びょうびょうほえる〜西村俊彦のblog

マック・ミック所属の俳優・ナレーター、西村俊彦のブログ。 出演情報などを主にアップしますが、 観た舞台、映画などの感想も、出来る限り、率直に。 嘘の中の真を、真に演劇的なものを求めて、今日も吠えます。

劇団だるめしあん公演 『ひとごと。。』 作:坂本鈴 演出:村上秀樹(回転OZORA) 日程:2017年2月22日(水)〜26日(日) 料金:前売3000円/当日3300円 会場:SPACE梟門 「私の話をします。」 という切り出しの台詞が要所に散りばめられた、 個の視点の集合みたいな舞台。 一つ ...

『ピンクミスト』本番二日目も無事に終わりました。 ありがとうございます。 朗読です。 宮沢賢治の『手紙 一』 恐ろしい龍が「悪さをしない」と誓ってそれを貫く話です。 やがてそこに猟師がやってきて、蟻がやってきて、 それでも悪さをしない誓いをした龍は… お楽 ...

高円寺K'sスタジオプロデュース 『ピンクミスト』 無事に初日を迎えました。 結構、客席に語りかけていくタイプの本なんですが、 やはり、自分の視線の先にお客様がいると、 違いますね。 楽しく初日を終えました。 明日夜、 土曜は二回、 日曜は昼と続きます。 お時間あ ...

いつのまにやら明後日から本番になります、 高円寺K'sスタジオプロデュース 『ピンクミスト』 稽古も大詰めでございます。 楽しそうな顔してるなぁ… そうそう、髪を切りました、この公演に合わせて。 リーディングで髪型? と思われるかもしれませんが、 なんでしょう ...

『ピンクミスト』 公演までもう間もなくとなってまいりました。 まだまだ御予約大丈夫ですよー! さて、今日は、『ピンクミスト』とどんかぶりの公演のご紹介です。 日頃お世話になってます、劇団だるめしあんの公演が、 22日から本番。 ちょろりとお手伝いがてら 稽古見学 ...

2014年の中頃くらいから、 読んだ戯曲をメモでまとめておこう! と思い立ち、個人的なメモですがブログに載っけておきます。今までに読んだことある、ってものも、再読のタイミングで載せます。 感想書いた物については、リンクをつけて。 作者は、日本外国問わず、生年順で ...

『タバコの害について』松下裕訳 『煙草の害について』米川正夫訳 原題:O vrede tabaka 作:アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ 1886,1902年 一人芝居。 ニューヒンさんというおじさんが、 奥さんの言いつけで「タバコの害について」 講演をするために人前に立つ。 彼 ...

今月末に出演します 『ピンクミスト』ですが、 本国イギリスではこんな風に上演されてるようです。 ピンクミスト予告編 バリバリ身体表現。 おもしろそう… 我々の『ピンクミスト』も日々面白くなっておりますよー。 【詳細・御予約はこちらの記事から】 ...

『女学者』 原題:Les Femmes savantes 作:モリエール 初演:1672年 本が父親となれば、 たとえばシェイクスピアはホラ吹き親父、 モリエールはおもしろ親父、 ドストエフスキイはおしゃべり親父、 そしてトルストイは説教親父である。 という、井上ひさし先生の言葉があ ...

こんな感じになったそうです。 稽古は色々な回り道をしながら、 一歩一歩、前に進んでおります。 お楽しみに。 詳細・ご予約はこちらから ...

朗読カフェスタジオのチャンネルから、 渡辺温の『シルクハット』です。 今回は、萩柚月さんと二宮隆さんに協力してもらいました。 朗読スタジオで録音するなら複数人で、 みたいなのが、密かなマイブームになりつつあります。 給料が上がったので、憧れのシルクハットを手 ...

紹介動画のナレーションを担当しました。 SPEEDA紹介動画 from Akira Aiba on Vimeo. SPEEDAのホームページはこちら ナレーションのご依頼はマック・ミックまで。 ...

舞台出演のご案内です。 今月の終わり、23日(木)〜26日(日)に、 リーディング公演に出演します。 アフガニスタン紛争が激化する2009年、 不朽の自由作戦(英国ではヘリック作戦と呼称)に参加した、 イギリス兵三人に起きた出来事を描く、 90分くらいの芝居。 もともとラジオ ...

