28700858_1772817022782150_6992371971465005029_o

●抹消ブラザーズ/傷心ベースボール
(第2章 裏切り、そして別離)

そして昨年の2017年春、
とうとう抹消ブラザーズの2人は共に開幕からローテ入りを果たし
お祝いとばかりに新小岩の餃子の王将で祝杯をあげた。
お互いもう5年以上もケガをし、
つらくて面白くもないリハビリ生活の毎日だったが
絶対に復活してやると心に誓い
この2017年プロ野球シリーズの表舞台に立つことになった。
お互いにここまで酒まで控えてリハビリに取り組んできたが、
開幕前夜はそれも解禁となり
シャンパンならぬアルコールが入っているのか怪しい
ハイサワーで乾杯だ。
酔いが回ってくるとお互いが手術の傷跡を見せ合い
こと自慢げに上半身裸となり他の客に
それとなく見せびらかし自慢した。
乾杯してからかれこれ4時間が経過、
やはりプロ選手だけに酒が強く
2人で飲んだサワーは合計57杯、
べろんべろんに酔っ払いながら2軒目にゴーである。
2軒目はこともあろうに押上にある
ファッショナブルで清潔極まりない餃子の王将、
飲んで飲んで飲みまくった。
しかしこれまた好事魔多し、
館山はシーズン早々にこれまた違和感を覚えてまた手術、
またも館山はこの1年を棒に振ることになる。
しかし由規は首脳陣からの手厚い保護を受け
中10日以上でのローテ入り、念願が叶った。

またも戸田でリハビリに打ち込む館山、
しかし由規は得意である150km/h超のストレートで
完全とまではいかないが復活と言える投球でファンにアピール。
しかしその頃から由規と館山はあまり連絡を取らなくなり
しかも由規はあの蟻とキリギリスではキリギリス、
カチカチ山ではウサギ、
カメとウサギでもウサギ派閥と揶揄される
あのずる賢い白ブリとタッグを組んで中良さそうな
ツーショットがスポーツ紙やプロ野球雑誌に掲載された。
「ヨシ坊はワイの弟分ヤ」、
「兄さん妹さんをボクにください」、
「貴規ですか? なんとかやってんじゃねえの」、
「昌平? 誰それ? そんなのいたっけ?」、
もう完全に浮かれまくって自信を失い、
白ブリの手腕によって暗黒面へと導かれてしまったようだ。
このような記事を目にする度に
館山の気持ちは逆撫で状態となり
いつかあの裏切り者を成敗してやるのだと
今では禁止されている圧縮バットを夜な夜な研ぎまくり
復讐への道を歩み始めるのだった。
由くんめ! ポクは許さないからな!
翌日の朝のサソケイスポーツを読んだら
「由規、今季2勝目!」の見出しが一面を飾り、
ヨダレが垂れ流れそうな紙面の由規の口元に
あまり水を流していない自らの肛門を強引になすりつけ、
ニタニタと笑い続ける館山だった。

ぬるま湯ペンギンズ
①中 薄眉     .308 00
②右 野犬     .667 00
③一 独居     .250 00
④左 ガキ     .364 00
⑤指 大村     .667 00
⑥三 指名手配犯  .250 00
⑦遊 錯乱状態   .179 01
⑧捕 大澤弁護士  .143 00
⑨二 代議士孫   .364 00
 投 千樹理


関西シマパンズ
①二 鳥谷     .000 00
②遊 西岡     .125 00
③左 ケーシー福留 .500 00
④一 ロサリオ   .200 00
⑤指 糸井     .000 00
⑥三 大山     .000 00
⑦中 髙山     .259 00
⑧捕 長坂     .333 00
⑨右 中谷     .214 00
 投 ナナフシ


体調不良かコンディション不良かどっちか忘れたが
樹理が今日の先発である。
結局はインフルエンザでも違和感でもなんでもなかったのねと。
紛らわしい、マジに紛らわしい。
そんな小細工で敵やファンを欺くようなことよりも
しっかりとしたプレーをさせてワタシ達を楽しませろよ、クソヴォケが。
しかしヤクルトのオーダーを見ても、
飛車角抜きではあるが名前的には見劣りはしない、
これでも十分にやっていけると思いたい。
……が、大村の5番って何?
据えるところがなかったので
しょうがなく5番に置いた感ありありじゃないかと。
しかし1〜9番まで左打者7人、笑えるな。
かなりいいんじゃないか? ぷぷぷぷぷ。

①回表
①薄眉 B
流し打った打球はサードのグラブをはじく内野安打、無死1塁。
さあどうやって山崎を送るのか興味津々である。
②野犬 SSBBFFFF
初球はバント見送りストライク、
2球目もバントの構えから見送りストライク、カス野犬め。
結局ショートゴロ、1死2塁。
③独居 SFFBFB
スライダーで空振り三振、2死2塁。
④ガキ SBFB
インローに落ちるスライダーで空振り三振、くぉるゎ〜!

