梅造イズム(東京ヤクルトスワローズブログ)

東京ヤクルトスワローズ一筋350年、真のファンか疑問視されているヒネクレ者のブログ。9360/15.10.04

山中3

19402204_1520956987968156_1124638407707171295_o

オールスターゲームのファン投票が締め切られ、
セパ両リーグの得票数と順位が発表された。
もうこれを読んでいる人はほとんどが知っている通り、
ヤクルトからファン投票では誰一人選ばれることはなかった。
ファン投票ゆえに下手田だけは選ばれると思ったが
下手田でさえも選出されないという
ヤクルトにとっては交流戦最下位、
現在セリーグも最下位になっての泣き面に蜂状態。
監督選出ではバレンティンが当落ギリギリライン、
投手ではタヒチもギリギリライン、
近藤は復活したことで選ばれるかもだ。

しかしいつものオールスターのファン投票なら、
最後の最後にヤクルトレディのかなりの組織票で
下位に甘んじていたヤクルトの選手がどっと首位もしくは上位に登場するのだが
今回その投票で選ばれた選手は皆無、
あまりにもそれまでのヤクルトの選手への投票が少なすぎたように思える。
残念と言いたいところだが
これがカスルトの選手へのファンの気持ちだ、
謹んで受けて反省し、今後に繋げてほしい。
特に下手田はザマアミロだ、
彼は多分、今年は選出されても、されなくてもどうでも良いと思ってたろうが、
いざこのような結果になるとかなり落胆していると思われる。
ファンは今年の下手田を見限って愛情も冷めたのだろう。。
結果が出てない選手なのに
今シーズンは途中からのスタメンなのに
ちゃんと選ばれた選手もいるので
下手田の人気自体がかなり急降下したと思われるな。
事実柳田や中田はトップ当選だ。
身から出た錆とは言えども
この信頼を取り戻すとなるとかなり無理がある。
のたうち回って苦しんで苦しみまくってほしいと思うのだが実感である。

今年の下手田の成績から見ても彼の出場はかなり微妙、
救いはファン投票でヤクルトの選手が皆無だったことと、
一応は2年連続トリプルスリーだったことで、お涙で選出されるかもしれないが。
でもそんなことをしてもらいたくはない、
ヤクルトの選手のようなプロ野球界の恥どもは
他球団ファンには特に見せたくない、恥ずかしいだけだ。
またいつものように草野球のようにヘラヘラ試合で、
シーズンでも交流戦でも打てない馬鹿どもが
またオールスターで恥をさらすなんてファンとしては許せない。
今年に限っては誰も出ない方が良いと思われる。
なので監督推薦もなくて良い、
選手もヤクルトの選手は推薦しないでほしい。
それが一番良い方法、他球団の選手たちで楽しむんだな。



rZQ2ZrH5rBEI8nv1447932147_1447932155上位に上げるためにも
クリックをよろしく。


tWtcdnr18bJkVQ41447932094_1447932104
読み終わった後は
ここを必ずクリック!


twitter2.png梅造Twitter

Facebook.png梅造イズムFacebook

村中
山中3

18815321_1498559456874576_1450561641293180274_o


2軍で実戦復帰の燕・山中、4回0封「先発としていい仕事ができた」

下半身の張りで2軍調整中のヤクルト・山中が25日、
イースタン・リーグ、日本ハム戦に先発し、
5月10日の広島戦(神宮)以来となる実戦登板を果たした。
4回で61球を投げて3安打3四死球も、緩急を駆使した粘りの投球で無失点。
「0点に抑えて、先発としていい仕事ができた。精度を上げていければいい」。
次も2軍戦に登板し、7月4日からの9連戦での1軍復帰を目指す。

( サンケイスポーツ 2017.06.26 05:00 )
http://www.sanspo.com/baseball/news/20170626/swa17062605000001-n1.html



