2007年09月23日

イギリス組曲第2番/J.S.バッハ

気分は上々なので、明るい曲でも聴こう…と思ったのに、聴き入っているのはこちら。

バッハ:イタリア協奏曲


タイトルになっているイタリア協奏曲は明るい曲なんだけど、聴き入ってしまったのは30曲目のイギリス組曲第2番。バッハのクラヴィーア曲の中では一番好きな曲。機嫌が悪くなったときに、大音量で聴くとなんだかすっきりする、精神安定剤のような存在。今は機嫌はいいんだけど。
演奏は、これまた大好きなグレン・グールド。バッハの演奏はグールドじゃないと満足できなくなってしまった。鼻歌が録音に入っていようが、型破りであろうが構わない。ある意味中毒かも。

bwv1008 at 15:26│Comments(0)TrackBack(0)clip!音楽鑑賞 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