2007年02月22日

2/23新規上場銘柄

テイ・エス・テック <東証 7313 >
ホンダ向け四輪車用シートが主力
 四輪車用および二輪車用のシート、四輪車用内装品等の製造販売を行っている。四輪車用ではシートのほか、ドアトリムやステアリングホイール、シートカバーなどを製造、二輪車用ではシートのほか、ヘッドランプカバーやオイルゲージなどの製造を行っている。なお、各事業の売上高構成比は四輪事業が95.3%、二輪事業が2.5%、その他事業が2.2%(9月中間決算実績)となっている。
 主要取引先は四輪車用がホンダ、スズキ、二輪車用がホンダ、スズキ、ヤマハ、カワサキ。なかでも大株主でもあるホンダ向けについては、四輪車用シートにおいて全世界ベースで65%を供給するなど高いシェアを有しており、全体売上高の9割近くがホンダグループ向けとなっている。
 拠点は国内に加え、海外についても1977年の北米進出を皮切りに欧州、アジアと積極的に展開している。現在は世界11カ国、32法人というグローバルネットワークを構築している。さらにそれらの拠点は、国内、海外とも取引先の主要拠点近くに展開されているのが特徴だ。

上場要項
●公開株式数:
606万800株(すべて売出し)

●公 開 価 格: 2月15日決定予定(仮条件=2400〜2600円)

●売 買 単 位: 100株
●主幹事証券: 日興シティグループ




bws at 16:44|PermalinkComments(0) IPO情報 

2006年11月24日

24日の株式関連ニュース

社保庁、年金額訂正3万3900件・未払い大量発生の疑い(07:02)
ベンチャー投資、税優遇を拡充・政府検討(07:02)
今後10年分の合併補助金、補正予算で8割要求へ・総務省(07:02)
大手損保、契約時の問題行為も相次ぎ発覚(07:02)
輸出数量に減速感、2カ月連続マイナス(07:02)
年金保険料徴収、民間徴収が官を上回る・市場化テスト(07:02)
大手証券、証券担保ローンを拡充(07:02)
多重債務者の相談窓口拡大、金融庁が検討(07:02)
預金口座の強制解約や停止、過去3年で1万件超す(07:02)
在庫など担保の融資、中小企業に公的保証・経産省など(07:02)
マツダ、タイ・北米に新工場(07:00)
採血なしで血糖値を測定・電通大など開発(07:00)
帝人、高機能繊維を増産・225億円投資(07:00)
富士フイルム、液晶テレビ向け部材工場を新設へ(07:00)
プラズマTV、日立が欧州で強化(07:00)
「パート不足」、流通の9割超・日経MJ主要53社調査(07:00)
ヤマハ、新人アーティストを携帯で発掘(07:00)
東京コカ・コーラなど、自販機使い地域情報(07:00)
ドコモ携帯、海外で不正通話・解約済みICカード悪用(07:00)
「ブルーレイ」、ソニーなど7社が共同宣伝活動(07:00)

bws at 08:13|PermalinkComments(0) 本日の株式関連ニュース 

2006年11月22日

22日の株式関連ニュース

耐用年数内で全額損金に・政府税調答申骨格、減価償却見直し(07:02)
「破談の代償」教訓残す・三菱UFJと住信和解(07:02)
在外公館の職員向け人脈づくり手当「使途不問から実費に」(07:02)
三井住友FG、増配上積みへ(07:02)
10月決定会合議事要旨「日銀認識、市場とズレも」(07:02)
特許制度統一へ条約案・日米欧など(01:42)
9月の出生数、ほぼ横ばい・厚労省(22:53)
法令順守、銀行の6割が「落第点」・金融庁が検査評定を公表(22:53)
NTT固定電話網、通信業界全体で維持・情通審が答申(22:53)
個人消費、非耐久財2.8%減・7―9月期(20:00)
ライブドアの全金融事業、投資会社に売却(07:00)
ワールド、投資積極化・「MBOで上場廃止」1年(07:00)
三菱商事、インドで低温物流拡大(07:00)
綜合警備保障、警備ロボをリース(07:00)
オフィスの不正防止、複合機に指静脈認証・リコーと日立ソフト(07:00)
三井物産、ナフサ取引で96億円損失・トレーダーの隠ぺい発覚(00:43)
サムスン電子、世界最薄の液晶パネル開発(00:16)
東海パルプと特種製紙、経営統合発表・来春に共同持ち株会社(00:01)
日本板硝子、新興市場で生産強化(23:00)
NECの9月中間、経常赤字135億円・携帯事業など不振(22:23)

