高橋一生

2010年12月17日

医龍3 第十話「母の命か娘の命か!仲間の命を懸けた禁断の最終オペが今、始まる!」4

最高水準の技術を要する手術を2つ同時に行うことになった
チームドラゴンの面々。
患者の1人は高瀬春香(出口結美子)。黒木(遠藤憲一)の
かつての同僚、高瀬(渡辺いっけい)の妻だ。
もう1人は世界的に有名なロシア人ピアニスト、リディア・
ナターリア(Asya)。  
この2つのオペを同時にこなすために、春香の手術は
朝田龍太郎(坂口憲二)が執刀、さらに伊集院(小池徹平)、
荒瀬(阿部サダヲ)、冬実(谷村美月)、響(初音映莉子)らが担当。
そしてリディアの手術は、加藤(稲森いずみ)が執刀、
さらに北洋病院から朝田が呼んだ外山(高橋一生)、
野村(中村靖日)らが受け持つこととなった。  
そんな折、高瀬の娘・恵(菅野莉央)が春香の病室を訪れる。
恵はサッカーで骨折し、近くの病院に入院しているのだが、
春香が心配で無理をして見舞いに来たのだ。
仲のよい母娘の姿に、心を打たれる黒木。  
いよいよ手術当日。最高レベルの技術を要するオペが
2つ同時に始まった。
手術は順調に進んでいるかのように見えたが、途中で
木原(池田鉄洋)が顔面蒼白で飛び込んでくる。
なんと、恵が肺塞栓で倒れ、急患として運び込まれてきたのだ。
症状はすぐにオペをしないと間に合わないほどに重篤で
人工心肺が必要だが、2台とも春香とリディアの手術で
使用している。
2台しかない人工心肺に対し、それが必要な患者は3人。
はたして、朝田はどのような決断をくだすのか !?
                                                                              
  続きを読む

butubutu07 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(8)

2008年09月18日

デトロイト・メタル・シティ4

今更ですが「デトロイト・メタル・シティ」
見てきました
松山ケンイチ好きだし、高橋一生をお目当てに

大分の田舎から、大学入学で東京に上京してきた
根岸崇一(松山ケンイチ)
夢はお洒落系ミュージシャンに成る事で、大学で友達になった
憧れの相川由利(加藤ローサ)に歌を褒められた根岸は、
新人ミュージシャンを募集していた『デスレコ−ズ』に…。
そして気がつくと、目指していて音楽とは間逆デスメタルの
バンドを組まされて、「デトロイト・メタル・シティ」として
熱狂的ファンから熱い支持を受けるクラウザーになっていた。
「俺がやりたいのは、こんな音楽じゃないんだ〜〜」
盛り上がる人気とは裏腹に、苦悩するクラウザーこと根岸。


なかなか面白かったです
松山ケンイチは、ホントどんなキャラにも化けるな〜と感心。
根岸のうじうじして、はっきりしなくて、夢みがちで、
うざいようなキャラなんだけど、なんだか可愛らしくて。
そしてクラウザーさんは、色々と突き抜けていて素敵。
メイクのせいもあるけど、まるで別人のように見えました。
社長(松雪泰子)のぶっとびぷりも良かったですし、
お目当て佐治(高橋一生)は可愛かったので満足


↓以下ネタバレあり
続きを読む

butubutu07 at 18:17|PermalinkComments(6)TrackBack(30)

2008年09月10日

ゴンゾウ〜伝説の刑事 第十話 最終回「夏の終わり」5

「この世界に愛はあるの?鶴ちゃんはこの世界に愛はあると
思う?」

鶴(本仮屋ユイカ)に聞く乙部(内田朝陽)
「やっぱりあるんじゃないかな。うんあると思う」
「鶴ちゃんは幸せな人なんだね。安心した」
少し考えた後、鶴は口を開く。それを聞いて安心する乙部。
続きを読む

butubutu07 at 23:36|PermalinkComments(8)TrackBack(12)

2008年09月03日

ゴンゾウ〜伝説の刑事 第九話「真犯人」4

新しい情報を掴み、もなみ(前田亜季)の事件を洗い直す事に
した黒木(内野聖陽)、鶴(本仮屋ユイカ)、日比野(高橋一生)
寺田(綿引勝彦)たち。
黒木と日比野が、写真に写っていた飯塚(加藤虎ノ介)の姉の
早苗(遠野凪子)の行方を捜す。
鶴と寺田はバッグの持ち主を探していた。

