びょうびょうほえる〜西村俊彦のblog

マック・ミック所属の俳優・ナレーター、西村俊彦のブログ。 出演情報などを主にアップしますが、 観た舞台、映画などの感想も、出来る限り、率直に。 嘘の中の真を、真に演劇的なものを求めて、今日も吠えます。

【読書】 2016年 『したたかなロシア演劇-タガンカ劇場と現代ロシア演劇』/著:堀江新二   ロシア演劇はポケットに握り拳を。 『ソビエト人の生活』/著:ガブリエール・フロマン-ムリス 訳:山本俊朗   ソビエトに生きる人の生活。 『テンペスト』/作:ウィリアム・ ...

創造集団池小『ジャンナ』 いよいよ明日初日を迎えます。 会場の、中板橋新生館スタジオまでの道案内・行き方をご紹介。 【東武東上線・中板橋駅から】 3〜5分ほどの道のりです。 中板橋駅北口改札を出ると、 目の前にサンクスがあります。 サンクスを正面にして右に進みま ...

中板橋新生館スタジオは 「イプセンスタジオ」という名称でもあるらしく、 階段には すごい髭のおじさんが。 明後日からです、『ジャンナ』 舞台上でクソ不機嫌な僕が観られます。 気になる方、 公演詳細はこちら。 ...

『したたかなロシア演劇-タガンカ劇場と現代ロシア演劇』 著:堀江新二 1999年 世界思想社 これはとても面白い本でした。 二部構成になっていて、 一部はソ連政権下、全盛期のタガンカ劇場について。 スタニスラフスキーとメイエルホリドの正統な後継者に当たる演出家・リ ...

太宰治の『一歩前進二歩退却』の朗読です。 エッセイ的な内容で、 作家と読者の関係、について書かれてます。 作家のプライベートを作品の中に見ようとしないで欲しい、などなど。 「安売りしているのは作品である。作家の人間までを売ってはいない。」 というのが印象的 ...

「食通というは、大食いの事を言うのだと聞いている」 の一文から始まる、太宰治流の食通論です。 「安くてうまいもんを沢山食うのが食通の奥義」 いいですね、気持ちよい。 ...

参加しておりました、 15分ノーカット演劇動画コンテスト クォータースター・コンテスト、ですが、 本日ノミネート発表があり、 残念ながら残れず、でした。 96本→11本になり、 ここからいろんな賞が与えられていきます。 その結果発表は12月10日。 今回のノミネート作品 ...

『デッドエンドの思い出』 著:吉本ばなな 2006年 文春文庫 人生の中には、 本当に「輝きの一瞬」とか、 「時間が止まったような瞬間」とか、 「必ず思い出す瞬間」みたいな、 「瞬間」があるよなぁ、と思う短編集でした。 よく言う「あの頃は良かった」の「あの頃」的な感 ...

朝、大阪の天王寺に着きまして 昼、結婚式余興でひとりラピュタ。 ムスカ大佐っぽくなろうとしたものの、 サングラスのチョイスミスか、 どちらかというとマトリックスみたいに。 その後、 共に余興をやった文学座研究所時代の同期・日下諭の故郷、宝塚に連れてっても ...

ここ二年くらいの間に、深夜バスで大阪に行く、という機会が増えました。 そして、今夜もまた。 今回は、結婚式余興の人、として招かれ、 お仕事で「ひとりラピュタ」してきます。 結婚式余興での「ひとりラピュタ」も、 これで四度目くらい。 ムスカ大佐に結婚を祝福 ...

朗読しました。 今回は、太宰治の『走ラヌ名馬』 芸事は社会の役には立たぬ、決して何の足しにもならぬ、という姿勢に対しての、 太宰先生の反撃です。 これ、おもろい。 ...

創造集団池小『ジャンナ』稽古中です。 私がやりますグリゴーリィ、という若者の台詞に 「森に誘われてたんですよ。断ったんだけど、やはり行くことにします。」 というのがあります。 謎の台詞。森?ハイキング的な? と思いましたが、 翻訳者の堀江新二さんによれば 「 ...

朗読です。 今回は、夢野久作の『縊死体』 先日YouTubeにて、 寺田農さん(ムスカの人)の朗読がアップされてるのを発見しまして。 もちろん違法アップロードだったわけですが。 それを見て、 「ムスカの声で朗読する」 という所になんらかの面白みを感じまして。 で、『ひ ...