bws at 08:15|PermalinkComments(0) 本日の株式関連ニュース 

2006年11月21日

21日の株式関連ニュース

リストラ解雇、条件明示・厚労省方針、労働契約法に4項目(07:01)
インドネシアとの経済連携協定、看護師受け入れ(07:01)
三菱UFJ、みずほが今期3000円増配・住友信は年17円に(07:01)
株売買「取引所外し」広がる・米メリル、07年にも参入(07:01)
三菱東京UFJ銀、コンビニATM平日昼間手数料ゼロに(07:01)
日本国債保有、外国人5%超す・財務省、豪で初のIR(07:01)
官民一体外交が始動・経団連、首相のベトナム訪問同行(07:01)
11月の月例報告、基調判断を下方修正・1年11カ月ぶり(07:01)
再挑戦支援で税制特例要望・内閣官房など(07:01)
ジャフコが大和生命に出資(07:01)
中部電力、大阪ガスから電力購入(07:00)
携帯乗り換え、50万人程度・番号継続開始1カ月(07:00)
三井物産、ネットのバナー広告で新会社・米社と共同(07:00)
日立の古川社長「事業の取捨選択急ぐ」(07:00)
富士通が基地局を開発・ドコモの次世代高速通信携帯(07:00)
NTT西、07年4月から契約社員の正社員化(07:00)
ワタミ、岩手に第2肥料工場・生産能力倍増(07:00)
アスクル、医療材料の通販品目を倍増(07:00)
ソニー、「おサイフケータイ」IC開発で合弁(22:06)
ツルハ、福太郎を傘下に(22:00)

bws at 08:03|PermalinkComments(0) 本日の株式関連ニュース 

2006年11月15日

15日の株式関連ニュース

固定資産税、「駅ナカ」課税を強化・総務省(07:01)
景気「いざなぎ」超え・11月月例報告、回復判断据え置き(07:01)
株軽減税率廃止を提言へ・政府税調(07:01)
国民負担なお2兆9000億円・あおぞら銀が再上場(07:01)
厚生年金のパート適用拡大、与党が検討前倒し(07:01)
若者採用で努力義務・労政審が雇用対策法改正案で方針(07:01)
夕張市、赤字解消へ課題多く(07:01)
日銀、15日から政策決定会合(07:01)
APEC閣僚会議、15日開幕(07:01)
OMC、イートレードと証券仲介で提携(07:01)
日清、明星と資本提携で合意(07:00)
沖電気、北米でATM事業・韓国大手と提携(07:00)
ボルボと日産ディ、トラック相互販売(07:00)
食品スーパー、都市部への出店縮小(07:00)
米国トヨタ、ハイブリッド3割増(07:00)
ガス管でカルテル疑い、石化各社が印象悪化を危惧(07:00)
伊藤忠、米で天然ガス販売(07:00)
日通、福岡に物流拠点(07:00)
リクルートエグゼクティブ、経営幹部の性格分析し候補者紹介(07:00)
三菱化学と三菱商事、ナノテク新素材共同会社に追加出資(07:00)