ヤクルト・バレンティンが実戦で回復アピール 「(打撃は)問題ない」

2軍で調整しているヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(32)が25日、
イースタン・リーグ、日本ハム戦(鎌ケ谷)に「4番・左翼」で先発出場。
3打数1安打1打点で、5-0の勝利に貢献した。
1回1死1、2塁の第1打席は3ゴロ敵失で出塁。
3回の第2打席は中前打を放った。
五回1死1塁からは遊ゴロ併殺打に倒れたものの、
7回1死2、3塁の第4打席で中犠飛で駄目を押した。
「(打撃は)問題ない。(守備、走塁も)1日ずつよくなっている」
と調子の良さをアピール。
半面、「1軍に上がるというより、まだ2軍で出ている選手なので、
100%できるような状態になるだけ」と口にした。

( サンケイスポーツ 2017.06.25 18:43 )
http://www.sanspo.com/baseball/news/20170625/swa17062518430008-n1.html



ヤクルト・小川が実戦復帰 1回を無安打無失点

左内腹斜筋の肉離れで2軍調整中のヤクルト・小川泰弘投手(27)が
イースタン・リーグ、日本ハム戦(鎌ケ谷)で実戦復帰した。
8回から登板し、1回を無安打無失点。
先頭打者の飯山を遊失で出塁させたが、森山を二ゴロ併殺打。
大嶋は空振り三振に仕留めた。
5月27日の中日戦以来、約1カ月ぶりの実戦登板だった。

( サンケイスポーツ 2017.06.24 17:05 )
http://www.sanspo.com/baseball/news/20170624/swa17062417050007-n1.html


ローテの投手2名と主砲がそろそろ復帰しそうである。
まぁこんな1軍のようなカス魂の飽和状態な場所に
こんな優秀な選手達が、よくぞ戻ってきてくれると思うと感謝に絶えない。
開幕絶好調だったタヒチも長続きはせずに
結局は髭を生やして誤魔化そうとしているものの、
髭を生やしたくらいで投球が良くなるものなら
誰もが髭を生やして20勝、もしくは40H、40Sなんて当たり前だ。
確か中澤も髭を生やして、
あのクマちゃん♡顔より少しだけ精悍さが出てきたように感じるが投球内容に変化なし。
石川は以前からチョロチョロ伸ばしてはいるが
元々髭が薄いようで顔面自体に何も変化は感じられず。
山中は髭が濃いので似合うのではないかと、
そしてアンダースローからの髭顔面投法で打者を撹乱し萎縮させる……ことはあり得ないか。
小川も濃い顔面具合だけに外人のように逞しくなるのではないかと、
それに彼のライアン投法の迫力が加われば
30勝はいけるんじゃないかと、ぷぷぷぷぷぷぷ。
藤井と井野も髭はイケるんじゃないか?
二人とも元はかなり、いかつい顔面をしているだけに、
二人が打席に立つだけで相手投手陣は怒りを覚え、
制球が定まらないどころかデッドボールの嵐となり、
怪我が絶えなくなるので却下としよう。
やはり選手達がこぞって髭を生やすのは良いが、
最終的にカスルトが現在より強くなることはなさそうだ。

話を元に戻そう。
とにかくこの3人が復帰してくれれば万々歳である。
バレンティンがヤル気さえ出してくれれば多少なりとも勝利数は増える、
小川もなんだかんだ言いながらも現在の4勝から二桁10勝には手が届くだろうし、
山中にしても現在まずまずの投球をしながらも未勝利、
彼もまた最低でも5勝はしてくれるので
戦力として大いに期待できるのだ。
大歓迎だ、最高である。
私は望んではいないがファンのためにも5割目指して
フルスロットルで駆け抜けてくれないか。

ところで今日は朝からちょいと出かけたつもりが予想外の展開、
結局、自宅に戻ってきたのは夕方の5時、
1日を無駄にしてしまったような、できなかったことができたような。



rZQ2ZrH5rBEI8nv1447932147_1447932155上位に上げるためにも
クリックをよろしく。


tWtcdnr18bJkVQ41447932094_1447932104
読み終わった後は
ここを必ずクリック!


