BUY AND USE

自宅のDIYや設置した太陽光発電、リフォームなどが中心ですが、買ったものや、受けたサービス、家電製品などについて書いています。

パナソニックのドラム式洗濯機NA-VX8800L

パナソニックのドラム式洗濯機NA-VX8800Lはなかなか便利

3ヶ月前に使っていたドラム式洗濯機が壊れてしまい買い替えでNA-VX8800Lを購入しました。この洗濯機、買って正解!なかなか便利です。

とにかく洗剤のタンクが良い。毎回投入しなくて良い

洗濯機で洗濯をする際、1回ずつ洗剤を入れてスタートボタンを押すのは当たり前でした。
このパナソニックのドラム式洗濯機NA-VX8800Lは、洗剤の投入を毎回しなくて良いのです!

本体の上部左側に液体洗剤用のタンクが設置されていて、洗剤はそこにタップリと投入しておけば良いのです。洗濯物の量によって自動的に必要な分量を使ってくれます。いちいち分量を計って投入しなくて良いのです。

IMG_3568


ハイジアやナノックスなどの小容量で洗濯可能な液体洗剤の場合には予め洗濯機本体の設定をしておけば少ない洗剤で洗ってくれます。

しかも、洗剤は詰め替え用を購入してくれば良く、ボトルタイプは家には存在しません。よって洗剤費用はお得でゴミも出ないのです。



パナソニックのドラム式洗濯機、U04エラー頻発で買い替え5

パナソニックのドラム式洗濯機NA-VR5600Lを遂に買い替え

パナソニックのドラム式洗濯機NA-VR5600Lを長年使用していましたが、洗濯機内部のホコリの蓄積や、そもそもの構造などの関係で、乾燥時にU04エラー(集塵フィルターの詰り)が頻繁に発生して困っていました。集塵フィルターが詰まっている訳ではなく、洗濯機内の至る所にホコリが蓄積してエラーが発生していたのです。

いつも深夜に洗濯と乾燥の予約をしていたのでほぼ深夜にエラーコードU04が発生し、警告音と共に停止していました。

何度かサービスマンに点検をしてもらい延命していましたが、流石に限界がきた様です。

新たに購入したのはNA-VX8800L

買い替えで購入したのは同じくパナソニックのドラム式洗濯機NA-VX8800Lです。サイズはNA-VR5600Lよりもドラムが寝てない影響で大きく感じます。

FullSizeRender
NA-VX8800L


NA-VX8800Lの特長

NA-VX8800Lの特長は

◎洗剤の自動投入

・いちいち洗濯前に洗剤を投入しなくても洗剤を入れておけるタンクがある

◎温水洗濯

・温水で洗濯できるので、黄ばみや臭いを軽減してくれる

◎洗濯は11kgまで、乾燥は6kgまで


とのこと。洗剤の自動投入は凄く便利です。

NA-VX8800Lの価格は?

近所の家電量販店2店舗で調べました。結果は約18万円でした。(2018年5月末時点)ちょうど洗濯機のモデルチェンジ前の時期で、店頭掲示価格よりもかなりの値下げをしてくれました。

念の為、延長保証は5年間入りたかったので、中途半端な6年保証のお店では買わず、しっかり5年間完全保証がしてもらえるお店で購入。古いパナソニックのドラム式洗濯機の引き取り料金も含んでくれたので出費は最小限に抑えられたと思います。











BS放送 110度CS放送のパラボラアンテナ設置 DIY

DIYでパラボラアンテナを設置

BS放送、110度CS放送共に対応したパラボラアンテナをDIYで設置しました。

アンテナは、DXアンテナのケーブルも付いたお買い得セット、BC453CKというセットです。



初心者でも簡単。パーツとツールは全て揃った便利セット

設置に道具は全く不用。製品同梱物で全て完結します。ベランダやバルコニーに設置するためのアタッチメントやネジなども付いていて初めての方でも簡単に設置できます。

アンテナの向きの設定もiPhoneを使うと1人で出来る

BS、110度CSのアンテナは設置する向きがとても重要です。衛星の向きにしっかり設置しないとテレビに映像が映りません。このアンテナ、テレビが視界に入る場所での設置なら簡単ですが、そうでない場合の方が圧倒的に多いと思います。テレビ画面を見ながら設置出来ないとなかなかアンテナの方向がわかりません。そこで便利なのがizohineなどのスマートフォンです。

iPhoneやiPadを2台使用してテレビ電話

こちらで使用したのはiPhoneとiPadを1台ずつ。そしてSkyPhoneというアプリです。SkyPhoneは無線LAN(wi-fi)でもスマートフォン同士のテレビ電話が可能なアプリです。よって自宅に無線LANがあれば通話料は無料です。

テレビ画面に電波受信状況の確認画面やBSまたはCSのチャンネルを表示してiPadをBS,110度CSアンテナを接続したテレビの前に置き、テレビ画面がiPadのカメラに映っている状態にして固定します。
次にiPhoneとiPadをテレビ電話で繋ぎ、iPhoneの画面でテレビ画面が見られる様にします。

この状態でアンテナ設置場所まで行き、iPhoneの画面を確認しながら衛星放送用アンテナの向きを微調整するのです。

実際やってみたらとても便利でした。2人でテレビ前とアンテナ設置場所で声の掛け合いで設置するのはとても大変だと思いますので、この方法がベストです。













検索
記事検索

エコ住宅 ブログランキングへ
QRコード
QRコード
ブログ村
  • ライブドアブログ