bws at 08:27|PermalinkComments(0) 本日の株式関連ニュース 

2006年11月13日

13日の株式関連ニュース

日米財界人会議が開幕、経済協定などで意見交換(22:53)
所得税の最高税率、引き上げ検討・政府税調会長(13:11)
円、対主要通貨で軒並み安値圏に・対アジアも大幅下落(07:01)
公立校で小中高一貫など、改革特区認定へ(07:01)
自治体の資金調達、民間依存07年度65%に・最高を更新へ(07:01)
郵政公社、合理化進まず・人手不足、予定外2100人採用(07:01)
企業の財務管理システム、経産省が粉飾防止へ指針策定(07:01)
医療保険の保険金、支払い査定体制を強化・損保大手(07:01)
都市開発事業の緑化活動を格付け・都市緑化基金(07:01)
固定資産税徴収で市町村と税務署連携強化・総務省指示(07:01)
日本車メーカー、北米増産を加速(07:17)
伊藤忠、ブラジルでバイオエタノール生産(07:17)
日立造船、環境事業の再建急ぐ(07:17)
明星食品と提携に意欲・内外食品メーカー(07:17)
豊田通商、自動車ガラスを米で仮組み立て(07:17)
ホンダ、燃費レースを上海で開催(00:03)
バイオエタノール、調達先の確保課題に(16:21)
政府、インドと科学技術協力再開へ(16:00)
新型ゲーム機、プレイステーション3が発売・即完売(11:40)
企業の想定為替レート、円安方向へ修正相次ぐ(07:00)

bws at 08:12|PermalinkComments(0) 本日の株式関連ニュース 

2006年11月09日

9日の株式関連ニュース

・米大統領、国防長官の辞任を発表 (03:50)
・NY株最高値更新、19ドル高の1万2176ドル (07:18)
・自由度高い労働時間制、条件付き導入案提示へ・厚労省 (07:00)
・日航、追加リストラ検討・人員削減も視野 (07:00)
・ガソリン価格、下落ペースにばらつき (07:00)
・文科省、全国規模の履修漏れを01年度に把握か (07:00)
・自由度高い労働時間制、条件付き導入案提示へ・厚労省(07:01)
・国際協力銀、アジア各国と共同で「輸銀債」(07:01)
・銀行、そろり広告改善・住宅ローンや新型預金(07:01)
・みずほFG、NY証取に上場・時価総額で米大手と格差(07:01)
・米産牛肉、書類不備で一部工場からの輸入を保留(21:47)
・諮問会議民間議員、日銀の景気認識けん制・議事要旨で判明(07:01)
・財制審、消費税に触れず・22日に建議決定(07:01)
・大手消費者金融の9月中間、4社の最終赤字計7652億円(23:28)
・9月の景気一致指数は50%、改善の基調判断維持(21:47)
・「世界特許」構築へ日米欧が検討会(07:01)
・コンビニ各社、オーナー確保策を拡充(07:00)
・GM、トヨタとの提携継続を確認(07:00)
・サンテレホン株、TOBへの応募9割(07:00)
・バイオ医薬、06年度の研究開発投資5.4%増・日経調査(07:00)
・序盤はauが優勢、「番号継続」後の顧客獲得戦(23:42)
・飲んで使うカプセル型内視鏡、オリンパス子会社が承認申請へ(07:00)
・カメラ付き携帯画像をSNS方式で閲覧・メディアピックス(07:00)
・米マイスペースの創業者「ミクシィより早い成長可能」(07:00)

bws at 08:20|PermalinkComments(1) 本日の株式関連ニュース 

2006年11月08日

8日の株式関連ニュース

(7203)トヨタ(7100円)(7202)いすゞ(415円)に出資 発行済み株式数の5.9% ディーゼル共同開発

日銀総裁「リスクに先手」利上げ後ずれ観測けん制 「成長の芽摘まず」

生保貯蓄性商品 人気復活の兆し 予定利率上昇 団塊マネー流入

村上ファンド解散へ 投資解約、想定上回る 元本割れ多くの投資家回避

世界貿易機関(WHO)ベトナムの加盟を承認 中国よりコスト優位 海外から投資加速

(3402)東レ(845円)創薬支援事業に参入「DNAチップ」研究機関や製薬会社向けに月内販売

米ニューズと(9984)ソフトバンク(2440円)提携正式発表 世界最大SNS 日本上陸 音楽・動画など豊富

(6758)ソニー(4770円)非接触IC「フェリカ」強化 メモリー2倍 端末用部品 電子マネー32種対応

(8802)三菱地所(2805円)(8834)藤和不動産(684円)共同開発が始動 マンションまず4物件

(4757)インテリジェンス(26万円)転職事業てこ入れ「デューダ」にブランド統一 知名度生かす

(4813)ACCESS(758千円)携帯電話とデジタル家電と連動させるソフト進出(6703)沖電気(276円)との設立会社が開発

(3727)アプリックス(77万円)(6701)NEC(607円)とパナソニックモバイル2社とソフト調達契約 (日本経済新聞)