twitter2.png梅造Twitter

Facebook.png梅造イズムFacebook

村中
山中3

19417436_1520957031301485_7312249634252468103_o

昨日の試合は後にして今日行われた12回戦を先に実況する。
しかし一昨日の試合は好ゲームで
しかも私が応援している選手が皆、活躍してくれてかなりの満足。
試合内容には目をつぶり、
良いところだけを抜粋してみると
井野、藤井、野犬の三人が必ず絡んでいる。
この三人で共通しているところは一軍半だということ。
ただこの三人は懸命なプレーが見られるし必至である。
横浜の選手の表情を見てみろよ、
桑原、倉本、宮﨑、不都合、戸柱と表情に締まりがあって
打席の彼らを見ていると敵ながらも頼もしさを感じる。
しかしカスルトの選手はどうだ?
面倒臭いことと疲れることは嫌だと言いたげなヴォケ〜っとした表情。
表情だけを見るとカスルトの選手は
これまた12球団では最も締まりのないカス顔面だと言っても華厳の滝ではない。
このようなカスルトの風潮であると、
必死に練習する選手や、
活躍している選手に関しては、
嫌われ者のレッテルを貼られているのではないかと。
「なんだお前、まだ練習してんのかよ! 早く着替えろ、飲みに行くぞ!」
昔で言えばこんなことを言われたのだろう。
ただ最近のプロ野球選手は酒を飲まずに自室でゲームに浸ったりする、
なので現代の言い方ならば、
「新しいゲーム買ったんだけど、まだ練習してんのかよ! 入れてヤンねえからな」
などはまだ聞いてても良い方で、
「アイス買ったけど、まだ練習してんのかよ! 他の人にあげちゃお」
などという子供じみた会話が行われているのではと想像してしまう。
やはりそれは全てカスルトの体質だ、
最近はそれに甘えてろくにプロ根性を持ってないものがほとんどで、
メラメラと燃えるような選手は探さなければ見つからないほど。

今日のスタメンを見て落胆した。
今日はその希望の三人が一人として名前がない。
確かに低脳真中は想像力が非常に乏しく
他球団の良いところを盗んでは借用するというノータリンぶり、
ゆえに保守的で左投手の時は左打者をスタメンに起用しない傾向がある。
昨日はそれでも野犬がスタメン、
藤井が途中からの出場だったが今日はなし。
確かに統計だと左に対して左だと打率は低くなる、
左も右に対しても同じような結果を出せる選手など極稀である。
要するに起用して慣らせるしかない、
ましてや彼らの代わりに出場した打者が活躍するかと言ったらそうではない。
この光を放つ三人の選手をもっと積極起用しろ、
じゃないとこの三人の将来まで潰してしまう。
分かったか? 首脳陣並びに低脳陣の皆さんよ。

横浜たそがれシウマイズ
①中 桑原     .253 05
②右 梶谷     .256 09
③一 ロペス    .322 15
④左 不都合    .276 07
⑤三 宮﨑     .333 06
⑥捕 嶺井     .308 00
⑦二 田中浩    .205 01
⑧投 今永     .059 00
⑨遊 倉本     .232 01


ケチルトペンギンズ
①一 馬鹿木    .250 04
②中 ロッカー   .286 02
③二 下手田    .217 08
④右 短足     .315 02
⑤左 鵜久森    .222 01
⑥遊 ドン引    .236 04
⑦三 谷内     .214 00
⑧捕 西田     .108 00
⑨投 小学五年生  .056 00


中村星来って、
いつもなぜあんなに声が震えているのだろうか?
それに三人の中で最も会話ができない女性としても有名だ。
こんな喋れない女性を抜擢するなよなと。
今日も実況の竹下アナが
「中村さん、なんとか3連戦を1勝1敗できましたから、今日取りたいですね」
そうですね
実況竹下アナはその後も彼女が喋ると思っていたので
黙って待っていたが気付きもしなかったので
沈黙を破って元の空気に戻した。
あの優しい竹下アナの心配りにも全く気付かず馬鹿な女だなと、
こんな女をサポーターなんかに抜擢するなと、
今年は楓くらいじゃないかと、
そう言えば沙耶香先生と夏美の次のサポーターたちは
一人くらいしか覚えてないぞと。

