2008年08月07日

北海道の旅 2008

いよいよ今日、北海道へ出発するのだが
まだ、荷物が整っておらず悪戦苦闘している。

かなり余裕がない中、今はブレイクタイム。

もうひとがんばり。

しかし、そろそろ寝ないと明日に響くので
支度を急ごう。

初日は陸路を使い(陸路は鉄道です。青春18切符を使用して)
関東圏から仙台に向かい仙台からフェリーに乗船。


とい予定ですがうまくいくかどうか
少々心配です。

とにかく今日は朝7時起きなので
早く寝なきゃ!!

[PR]
RD遊 北海道レジャーマップ (RD遊)
JAFマップ北海道―〓北海道全域 (〔2008〕) (JAFマップシリーズ)
北海道の四季絶景撮影ガイド―憧れの北の大地を撮る 238景 (Motor Magazine Mook カメラマンシリーズ)


bxi10075 at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)北海道旅行 

2008年07月12日

北海道の映像

今回のタイトルは「北海道の映像」ということですが
マッチするタイトルが見つからないので
これでいきましょう!!

えーさて、オススメの映像HPということですが
今回のHPは一味も二味も違います(多分)
それは・・・、

「ツーリング旅行記・旅の動画Gone's Factory」

下記はツーリング旅行記・旅の動画Gone's Factoryからの抜粋

バイク・車・自転車・電車・徒歩と、交通手段は何でもありで、
興味のおもむくまま撮って編集した動画を公開しています。
この動画を見て、現地に行きたくなった!というか行ってみて
いただけたらうれしいです。

ということです。

本当にその場所に行ってみたくなります。
というよりも自分でも撮影してみたくなりました。

その作品の一部で北海道編(北海道好きの私にはヨダレ物)

「北海道キャンプツーリング【全六話】」

これがしびれる。

臨場感あふれ、まるで自分がその場に
いるような錯覚を覚えます。

とても個人の方が撮影したようには
思えない完成度の高い動画になっております。

私個人的には構成も大変に入ってます。
観ていて疲れない。

ご本人の談(北海道キャンプツーリングから抜粋)

もう北海道を知っている人も、北海道に興味がある人も、はたまた
北海道に棲んでいる人も、楽しんでもらえるんじゃないかなーと
思います。ではでは、全六回、お楽しみ下さいっ(^-^

撮影は動画はほぼ全て、ヘルメットにつけたSDカメラ"Xacti"。
それにワイドコンバージョンレンズをつけて、実際の視線や視界と
かなり近づけました。


HP内横のメニューには撮影、編集方法、使用された
機材等の紹介もあり非常に親切な作りになっております。

これも作者の人柄の表れでしょうか。

北海道以外の作品も多数あり、一見の価値ありです。

それでは失礼致します。

[PR]
北海道 2008 (2008) (ツーリングマップルR)
日本の名湯を旅する 北海道編 (JAF出版社温泉ガイド)
日本鉄道旅行地図帳 1号―全線・全駅・全廃線 (1) (新潮「旅」ムック)


bxi10075 at 02:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)おすすめホームページ 

2008年07月10日

北海道の静寂?

洞爺湖サミットも無事?終わり静寂を
取り戻したかに見えましたが
諸問題を前にこれからが始まりなのでしょう・・・。

などと考えつつ久しぶりの書き込みになります。

2007年09月19日を最後に体調を崩しており
少しでも書き込みをすればよかったのですが
体調が良い日は会社をクビにならないように
出社しておりました。会社への出勤で体力の大半を
費やしておりましたのでその他の事には
余裕がありませんでした。

やはり一度でも
大きな病気をするとなかなか調子を取り戻すのは
大変なことだと感じました。

皆さんも健康には気をつけてください。

さて、前回、途中になっておりました
北海道旅行記 2007年夏は 私の記憶も
曖昧になってきておりますので
思い出したときに書き込みをするということで
ひとまず一件落着・・・、

え、一件落着どころか、誰も見てないよ!!