(9020)JR東日本(816千円)信号制御にIP技術を使ったシステム導入 世界初 管理コスト削減   (産経新聞)

自民税調 与謝野氏辞任 軽減税率継続に逆風? 証券業界「逆転打」難しく

米モルガンスタンレー証券 ヘッジファンド事業拡大 出資・買収相次ぐ

休みしらずの高配当株 投信資金流入、相場下支え 電力・海運・石油株                (日経金融新聞)

(7201)日産(1447円)環境戦略で巻き返し バイオエタノール車・CVT搭載加速 2010年、複数の対応車

(7717)ブイ・テクノ(514千円)液晶カラーフィルターなどの表面形状をレーザー式で高速測定 3次元測定機開発

(6758)ソニー(4770円)生分解性プラスチックの成形時間30秒の技術開発              (日刊工業新聞)

(3971)東セロ(1477円)給食向け生分解性樹脂フィルム供給 食べ残しは堆肥に

ウェブ2.0の起爆剤に(9984)ソフトバンク(2440円)米ニューズとSNS提携 先行(2121)ミクシィ(220万円)追撃へ

インターネット接続事業者大手ニフティ 12月7日東京証券取引所上場へ「老舗」変革の転機に「接続」から「サービス」へ

(9882)イエローハット(1211円)車輌販売、新収益源に 店頭でローンやリース           (日経産業新聞)

bws at 08:20|PermalinkComments(0) 本日の株式関連ニュース 

2006年09月21日

寄り付き前の外資系証券注文動向

売り4780万株

買い3870万株

差し引き910万株の売り越し。(4日連続の売り越し)



bws at 08:24|PermalinkComments(0) 外資系証券注文動向 

2006年09月19日

行事予定

9月18日(月)
祝日
------------------------------------------------------------------------------------------

9月19日(火)
05:00 基準地価(国土交通省)
閣議、閣議後会見
10:30 流動性供給(第6回)入札の発行予定額等について
13:00─17:15 金融高度化セミナー「金融機関における業務継続体制の高
度化に向けて」・経団連ホール(日銀)
14:00 今週の指標(内閣府)
14:30 8月全国百貨店売上(日本百貨店協会)
15:00 全銀協会長会見
------------------------------------------------------------------------------------------

9月20日(水)
自民党総裁選挙・投開票
10:20 政府短期証券(第410回)の発行予定額等について
10:20 政府短期証券の入札発行について
12:40 政府短期証券の入札結果について
16:00 8月コンビニエンスストア売上(日本フランチャイズチェーン協会)

財務相会見
------------------------------------------------------------------------------------------

9月21日(木)
08:50 8月貿易統計(財務省)
10:30 20年利付国債の入札発行について
10:30 2年利付国債(10月債)の発行予定額等について
13:00 20年利付国債の入札結果について
14:00 経済産業次官会見
14:00 実質輸出入8月速報(日銀)
15:30 20年利付国債の第2非価格競争入札結果について
15:30 整理回収機構社長会見
15:30 全国証券大会、福井日銀総裁・与謝野担当相らがあいさつ予定
17:00 財務次官会見
------------------------------------------------------------------------------------------

9月22日(金)
閣議、閣議後会見
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況・週次:指定報告機関ベース(財務
省)
08:50 7―9月期法人企業景気予測調査(財務省・内閣府)
08:50 7月全産業活動指数(経済産業省)
14:00 世界銀行セミナー「本年の世銀・IMF合同開発委員会の概要と成果」

14:00 8月スーパー売上(日本チェーンストア協会)
-----------------------------------------------------------------------------------------





bws at 14:14|PermalinkComments(0) 兜町NEWS 

2006年09月07日

7日の外資系証券注文動向

売り3510万株

買い3500万株

差し引き10万株の売り越し。


bws at 08:26|PermalinkComments(0) 外資系証券注文動向 

6日の後場概況

6日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落した。終値は前日比101円87銭(0.62%)安の1万6284円9銭だった。朝方から利益確定売りや戻り待ちの売りが先行した。短期的な過熱感や高値警戒感を意識して利益確定売りなどが出やすく、後場寄り付き直後や大引け間際には株価指数先物に大口の売りが出た場面では現物株への売りも誘い、下げ幅が広がった。東証株価指数(TOPIX)も反落した。

