宮本慎也
宮本氏、1軍ヘッドコーチに就任!燕再建へ厳しさ注入「なんとかしたい」

ヤクルトは6日、
球団OBの宮本慎也氏(46)が来季の
1軍ヘッドコーチに就任すると発表した。
1年契約を結んだ宮本氏は、ヤクルトで通算2133安打を記録し、
守備でも計10度のゴールデングラブ賞を受賞。
小川淳司新監督(60)は「厳しく指導できる」と期待した。
また編成グループ、プロ担当の土橋勝征氏(48)が
来季から1軍内野守備走塁コーチを務めることも発表された。

セ・リーグ最下位に終わったヤクルトの再建に向けて、
球団OBの宮本氏が入閣する。
来季の1軍ヘッドコーチに就任することが発表され、宮本氏が決意表明した。

「コーチの要請を受けました。
いまの生活は気に入っていたけど、もともと引き受けるとか、
引き受けられないとか、そういう問題ではない。
これだけ勝てなくなったチームを目の当たりにして、
なんとかしたいという気持ちしかない。
再建に向けて、小川監督を支え、自分自身でできることはなんでもやりたい」

現役時代の実績は輝かしい。
宮本氏はPL学園高から同志社大、プリンスホテルを経て1995年、
ドラフト2位でヤクルト入り。
遊撃手と三塁手で計10度のゴールデングラブ賞を
受賞した守備の名手でありながら、
打撃面でも通算2133安打、同408犠打。
13年は選手兼任コーチを務めた。
04年アテネ五輪、08年北京五輪や06年の
ワールド・ベースボール・クラシックで日本代表入りするなど経験豊富だ。

小川新監督がスカウト時代、獲得に関わったのが宮本氏だった。
指揮官は招へいの理由について
「野球に取り組む姿勢が大きい。引き出しもたくさんある。
存在感があって、厳しく指導できる。緊張感も必要」と期待した。

13年に引退した宮本氏は、来季5年ぶりの古巣復帰となる。
今季は球団ワースト記録のシーズン96敗(45勝2分け)を喫し、4年ぶりの最下位。
レジェンドは、球団のテーマでもあるチーム力の底上げにひと役買う。(吉村大佑)

(サンケイスポーツ 2017.10.07 05:00)
http://www.sanspo.com/baseball/news/20171007/swa17100705030006-n3.html
現在の生活が気に入ってるにもかかわらず決断してくれて感謝だ。
はっきり言ってこんな仕事は面白くないし
ストレスもかなり溜まる仕事、
全員が言うことを聞いてくれるわけもないし
非協力的な選手も必ず現れることだろう。
特にあの馬鹿のように上辺だけは協力的だが本質は反抗的な者が一番厄介だ。
この馬鹿に関しては誰も注意することがなかったはず、
しかし宮本慎也は容赦しないぞ、
怠慢プレーやくだらないミスなどやろうものなら
軽くベンチに下がることになるのは間違いない。
選手たちも今回の宮本復帰については、
かなりビビっていることと思うが、
普通にプレーをやってくれればそれでいいのだ、
自分の仕事をしっかりと着実にすればなんら問題はない。

逆に若手の山崎、奥村、廣岡、渡邊はチャンスだと思っているに違いない、
またこの選手たちが宮本が好む選手ばかり、
土橋からもしっかり指導されて必ず伸びていくと考える。
ただ谷内や西浦にとっては厳しいな、
特に谷内に関しては試合中でも女性を意識してプレーしているように見える、
もし違うのだったらグラウンドでなよなよするな、
格好の的となる確率が高いので注目だ、ぷぷぷぷぷぷ。

早く宮本と土橋の生の声を聞きたいな、
ナニを長くして待っている。

ところでアンケートよろしくである。




⬇︎読み終わった後はこちらをクリック!
⬇︎最近タップが少なくINポイント苦戦中、よろしくだ。
 タップ後に頁が変われば今度はブログ村頁内の
 梅造イズム最新記事のタイトルをタップ願う。


ブログ村


⬇︎こちらもタップよろしくである。

モンロー

twitter2.png梅造Twitter

Facebook.png梅造イズムFacebook