そ、そんな・・・。

まっ、立ち直りだけは早い私なので気を取り直して
今年の渡道予定を発表します。

まっ、誰も見ていないと思うけど・・・。

8月♪日 電車で仙台、そこからフェリーで苫小牧
8月△日 苫小牧から洞爺湖
8月○日 洞爺湖から札幌(CUE DREAM JAM-BOREE 2008)
8月☆日 札幌から未定
8月□日 未定 帰宅

とまぁこんな感じです。

今回は体調のこともあるのでレンタカー等の使用を避け
他の交通機関を利用することにしました。

それでもフェリーや鉄道を使用することに加え
CUE DREAM JAM-BOREE 2008 を観にいける
嬉しさで毎日はしゃいでいます。

今年こそは北海道旅行記を完全な形でUPします。
(多分)

本日はこの辺で失礼致します。

[PR]
北海道 2008 (2008) (ツーリングマップルR)
JAFマップ北海道―〓北海道全域 (〔2008〕) (JAFマップシリーズ)
日本鉄道旅行地図帳 1号―全線・全駅・全廃線 (1) (新潮「旅」ムック)


bxi10075 at 02:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月19日

北海道の旭川

7月10日の続きの続き?

旭山動物園を後にした私たちは
早朝、羽田空港で麺類をすすった
だけでしたので、遅い昼食を
とることにしました。

よさそうなカレーのお店をみつけ
鬼の様に食べ物に喰らいつき
お店を出ました。

えっ、それだけ?

と思われたかもしれませんが
そのお店の名誉の為に
詳しい説明はなしとさせていただきます。
ローファットなカレーを売りにしている
ようですが・・・。

気を取り直し本日のお宿に向かいました。

フィットネスホテル330旭川
一泊二食付大人一人2,500円

宿泊費が格安でした。

信じられない値段ですよね。

実は勤務先の福利厚生を利用して
宿泊先の予約をしました。

いままで気づかずに過ごしていましたが
今年はじめに体調を悪くして自宅に
いることが多かった私は、以前勤務先から
もらった福利厚生関係書類に目を通して
いたところ格安の宿を発見してしまい
ました。

皆さんも、もう一度確認
してみてはいかがでしょうか。

あっと驚くお得があるかもしれません。

今回の旅行に使用しているレンタカーも
福利厚生の制度を利用させていただき
4日間保険代込みで20,500円です。
安いでしょ?

次回は7月12日分からのご報告です。
本日はここまで・・・。

失礼します。

洞爺湖

平成18年8月25日 洞爺湖






[PR]
北海道 ひとり5000円以下で泊まれる格安!ファミリーの宿
ツーリング宿泊北海道
得宿北海道―安い宿、泊まって得した気分になれる北海道の宿、約430軒!


bxi10075 at 15:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)北海道旅行 

2007年08月21日

北海道の動物園

7月10日の続き

無事にレンタカーもGETして
向かう先は・・・、

「旭山動物園」

私、個人としては行かなくても良かったのですが
家族の意見に押されてしまいました。

実は昨年の夏も旭山動物園行きをせがまれていたのですが
誤魔化しつつ旅行を終了させたのです。

今年は強く釘を刺されてしまい、私が折れる形に
なりました。

まっ、そんな話はさておき

千歳空港を10時頃に出発、正午には動物園の
駐車場に到着しました。

途中、高速道路を使用したのですが

びっくり!!

サービスエリア内に セイコーマート が
オープンしていたのです。
早速、興味本位で立ち寄り ガムとアイスを
セイコーマートクラブカードを使用して購入。

あっ、話が脱線しておりました。

話を戻して、さて
動物園の駐車場に到着した私は
暫し空を眺め一人感傷に浸っていました。

あぁーほっかいどうだぁーーーー。
ホッとしたひと時でした。

旭山P
旭山P2








そんなひと時の思いを胸に動物園の入り口に立つ!!
その後、園内に入ってまでは良かった。

旭山動物園入口
動物園園内












しかーし、

先程までのすがすがしい気持ちは、どこえやら・・、
もう戦争のようでした。

各ブース?動物たちを見る為に行ってみると
たくさんの人、人、人・・・。

全然見れましぇーん!助けてーと悲鳴を出したくなる
状況でした。

何とか、あざらし館での撮影に成功したので
のっけておきます。


あざらし




かわいいでしょ!