①回裏
①鳥谷 FB
ヴォテヴォテのファーストゴロ、
ナイスプレー坂口だ。
まるでランドスピーダーが滑るように
砂漠を走るかのようなプレーに海老反り状態である。
②西岡 FS
すごく良く落ちたカットボールだが真ん中に入ってしまいセンター前ヒット、無死1塁。
③ケーシー福留 
初球を打って1〜2塁間の打球、
奥村横っ跳びに飛びついて捕球しセカンドゴロ。
好プレーに見えるが奥村足が重く動きが鈍く感じてならない。
④ロサリオ BSS
ストライクゾーンからボールに流れるスライダーで空振り三振、楽勝。
樹理、お前はコンディション不良の方が良いようだな、ぷぷぷぷぷぷ。

②回表
⑤大村 FFFF
ファーストゴロ。
⑥指名手配犯 BBB
藤井のような1軍半レベルにストレートの四球、1死1塁。
よっぽど左打者が好かんタコ嫌いのようである。
⑦錯乱状態 SSFBFBFB
粘った挙句に当てただけのセンター前ヒット、1死3塁。
さすが指名手配犯、逃げ足は速く、あっという間に3塁に到達である。
⑧大澤弁護士 BBSBS
5球目、カウント3-1なのに平気で見逃す中村。
今季に入って練習試合もオープン戦も必ず見逃す。
確かに3-1からでも待たれるのは野手も投手も非常に嫌だ。
フルカウントから空振り三振、
結局は待った意味がなかったが1塁走者の錯乱状態盗塁成功、2死2-3塁。
⑨代議士孫 BBSS
完全に裏をかいたストレートで見逃し三振。

②回裏
⑤糸井 SBS
ファーストゴロ、やっぱ坂口慣れてない、ぷぷ。
⑥大山 BF
阪神必殺の肘ガードに当てる死球、1死1塁、セコい!
⑦髙山 
レフトフライ、2死1塁。
⑧長坂 B
ライトフライ。

③回表
①薄眉 BBB
またストレートの四球、無死1塁。
よう分からんピッチャーだなと。
②野犬 B
2球目しっかり犠打成功、1死2塁。
それが野犬が生きる道、それからが野犬の始まりよ。
③独居 
スパイクに当たる死球、2死1-2塁。
藤浪はまるで去年と変化なし。
④ガキ BB
当たり損ねのセカンドゴロ、
セカンド余裕でアウトだが青木怠慢走法でアウト、
青木はこういうことをするから好きに慣れないのだ。
しかしここで地蔵からセーフじゃないかとビデオ判定要求、
ビデオで見る限りではアウトに見えるが?
まあ結局はアウト、時間の無駄でしかなかった。

③回裏
⑨中谷 B
樹理の頭上を越えていく打球を奥村回り込んでセカンドゴロ。
しかし今日の奥村の動きが鈍い!
①鳥谷 BFSF
空振り三振。
②西岡 BB
レフトフライ。

④回表
⑤大村 SFBFBB
ショートへの打球は当てずっぽうで突っ込んで弾きエラー、無死1塁。
阪神らしくて頼もしい限りである。
⑥指名手配犯 
初球を打ってセカンド鳥のグラブの真下を通るセンター前ヒット、無死1-3塁。
最近のプロ野球選手って守備がド下手だ。
⑦錯乱状態 BSBSB
また四球、無死満塁、楽しい藤浪の投球。
⑧大澤弁護士 SB
これまたヴォテヴォテの3塁へのゴロ、
ショート西岡懸命に突っ込んだが捕球さえもできず後逸、
なんと2塁走者まで生還し2-0、無死1-2塁。
積極的な走塁が点に結びついた、藤井ナイラン。
しっかしヤクルトの選手にまで笑われるようなお粗末な西岡のプレー、
これまた拍手喝采である、ぷはははははは。
⑨代議士孫 
初球を右足甲横にぶつける死球、無死満塁。
①薄眉 SSFBBB
フルカウントからベース手前でワンバウンドになるスライダーを空振り三振、1死満塁。
②野犬 S
沈むボールをうまくはらってライト前ヒット、
二者生還して4-0、1死1-2塁。
投手は島本に交代、
藤浪は大谷にどんどん置いていかれるだけ。

③独居 BS
うまく流してレフト前ヒット、1死満塁。
④ガキ BS
これまた当てるだけのレフト前ヒットで6-0
なおも1死1-2塁。
そしてここでは金ちゃんからアウトだろとのリクエスト、
当然セーフで時間のムダだっただけ。
⑤大村 
初球を打ってショートゴロでセカンドのみフォースアウト、2死1-3塁。
⑥指名手配犯 BBB
ストレートの四球、無死満塁。
⑦錯乱状態 
初球を3塁戦を破るヒットで走者一掃で9-0
打者走者の廣岡は3塁でアウト。

この後、阪神に6回に4点、7回に1点を奪われ9-4

⑨回裏
投手は田川、代打荒木。
③荒木 SF
真ん中のボールをセンター前ヒット、無死1塁。
④糸原 BBBSSF
ショートゴロ併殺。
⑤大山 SSBB
センター前ヒット、2死1塁。
⑥髙山 
センターフライ、試合終了。

今日は樹理の安定性、
坂口がファーストでも問題などなかったこと、
山崎、上田、その坂口が2安打ずつ、
それに廣岡も2安打を打って首脳陣にアピールできたようだ。
投手陣では梅野、近藤、ぬるま湯状態、
田川もいつものことながら2安打を打たれながらも無失点。
まあそれなりの成果があったと、
さらに今日はバレと下手田抜きで勝てたことも大きい。
もう3月も半ばに入って開幕まであと2週間程度、
これからはかなり本気モードの起用となってくるので
いらない白ブリや毛デブの動向にも注目してみたいと考えている。

▼燕ファンも選手諸君も軽やかにタップ願う。
男2

▼こちらもタップよろしくである。
男

twitter2.png梅造Twitter

Facebook.png梅造イズムFacebook