【2017年】 02月 『カフェ・ド・ギロチーナ』/いちごドロップ 『オセロ王』/劇団鋼鉄村松 01月 『空を飛んだ後のライト兄弟』/東京パイクリート 『マクベス』/カクシンハン 『エキスポ』/トローチ 『虚仮威』/柿喰う客 【2016年】 12月 『めくりめくめりくり』/ムシ ...

いちごドロップ ひとつぶめ 『カフェ・ド・ギロチーナ』 脚本:屋代秀樹(日本のラジオ) 演出:千頭和直輝(演劇ユニット「クロ・クロ」) 日程:2017年2月4・5日 料金:2000円+ワンドリンク500円 会場:cafe&bar木星劇場 通り魔にDV夫を殺された妻と、 その通り魔の姉が、二 ...

【読書】 2017年 『チェーホフ一幕物全集』/訳:米川正夫 『イッセー尾形の都市生活カタログPART2』/著:イッセー尾形、森田雄三 2016年 『質問力』/著:齋藤孝   相手をインスパイアする質問を。 『したたかなロシア演劇-タガンカ劇場と現代ロシア演劇』/著:堀江新 ...

【2017年】 『ドクター・ストレンジ』 『パプリカ』 『ボーン・アイデンティティー』/監督:ダグ・リーマン 『ズートピア』 【2016年】 『バイオハザード ファイナル』 『ジュラシックパークIII』/監督:ジョー・ジョンストン 『ハンガーゲーム』   なかなか戦わないバ ...

朗読です。 今回は、夢野久作の『森の神』 木陰を独占した人たちに、神様が与える罰。 エコー使ってみました。 人ならざるもの、みたいなとき、 便利ですね。 ...

西村俊彦(にしむらとしひこ) 所属:マック・ミック 俳優・ナレーター・朗読講師 【経歴】 明治大学の演劇学専攻に学び、 同大学の一大演劇イベント「明治大学文化プロジェクト(現MSP)」の 第2回『マクベス』で主演。俳優・原田大二郎氏にかわいがられる。 卒業後は文学座 ...

昨日無事に、 MSPインディーズ『唐十郎×シェイクスピア シェイクスピア幻想』 終演致しました。 皆様、ありがとうございます。 朗読は、僕にとってはなんとなく落語と同じ感覚で、 客席とはっきり何かを共有して好きに楽しむ、 というイメージが強いです。 家で録音してる ...

明日の MSPインディーズ 『唐十郎×シェイクスピア シェイクスピア幻想』 会場の 明治大学・グローバルホール へのご案内です。 JR御茶ノ水駅、 御茶ノ水橋口(新宿方面電車の進行方向先端)を出て、 道路反対側(交番のある側)へ渡り、左へ曲がります。 坂を下っていく形 ...

『路上』 原題:Na doroge 作:アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ 初出:1885年 ある居酒屋に集まるどこにも行き場のないポンコツたちが迎える、 どうにも救いのない一夜の話。 ゴーリキの『どん底』的な、雰囲気? 上演したら40分くらい? 「マリイ…お前はどこにい ...

講師をしてます、 明治大学リバティアカデミー講座 「コミュニケーションは朗読から」 の2016年度発表会、 いよいよ今週水曜日となりました。 今回はシェイクスピアの『リア王』 を、構成・演出:浅沼ゆりあでお届けします。 御茶ノ水駅から徒歩5分、 明治大学駿河台校舎の ...

今年の初仕事の映像が公開されてました。 The Premium OKINAWA Wedding 内のバナー をクリックすると流れます。 こちらのリンクからも。 沖縄のキレイな海、結婚式場、素敵な新郎新婦の映像に、 ナレーションしてます。 ご覧下さいませー。 ...

『熊』 原題:Medvedj 作:アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ 1888年 「無作法な熊です!無教育者!ばけもの!」 よく出来たドタバタ。 三人芝居。 文学座附属演劇研究所ではテキストで使ってたなぁ。 スミルノフが触るなり椅子が音を立てて壊れる、 という面白シーン ...

『結婚披露』 原題:Svadjba 作:アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ 初出:1901 これまたチェーホフの結婚式もの。 ほんとにポンコツしか出てこないなぁ。 『したたかなロシア人』 著:堀江新二&堀江陽子 に、ロシア人は結婚式で食べ物とかつまんで、 「苦い苦い!」 ...

