白蓮のつぶやき…仏様はいつも一緒

お経との出会いと仏様の教えを語り合う時間をいただき心の支えになっています。そんな日々を感謝しつつ、お釈迦様、観音様…まだまだ学びの途中ではありますが日々の暮らしと織り交ぜながら綴っていきます。

はじめに…
この世に生まれてきて沢山の出会いがありました。実家がお寺で一生懸命信心していた祖母のおかげで、小さい時から手を合わせることを教わりました。今はお経との出会いと仏様の教えを語り合う時間をいただき心の支えになっています。そんな日々を感謝しつつ、お釈迦様、観音様…まだまだ学びの途中ではありますが日々の暮らしと織り交ぜながら綴っていきます、よろしくお願いいたします。


2019 9 3 1

釈尊は人の能力や性格、状況にあわせて、その人に適した話法で教化をしました。これを対機説法(たいきせっぽう)といいます。

あるところにキサー・ゴータミーという女性がいました。彼女は商人と結婚し子どもにも恵まれましたが、その子は一歳の頃、病気になり亡くなってしまいます。我が子に先立たれた親の悲しみは計り知れなく大きいものです。
彼女の幸せは一転して不幸のどん底に落ちてしまいます。

ゴータミーは、何とかしてこの子を生き返らせたいと思い、魔法の薬を求めて呪術師や聖者たちを訪ねて救いを求めます。しかし死者を生き返らせるような薬があるはずがございません。彼女は我が子の死という現実を受け入れられないのです。

そんな時、釈尊の噂を聞いたゴータミーは、藁をもすがる思いで釈尊のもとへやってきました。

「どうかこの子の命を蘇らせてください。でないと私も生きていく自信がありません」

必死に訴えるゴータミーに、釈尊は静かに答えます。

「では、芥子(けし)の実を一粒、私のところへ持ってきなさい。ただしその実は、これまで一度も死人を出したことのない家から貰ったものでなければならない」

芥子の実は、インドの家庭では一般的なもので、食用油などを作る材料でした。

果たして釈尊は、この芥子の実を使って死者を蘇らすことができるのでしょうか。

ゴータミーは、早速芥子の実を貰いに家という家を訪ねていきます。ところが芥子の実は手に入れることはできても、死者を出したことのない家はなく、結局彼女は手ぶらのまま釈尊のところへ帰るしかありませんでした。

「芥子の実は持ってきましたか?」

「いいえ、芥子の実はどこからも貰うことはできませんでした。よく考えてみましたら、私は悲しみのあまり、子どもを亡くし不幸な思いをしているのは自分だけだと思い込んでいました。しかし誰もが、誰かと死に別れてゆく悲しみをもっていました」

「世は無常である。これは神々でさえ何ともしようのない法則である。命あるものは遅かれ早かれ、必ず死んでゆくもので、その命を蘇らすことはできないのだよ。そのことを心において生きなさい」

このように釈尊は、ゴータミーを真実に気づかせ、導いたのでした。

死は避けては通れないものだということを、芥子の実を探し回ることで気づかせていただいたのですね。

そして、それに気づくことで乗り越えて行っているのだと感じました。




よろしければ、こちらも見てください

クリック宜しくお願い致します。
↓↓ ↓↓





2019 9 3

通販サイトを見ていたら、可愛らしいブラウスが出ていました。

通販サイトは買う買わないは別として、見ていて楽しい😊ですね。

 通販で参考になるのが、先に購入された方のレビューですよね!

 着てみた時の感じとか扱いのしやすさなど、画面だけでは伝わってこない情報がわかります。

 「前ボタンがあと3センチ下まで開くといいな」

「縫製がもう少し…」

「お値段が」

 「ゆったりしていて着やすかった」

「刺繍が可愛く気に入った」

それから、それから…

 「このブラウスを着ている私を主人がかわいい💕って言った」

 商品の出来や使い勝手とは関係ない…と思いますが、このレビューを書いた人の嬉しさが伝わってきてほっこり💕😊

 なんだか微笑ましいでした。

 


よろしければ、こちらも見てください

クリック宜しくお願い致します。
↓↓ ↓↓






2019  7 11 1


斎藤一人のお母さんのお話です。


今では立派な実業家ですが、一人さんは子供の頃学校や勉強が苦手なお子さんだったようです。

遅刻や早退もしょっちゅうだったそうです。

そんな一人さんに

「ボクちゃん(一人さん)ほど、学校向きでない子はいないよね。でも、、学校向きでないから、社会向きなんだよ。世の中にはどれにも向いていない人はいないんだから、お母さんは社会向きだと思っているよ。だから、どんな大人になるかとても楽しみだわ。」

そのようなことをおっしゃていたようです。

…苦手なことは、苦手と受け止めたうえで、得意なこと、好きなことは伸ばしていく…

できないことや苦手なことを、無理するよりも、得意なことや好きなことを伸ばしていくことが生きやすいと思います。

長所を応援してあげて、伸ばしてあげる…

大切なことだと思います。


よろしければ、こちらも見てください

クリック宜しくお願い致します。
↓↓ ↓↓




このページのトップヘ