ところで交流戦前までは仲良く最下位グループでジャレていた中日が
生意気にもいつの間にか4位で3位横浜に2差と肉迫中、
それに比べカスルトはだらしないねえ。
野球を知らない連中ばかりなんだよ。

①回表
①桑原 SBFB
詰まった打球が幸いしてセンター前へのポテンヒット、無死1塁。
石川クラスの投手が先頭打者を出塁させるなど言語道断、以ての外である。
②梶谷 BBBSFF
3球目に桑原盗塁、西田のスローイングがやけに遅かったので楽勝セーフかと思いきや、
やはり盗塁を刺すのは共同作業、石川のクイックが良かったようで楽勝アウト。
打ち上げた打球はセカンド後方に落ちるヒット、1死1塁。
梶谷が好調な時は手が付けられないくらいに投げる球がなくなるが
打てなくなったら、どんなボールも打てなくなるので不思議だ。
このポテンヒットで梶谷が目を覚ましませんように。
③ロペス SBSFBF
絶好球を打ち損じてサード正面のゴロ、
谷内からゆる〜い送球で5-6-3のダブルプレー。
昨日のブキャナンの時とグラウンドの雰囲気が全然違う、
のんびりだらりんと感じるのは私だけだろう。
もっと緊張感持ってやれ!

①回裏
①馬鹿木 
初球の、もちろんストレートを打つがセカンドフライ。
②ロッカー BBSFB
インコースを窮屈そうに打ったが平凡なファーストゴロ。
③下手田 SBBS
4球目、5球目を自信満々で見逃して三振。
審判はかなり厳しいのではないかと考える。

②回表
④不都合 
初球を簡単に打ち上げてセンターフライ、石川は完全に舐められているな。
⑤宮﨑 SFBBFBF
4球目のワンバウンドの投球を見事に捕球した西田に拍手。
結局、フォアボールで1死1塁。
石川はこういうところがだらしない!
⑥嶺井 
初球を打ち損じたが飛んだコースが良くレフト前ヒット、1死1-2塁。
また石川劇場の開幕のようだ。
⑦田中浩 
しかし石川に世話になった浩康が気を使ってセンターフライ、2死1-2塁。
優しい浩康、もっと頑張ってくれ。
⑧今永 FB
初球にセイフティバントをしたがファール。
最後はピッチャーゴロ。

②回裏
④短足 SSFB
打席に入ってから誕生日の曲は止めろと言ったはずなのに
理解できていない応援団、集中できないんだよ。
そのためか、あっさり見逃して2ストライク、涙である。
結局、ショートゴロ。
応援団の者共よ短足に謝罪しろ。
⑤鵜久森 SS
チェンジアップを見逃し三振、鵜久森も最早これまでか。
⑥ドン引 
初球を右中間にヒット、2死1塁。
⑦谷内 SB
打ち上げてライトフライ。
守備もイマイチ、バッティングもイマイチ、
こんな選手を一軍に、ましてやスタメンに起用する理由を教えてほしい。

③回表
⑨倉本 SB
ファーストへの打球がイレギュラーし、馬鹿木の頭上を越えてライト前ヒット、無死1塁。
①桑原 
初球を軽く打ってレフトフェンスにワンバウンドで当たる2塁打、無死2-3塁。
しかし鵜久森のレフトの守備は相変わらず見ちゃおれん、のろい!
②梶谷 SBFBB
レフトへの犠牲フライで倉本生還して0-1、1死2塁。
③ロペス BSBBSF
フルカウントからフォアボール、1死1-2塁。
勝負に行ったが外れてしまった。
④不都合 BSFB
アウトローを打ち上げた打球は意外に伸びてレフトフェンス側まで伸びたレフトフライ、2死1-2塁。
⑤宮﨑 SBS
サード正面のゴロ。谷内なあ、楽勝ゴロでも、もっと機敏に処理しろよ。