『タチヤナ・レーピナ』 原題:Tatiana Repina 作:アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ 初出:1889 結婚式がまるまる一つ舞台に乗ってる。 人が超多い。 結婚式場で、お客さんを参列者にして、 役者を混ぜこんで上演したら面白そう、 と思ったものの、 ラストシーンは会 ...

『ジュラシック・パークIII』 原題:Jurassic Park III 監督:ジョー・ジョンストン 出演:サム・ニール、ティア・レオーニ、ほか 製作:2001年 アメリカ 上映時間:94分 初代ジュラシック・パークで大活躍したグラント博士が再登場。 行方不明になった子供を捜索する為、 ...

:漫画: 【2017年】 『鉄のラインバレル』0〜25巻/作:清水栄一&下口智裕 『機動警察パトレイバー』文庫全11巻/作:ゆうきまさみ 『ウルトラマンタロウ完全復刻版』/作:石川賢&ダイナミックプロ 【2016年】 『MASTER KEATON』ワイド版全9巻/作:勝鹿北星 画:浦沢 ...

朗読です。 今回は、夢野久作の『青水仙、赤水仙』です。 うた子さんが楽しみに植えた球根を、 お父さんが畑耕しててぶち割る→空き地に捨てる というとんでもないはじまり方をします。 しかもお父さん、謝る気あまりなさそう。 悲しみにくれるうた子さんのもとに、 二人 ...

先日、事務所の新年会に行ってきまして。 2010年からいるので、今年で8年目になるんですね。 10人いた同期も今は2人になり、 後輩がいつのまにやら増え、 未だぺーぺーの気持ちでいるんですが、 いつの間にやら、 どちらかと言うと気を遣われるゾーン、 になりつつあることに ...

朗読です。 新年っぽい話を。 夢野久作の『犬のいたずら』 大晦日、干支のバトンタッチが行われるんですが、 犬が何やら大きな袋を持っている。 気になった猪が「それは何?」 と問いかけてみると、 犬の驚くべき計画が… 物語終盤 「やあ鐘が鳴った。 君も僕の大好きの処 ...

『父帰る』 作:菊池寛 1917年発表 おもしろい。 父が帰ってきてからの、 受け入れられない長男。 おもしろい。 さくっと読めていい。 昔文学座で上演を観たような。 【あらすじ】 黒田家での出来事。 明治四十年頃、午後七時頃。 長男・賢一郎28歳、次男・新二郎23歳、 ...

今年も手帳はこれです。 デルフィーノ コーテッド バーチカルA5 デルフィーノ コーテッド 2017年 バーチカル手帳 OPERA 12月始まり オレンジ A5サイズ COT-45530新品価格¥2,278から(2017/1/3 01:38時点) ハンズにはあまりカラーバリエーション置いてなかったので、今 ...

『イッセー尾形の都市生活カタログ PART2』 著:イッセー尾形・森田雄三 1992年 早川書房 イッセー尾形さんの一人芝居のテキストを集めた本。 エリート医師から売れない芸人まで、 職業が、立場が、環境が、都市が人を造る、 という感が満載の、 いろんなおじさんが出てくる ...

朗読です。 今回ご紹介するのは、夢野久作の『約束』 ここで会う、という約束を守り通したが為に、 橋の下で溺死した人物、 の話から、 従って約束を守るのは悪いことだ、 と主張する男。 その男に異論を唱える男。 この対話がどこに行き着くのか。 お楽しみ下さいませ。 ...

お正月によく聞かれました。 「仕事始めはいつですか?」 ナレーター業に明確な仕事始めがなく、 「仕事が来たら仕事始めです」 という、何とも暇人のような返答をしては、 仕事始めがいつになるのやら内心びくびくして過ごしておりましたが、 本日、ナレーターの仕事始めと ...

朗読カフェから、朗読です。 今回は芥川龍之介の『カルメン』 ロシアの女優イイナ・ブルスカアヤを目当てに劇場に通う舞台監督のTくんと私。 しかしその日の出演はイイナではなかった… なにやら愛する男が自殺したとかで、 今日は泣きはらしているに違いない… と思いきや ...

↑このページのトップヘ