続きを読む

butubutu07 at 23:32|PermalinkComments(8)TrackBack(8)

2008年08月27日

ゴンゾウ〜伝説の刑事 第八話「鍵を握る女」4

岡林(白井晃)にで撃たれそうになった無抵抗の黒木(内野聖陽)
だったが、佐久間(筒井道隆)が岡林を後ろから射殺をする。
間一髪で助かった黒木は、発作を起こして運ばれる。
岡林はイカヅチを所持をしていたので、もなみ(前田亜季)を
殺害した犯人だと断定され、被疑者死亡で犯人逮捕。
捜査本部は解散。事件解決を祝い刑事たちは祝杯をあげる。
「捜査が終れば祝杯をあげて忘れる。そうでもしないと
刑事なんてやってられないだろ」
もなみのDVDをダビングして持ってきた鶴(本仮屋ユイカ)に、
日比野(高橋一生)は苦笑い。

続きを読む

butubutu07 at 23:09|PermalinkComments(2)TrackBack(8)

2008年08月13日

ゴンゾウ〜伝説の刑事 第七話「3年前の真実」4

2005年。
黒木(内野聖陽)は佐久間(筒井道隆)を従え、ある殺人事件を
追っていた。被害者に関わっていた売春婦の杏子(池脇千鶴)が
容疑者として浮上し、黒木は佐久間に杏子を追うように命ずる。
上司に期待されている黒木は、新設される13係のリーダーを
期待されていて昇進試験を受けるように言われていた。
そんな中、杏子は昔黒木が一家心中から救った少女だった事が
判明する。あの人形は、幼い杏子に贈ったプレゼントだった。

続きを読む

butubutu07 at 22:29|PermalinkComments(4)TrackBack(11)

2008年08月06日

ゴンゾウ〜伝説の刑事 第六話「潜入捜査」3

日本青空クラブの会長の岡林(白井晃)が容疑者としてあがる。
警察に話にきた乙部(内田朝陽)は、岡林の部屋には銃や武器の
山があったと証言する。鶴(本仮屋ユイカ)は右足を引きずって
いたことから、岡林への疑いが強くなる。
続きを読む

butubutu07 at 23:45|PermalinkComments(2)TrackBack(7)

2008年07月30日

ゴンゾウ〜伝説の刑事 第五話「幻の拳銃」4

3月。
工場で拳銃を製造する男。津田(左とん平)
事件発生から一ヶ月
髭を剃り、体を鍛える黒木(内野聖陽)
鶴(本仮屋ユイカ)も退院し、署に顔を出す。

使用した銃は回転式の36口径。未知の拳銃だった。
佐久間(筒井道隆)は反対したが、黒木は銃の出所を調査する
案を出しそれが採用される。黒木達は龍神会の藤岡グループ
を摘発する事になった。藤岡とは過去やりあった関係だ。
藤岡の事務所に突入し、藤岡らと警察とで壮絶な乱闘になる。


続きを読む

butubutu07 at 23:11|PermalinkComments(4)TrackBack(7)

2008年07月23日

ゴンゾウ〜伝説の刑事 第四話「天使の証明」

7月8日
事件発生から間もなく一週間たつが、一向に新しい情報は
入ってこなかった。そこで、もなみ(前田亜季)の男性関係を
洗いなおすことになった捜査本部。
黒木(内野聖陽)と岸(菅原大吉)は、もなみの自宅に向かい彼女
の両親の孝作(秋野太作)と光恵(浅利香津代)に話を聞く。
憔悴しきってる両親を食事に誘い、もなみの思い出話を聞いた
黒木はやり切れない気持ちになる。


続きを読む

butubutu07 at 23:01|PermalinkComments(6)TrackBack(9)

2008年07月16日

ゴンゾウ〜伝説の刑事 第三話「目撃者ロダン」3

事件発生1日目。
現場近くに家を構えてるホームレスのロダン(金田明夫)が
何かを目撃していた。

事件発生3日目。
佐久間(筒井道隆)に言われ、寺田(綿引勝彦)の代役として
特別捜査本部に入る事になった黒木(内野聖陽)。

続きを読む

butubutu07 at 22:55|PermalinkComments(4)TrackBack(11)
Categories
Profile

みんと

ブログリスト


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

ランキング赤

F2

記事検索
楽天市場