しばらくしてヘロヘロになりつつ
少し離れた木陰の芝生に腰を下ろす。

そんな時でした、私の横を
清々しい風が通り抜けました。

本州と違い日陰にいると風が
とても気持ちよく疲れを癒してくれます。

生きてて良かったーーー。
って、実感した瞬間でした。

えっ、大袈裟?
普通に健康な生活をしている方には
そうかもしれませんね。

今回、私も病気をしなければ
こんな感情は持たなかったかもしれません。

幸せを深く噛み締めた瞬間でした。
家族がいて、健康でしかも旅行もできる
自分に・・・。

やっぱりくさいな・・・。


まっ、そんなこんなで動物園を
後にする訳ですが、薬が効いてきて
眠くなりましたので、本日はここまで
続きは後ほど・・。失礼いたします。

[PR]
0円マップ北海道 ’07-’08
北海道「道の駅」オールガイド
北海道鉄道撮影地ガイドBEST60+2―地元鉄道ファンがオススメ撮影ポイントをナビゲート (MG BOOKS)


bxi10075 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)北海道旅行 

2007年08月08日

しあわせのひとときin北海道

自分が今、生きていることに感謝しつつも
病気も治りかけ健康な毎日に慣れてくると
人間つい欲が出てくる。

そう、北海道に行きたいという気持ちが
私のなかで大きく膨れ上がってくるのでした。

早速、お医者様の許可をいただき4日間の
北海道旅行に行くことになりました。

7月10日
 朝5時に起床
 7:40 羽田空港発の飛行機にて北海道を目指す。

 今回は初めて航空会社にスカイマークを使用してみました。
 乗り心地も問題なく快適な飛行でした。

離陸







上の写真は離陸前の様子です。(無理に縮小かけたので画質が荒いです。)
梅雨真っ盛り?ですので曇って小粒の雨もぱらぱら。
暗い気分を引きずりつつ北海道を目指しました。

離陸後しばらくすると下の写真のような青空に。
しかし、眼下にはびっしり雲が敷き詰め
られていました。
こりゃ、雨が降ったり、ぐずぐずした天気が
続く訳だなぁ、と妙に感心しました。


飛行中4飛行中2







朝が早い分、飛行中機内ではぐっすり。
機内のアナウンスで目を覚ますともう北海道上空。

下の写真よく見ると北海道の陸地が見え隠れ
雲間からチラッと顔をのぞかせていました。

飛行中3







天気が良いと気分がいいですね。
ルンルン気分で(死語?)空港に降り立つ。

北海道での足を確保すべく
予約していたレンタカーの受付を
済ませいざ乗車の段階で

サプライズ

予約をした車は予算の関係から
格安のマーチクラスのはずでしたが
目の前にあるのは

マツダ アクセラスポーツ
3ナンバー

私は間違いを指摘しましたが
レンタカー屋さんの話によると予約を受けた
車種がたまたま用意ができなかったので
代車を用意させていただきましたとのことでした。

ちょっと気分が良くなりつつ乗車するも
ひとつの事が頭をよぎりました。

排気量が上がれば燃費が悪くなるのではないか?

しかし、後でわかりましたがそれほど心配することでも
なかった事をお伝えしておきます。

それよりも、普段から良い車に乗っていない私は
乗り心地、走行中の操作性の良さ、一番身をもって
感じたのが疲れにくいということでした。

良い車に乗るとそれなりの良さというものが
あることにはじめて気が付きました。

さあ、これから4日間北海道を満喫?
するわけですが本日はここまで・・。

理由は夕食ができたそうなので
家族で食事をしますので
あしからず・・・。

[PR]
エア・ドゥ夢はなぜ破れたか―ドキュメント
北海道の大地をゆく―廃線の旅
写真で見る北海道の鉄道〈下〉 SL・青函連絡船他


bxi10075 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)北海道旅行 

2007年07月20日

そして入院へ 想いは北海道

前章からの続きです。

新年四日目 会社への初出社の日に
なっても頭痛が治まらず病院に行くことに
しました。

救急を電話しても新年でどこもいっぱい
余裕が無い等の返答しかかえってこなく
非常に切ない思いをしました。

仕方なく家族のものが病院一軒一軒に
電話して、見つけてくれた病院にアポを
取り付け伺うことになりましたが
ここでも救急車が出せないとのことで
タクシーで病院に向かいました。

早速、CT、MRI等々撮り結果を見ましたが
特に問題はないとのことでした。

そんなはずはないと食い下がり
首筋から頭の中に入っていく途中が特に痛みを
感じるのでよく見てほしいと伝えました。

それではということでエコー検査を行ったところ、

ありました・・、異常が見つかったのです。
直ぐさま、前回とは違うMRIを取り結果を
見たところ正体がわかりました。

脳動脈乖離(のうどうみゃくかいり)

