしたよね。

15歳だし、突然のことなので仕方ないのでしょうが、
沙織の途中起こした行動は酷いなぁと思いました。
これから戦っていなかくてはならないのでしょうね。
大変すぎます…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Profile
ブログリスト


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ランキング赤

F2

記事検索
楽天市場