 一方、下値では押し目買いも目立った。上場企業の好業績を背景とした先高期待は根強く、前場中ごろには日経平均が上げに転じる場面もあった。後場の先物主導で下げ幅が拡大する場面でも、主力株への押し目買いが相場を下支えした。

 東証1部の売買代金は概算で2兆2586億円で8月31日以来、売買高は同19億845万株で8月17日以来の高水準になった。東証1部の値下がり銘柄数は1062、値上がりは516、変わらずは119だった。

 業種別TOPIX(全33業種)は、ゴム製品、パルプ・紙、鉱業の値下がり率が2%超と目立った。半面、値上がりは建設業、その他金融業、食料品など5業種だった。

 個別銘柄では、外国証券が弱気の投資判断を示したソフトバンクとヤフーの下げが目立った。三井住友FG、みずほFGも売られたほか、新日鉄、住金、JFEなど大手鉄鋼株も安い。日東電、キヤノンも下落。半面、住友チタ、コマツ、菱地所が上昇。日産自、ホンダ、NECが高い。ケネディクス、アイフル、帝人も買われた。熊谷組は大幅高。

 東証2部株価指数は5営業日ぶりに反落。アライドHD、フリージア、ソディックが下落した。半面、日精機が大幅高。スルガコーポ、アーレスティが上昇した。〔

bws at 07:32|PermalinkComments(0) 後場概況 

6日の米国株式市場概況

 6日の米株式相場は三営業日ぶりに反落。ダウ工業株30種平均は前日比63ドル8セント安の1万1406ドル20セント、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は同37.86ポイント安の2167.84と、いずれもこの日の安値圏で終えた。賃金上昇圧力を示す指標を受けて米利上げ再開観測がやや強まり、景気敏感株に売りが出た。主な株価指数が3―4カ月ぶりの高値圏に上昇していたため利益確定売りも出た。

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引(速報)で約14億3000万株、ナスダック市場(同)は約18億5000万株。

 米労働省が朝方発表した4―6月期の非農業部門の単位労働コスト(改定値)が前期比年率で4.9%上昇。速報値から上方修正されたほか、市場予想(4.1%上昇)も上回った。1―3月期分も大幅に上方修正された。賃金上昇はインフレ圧力につながり米連邦準備理事会(FRB)の利上げを促しかねない上、企業収益の圧迫要因になる。半導体株や小売株に売りが先行したほか、長短金利上昇を受けて住宅株も下げた。

 午前中ごろにサプライマネジメント協会(ISM)が発表した8月の非製造業景気指数は市場予想以上に上昇したが、株価への直接の影響は限られた。ただ債券市場で金利上昇に歯止めがかかったため、株価は昼過ぎに下げ渋る場面もあった。

 午後中ごろからは再び下げ幅を拡大。原油安を受けて石油株が売られたことが響いた。FRBが午後発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)は全米12地区のうち五地区で景気が減速したなどと指摘したが、市場では新味に乏しい内容と受け止められた。

 ナスダック指数の下げ幅は7月20日以来の大きさ。人員削減規模が市場の期待に届かなかったインテルが3%超下げ、ハイテク株全般がつれ安した。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は3%超下落した。

 インテルと競合するアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)が6%安。過去の機密情報漏出に絡んで一部取締役を再任しないと発表したヒューレット・パッカードも安い。収益に慎重な見方を示したホーム・デポ、欧州でのゲーム機発売を延期すると伝わったソニーの米預託証券が下げた。

 半面、自動車株が買われ、相場を下支えした。最高経営責任者の交代を発表したフォード・モーター、新車の品質保証期間を延長したゼネラル・モーターズ(GM)がともに2%前後上昇した。



bws at 07:29|PermalinkComments(0) 海外市場概況 
「モブログ」は提供を終了しました。
決算発表スケジュール
取引所
◆東京証券取引所
TEL:03-3666-0141
◆ジャスダック
TEL:03-5641-1818
◆ヘラクレス
TEL:03-3665-4151
TEL:06-4706-0800

最新コメント