③回裏
⑧西田 FBBB
四球、無死1塁。
⑨小学五年生 
初球バント成功、1死2塁。
①馬鹿木 SF
高目のストレートに手を出してセカンドフライ、2死2塁。
②ロッカー 
初球を打ったがセカンドゴロ、こりゃ勝てそうにない。

④回表
⑥嶺井 B
レフトスタンドに軽々と運んだソロホームラン、0-2
また石川がポカをやらかした。
⑦田中浩 SS
ライト前ヒット、無死1塁。
⑧今永 B
犠打成功、1死2塁。
⑨倉本 F
セカンドへの進塁打で2死3塁。
①桑原 FBSBB
インコースにズバッと決めて見逃し三振! くぅ〜〜〜っ!

④回裏
③下手田 SBBB
四球、無死1塁。1点をとりあえずよろしくである。
④短足 BSSB
サードゴロ、1死2塁。
⑤鵜久森 BS
ショートゴロ、下手田は3塁に進塁し2死3塁。
⑥ドン引 SBBBS
四球、2死1-3塁。
1点くらい取れよ、努力してみろよ。
しかし次は谷内か、無理だな。ぷはははははははは。
⑦谷内 SBFBF
インハイで空振り三振、格が違いすぎる。

⑤回表
②梶谷 SFBFB
ライトへの大飛球を短足ランニングキャッチ、上手だなと。
③ロペス FFB
アウトローのストレートを見逃し三振。
④不都合 B
サードファールフライ。

⑤回裏
⑧西田 SBSF
フォークに当てるのが精一杯でセンターフライ。
代打三輪、なんで三輪? 負け試合では本気代打はないんですかね?
⑨三輪 SBF
ファーストゴロ、がっかりだよ三輪!
①馬鹿木 BSFFBF
さすがはストレートしか打てない馬鹿木、レフト前ヒット、2死1塁。
②ロッカー BS
セカンドゴロ、またもやがっくし……

⑥回表
髭を生やしたタヒチ登場、似合う?
⑤宮﨑 
初球をいきなりセンター前ヒット、無死1塁。
⑥嶺井 B
ライトフライ、1死2塁。
チャチャッとチェンジにしろよな。
⑦田中浩 SBBSB
浩康よ、タヒチにプロの厳しさを教えてやってくれよ〜、ぷははははははは。
ショートゴロで2塁フォースアウト、2死1塁。
⑧今永 FF
初球をセイフティバント失敗、空振り三振。
ピッチャーのクセにエバってんじゃねえよと、髭を生やして貫禄が出てきたタヒチ。
しかし投球内容はもちろん変化なし、いずれ剃ることになるだろう。
アホめ! ぷぷぷぷぷぷぷぷ。

⑥回裏
③下手田 SSBBB
2ストライクから四球、無死1塁。
今永はケツバットだな、下手田くらい軽く打ち取れよバーカ。
④短足 FSB
軽くインコースで空振り三振、1死1塁。
⑤鵜久森 SBSB
下手田盗塁失敗、鵜久森空振り三振で、
三振ゲットゥ〜〜、アホアホアホアホアホアホアホアホアホ!

⑦回表
⑨倉本 B
レフトフライ、よっしゃ!え〜〜で〜〜〜♪
①桑原 SBBSF
抜けたようなピッチャー返しに近藤タイミング合わずセンター前ヒット、1死1塁。
下手田は捕球できたが用意してなかった、
こんなことをしてるからファンから信頼を失う。
②梶谷 BBBSF
四球、1死1-2塁。
ほれ近藤頑張れよ、慎重になるなよ、思いっきり投げろ。
③ロペス S
見事に3塁線を破るタイムリー2塁打で0-3、1死2-3塁。
近藤! 踏ん張れ、置きに行くな!
不都合は歩かせろ、勝負なんかするんじゃない。
④不都合 BF
不都合の大好きな外寄りの真ん中高目に投球され、
打った打球はバックスクリーンへの3ランホームラン、0-6
これにて実況は終了、むちゃくちゃ悔しい!