簡単に言うと血管内部で血管壁が裂ける
病気?といわれました。

何のことかよくわかりませんでしたが
脳内部の映像を見ると血管が極端に
細いところが二本ありました。

その二本どちらも脳動脈ということで、
全部で4本太い動脈血管があり、とても大切な
血管という説明を受けました。

そのうちの2本に異常があります、といわれ
最初はピンときませんでしたが説明を聞いていくうちに
とんでもないということがわかってきました。

即刻入院でした。

検査の結果、外科手術は行わずカテーテルを
使用しどうにかするといっていましたが
私としてはどうでもよかった。

大好きな北海道に行けるように直してくれるなら
なんでもいい・・・・と。

カテーテルというものは細い管のようなもので
私もよくわからいのですが足の付け根の太い血管から
挿入して脳まで送るということです。

手術の当日、極度の不安と恐怖が私を襲いました。
が手術中にも極度の不安と恐怖が私を襲いました。
というより襲っていました。

理由は麻酔にありました。
麻酔は局部麻酔で足の付け根部分にのみ行っている為
意識はハッキリ!作業の一部始終が見えるなり、
聞こえるなりで、正直怖かった・・。

意識があるのに自分の頭の中いじられるのですよ。
想像してください。

約2時間後終了しました。

それから数日して自宅療養に切り替え
リハビリというまでのものではないのですが
体調を整え2月からは出社していました。

状況としましては週の半分は休みを取ったり、
出社しても早退したりで会社には迷惑かけていました。

が、しかし悪いことばかりではなかった
のです。

それは上司が優しくなったことでした。
今まで無理な残業、出張が原因で
私が今回のようなことになったと
思っているらしく無理を言わなくなりました。

本当はどうして今回のような病気になったのか
原因が不明なのです。
ただ、過度のストレスはよくないとのお医者様からの
お言葉もありましたので丁度よかったと思います。

一ヶ月おきに検査をして現在7月、順調に回復の方向へ
向かっているようです。

そんな中、お医者さんの許しを得て北海道旅行に
行ってきました。

そのお話は次回でさせていただきます。

でも、健康が一番ですね。

それでは失礼いたします。

[PR]
北海道生活 2007年 08月号 [雑誌]
僕たちの移住
ギョウジャニンニクと北の健康野草―驚異の薬効とその秘密


bxi10075 at 17:28|PermalinkComments(3)TrackBack(0)私の日常 

北海道への想い

突然でした・・。

昨年年末、突然の頭痛が私を襲いました。

年末28日、旅行に行く前日から軽い頭痛がしていました。
特に気にすることもなく旅行初日を迎えルンルン気分
でいました。北海道への想いでいっぱいでした。

ただ、頭痛の感覚が今までとは違う事は
多少気になっていましたが・・。
去年の夏から度々ありました。

旅行当日、北海道へ向かう電車の中で頭痛が時間とともに
ひどくなっていきました。

普段から肩こり頭痛の多い私はいつもより少し強めの
頭痛にしか思っておらず何ら対策もとりませんでした。

青函トンネルを抜け北海道上陸を果たし
函館に到着をする頃には頭痛もピークでした。

普段は頭痛薬を使用しない私もこのときは
服用しました。

いったん治まりましたが、旅行2日目。
朝から頭痛に悩まされました。

というよりも頭痛により一晩中、ほとんど
睡眠をとることができませんでした。

痛みを我慢しつつ札幌へ向けて出発。

札幌に着くと直ぐ宿泊先にCHECK−IN
夜まで寝ていました。

夜には頭痛は和らぎ夕食をおいしくいただきました。
夕食は「だるま」(本店)でジンギスカンです。

ところが夜中を過ぎるとまたしても極度の
頭痛が私を襲いました・・。

朝方、ふっと、頭痛も治まり午前中から札幌の街を楽しみました。
もちろん北海道の聖地(勝手に決めている)
HTB放送局の裏手 平岸高台公園
も訪れました。
 
下記写真参照

seiti













ところが、夕方から頭痛がひどくなり
帰りの飛行機に乗るときには薬を飲まずには
いられませんでした。

それから帰宅後、頭痛の為に年越しも含めお正月三日間
寝たきりになりました。

続きは次回、病院編でお話しします。

とにもかくにも夏からの調子が悪い
理由も次回、明らかになる予定です。
まさか!自分が! ・・そんな感じです。

[PR]
北海道のんびり鉄道旅
サーベイ北海道
霧多布人になった医者―津波の村で命守って


bxi10075 at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)私の日常