結局、ヤクルトは9回をわずかに3安打。
投手も駄目、打撃陣も駄目はやはり相変わらず。
あの交流戦後の真中の言葉である
「後半戦はうちらしさが出た」の言葉はどこに行ったのか?
うちらしさ? 冗談はその子汚い顔面だけにしてくれ。
今日も選手はヤル気なしモードで
横浜を倒す雰囲気などまるで感じられず。
これだけ客が入って必死に応援してくれているのにもかかわらず
アホの選手はお立ち台で
「ファンの皆さん、ご声援をもっとお願いします」だ?
ベンチの中に犬のフンでも大量に放置して
この馬鹿どもにスペシャリティな嫌がらせをやりたいくらいである。
このクソヴォケどもめ!
ああ、アホくさい、寝る準備に入るとするか。

しかし写真の投手は、これ松岡だよな?
なんか気持ち悪い表情で、気味が悪い。
松岡が悪いんじゃない、カメラマンが悪いことにしておこう。



rZQ2ZrH5rBEI8nv1447932147_1447932155上位に上げるためにも
クリックをよろしく。


tWtcdnr18bJkVQ41447932094_1447932104
読み終わった後は
ここを必ずクリック!


twitter2.png梅造Twitter

Facebook.png梅造イズムFacebook

村中
山中3

Carlos Rivero
ヤクルト、“105発大砲”リベロと合意 小川SDが明言

ヤクルト・小川淳司シニアディレクター(SD、59)は24日、
米大リーグ、ダイヤモンドバックス傘下3Aに所属していた
カルロス・リベロ内野手(29)との契約で基本合意に達したことを明らかにした。
リベロはマイナー通算105本塁打を誇る右の強打者で、
昨季は3Aで打率.277、19本塁打、72打点をマーク。
3塁手としてゴールドグラブ賞も受賞した。
小川SDは
「守備力とパワーヒッターであるところ(を評価している)。
(守備は)3塁に限定していない。
ファーストも外野も守れるし、もともとショートを守っていて、
守備に関してはある程度こなせると聞いている」と説明。
来日は7月になる見通し。

( サンケイスポーツ 2017.06.25 05:00 )
http://www.sanspo.com/baseball/news/20170625/swa17062505000003-n1.html





生年月日: 1988年5月20日 (29歳)
出身地: ベネズエラ バルキシメト
身長: 191 cm
体重: 91 kg
年俸: 48万ドル (2012年)
背番号: 72 (ボストン・レッドソックス / 内野手)
守備:内野手
投打:右投・右打

これでドン引よりも良いショートが来たようだ。
ライバル不在で好き勝手やりたい放題のドン引に歯止めがかかった。
記事中にも書いてある通り、
走攻守の三拍子揃った良い選手で間違いない。
まさかだとは思うがこのリベロと3塁手に起用して
ドン引がショート継続なんてことなったら
当然ながら球団事務所に抗議の電話を何度もしてやるからな。
そんなことをすれば藤井のモチベーションも下がり
意味のない存在のドン引がぬくぬくと過ごすだけだ。
そんな腹立たしいことだけは絶対に阻止、
ファンの皆も要注意し
まさかの事態が起きた場合は抗議の件、私同様によろしくである。



rZQ2ZrH5rBEI8nv1447932147_1447932155上位に上げるためにも
クリックをよろしく。


tWtcdnr18bJkVQ41447932094_1447932104
読み終わった後は
ここを必ずクリック!


twitter2.png梅造Twitter

Facebook.png梅造イズムFacebook

村中

このページのトップヘ