エントリーしております、 演劇×動画の祭典 15分一本勝負 「第5回クォータースターコンテスト」 ですが、 11月25日19時より、 ノミネート作品がUstream生放送で発表されるそうです。 96本のエントリーの中から、 どの作品がノミネートされるのか。 詳しくはこちらのリ ...

こんなのです。 のっけてなかったので。 昔買ってあんまり使ってなかったスキャナで取り込みました。 便利ですね。 今まで観た舞台のチラシとかも、 データにして捨てちゃうのがいいのかしら。 どうなのかしら。 ...

youtube観てたら、「池袋演劇祭CM大会」の動画が出てきまして。 「懐かしいなぁ、昔出たなぁ、ひょっとしてその時の映像もあるのかしら?」 と思って探してみたら、あった… 2011年の夏の私と、5年ぶりの再会。 Clown Crownという団体の、『サツマとチョシュエ ...

『バイオハザードⅤ リトリビューション』 原題:Resident Evil:Retribution 監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ 、ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー、ほか 製作:2012年 カナダ、ドイツ 上映時間:96分 映画『バイオハザード』5作目 ...

『バイオハザード ダムネーション』 Resident Evil: Damnation 監督:神谷誠 製作:2012年 日本 上映時間:100分 ゲームの5と6の間を繋ぐCG映画。 レオンが主人公。 ハリウッド映画のノリをちゃんとやってくれておもろい。 【良かった】 BOWと主従関係を築くプラーガ支配種 ...

『ジャンナ』立ち稽古に入っております。 文学座の研究所にいた時くらい、 読み合わせを長く取る稽古スタイル。 久しぶり。 読み合わせが長かった分、 立ちに入るともう本は持ってません。 出演者4人で2時間ほどの戯曲なので、 一人一人が沢山喋る。 喋りまくるソ連のお ...

『テンペスト』 作:ウィリアム・シェイクスピア 訳:小田島雄志 白水社(白水社uブックス) 小田島訳は『テンペスト』に関しては、 くだけた雰囲気が合ってて好きでした。 特にトリンキュロー、ステファノー、キャリバンのグループはリズムが楽しい。 松岡訳に比べると、こ ...

徹夜はするな。 睡眠不足は良い仕事の敵だ。 それに、美容にもよくねぇ。 今夜の金曜ロードショー 『紅の豚』 から、ポルコ・ロッソの名台詞。 ポルコがタバコをいとも簡単に川にポイ捨てするのも見所です。 一度、 『ひとり紅の豚』 というのをやってまして、 映像もYouT ...

参加作品が出揃ったようです。 全部で96あるとか。 せっかく参加してるので、このお祭りを盛り上げよう! と思い、エントリーナンバー1から、 ちまちまと目を通し初めています。 観たものを再生リストにまとめて、 「おもしろい」と思った順に並べていこうかと。 ノミネ ...

『テンペスト』“The Tempest” 作:ウィリアム・シェイクスピア 初演1611年頃 シェイクスピアが、一人で書いた最後の戯曲、と言われてるやつ。 分類としてはロマンス劇、「赦しの劇」とか呼ばれてたような記憶がある。 魔法の研究に没頭する余り、 弟に地位を奪われ、娘と ...

朗読カフェSTUDIOから、朗読です。 最近は長めの物ばかり読んでいたので、 少し短めな物を。 泉鏡太郎(泉鏡花)の『鳥影』 妻と共に温泉地に行った男。 妻が近所で、美しい、名前の分からない鳥を見た、二羽、という話を夫に聞かせる。 夫も、その鳥が見たくなってくる。 ...

仕組みがよく分からない、すごいおもちゃのCMナレーションしました。 と、リンクを貼ったものの、動画が非公開になってますね。見れない。 ↓アマゾンで買えるよ。 へんけいドライブ トラック新品価格¥793から(2016/11/7 02:19時点) へんけいドライブ スポーツカー新 ...

『ソビエト人の生活』 著:ガブリエール・フロマン-ムリス 訳:山本俊朗 1971年 白水社(文庫クセジュ) 12月に出演する『ジャンナ』の関係で、 ソ連&ロシアの生活が知りたくて読む。 1960年代の、ソ連のデータが豊富。 ソ連では、宇宙飛行士が英雄、 科学と工業の発達が ...

以前、森慶太さんと演劇動画を作っている、 という話を書きましたが、 それの詳細です。 クォータースターコンテスト、という 「15分ノーカット、編集なしで作る映像演劇コンテスト」 があるのですが、 それに応募したんです。 そして、無事にエントリーされました。 こ ...

今年初めて、 きっちり台詞を覚えて舞台に立ちます。 現代ロシア演劇『ジャンナ』 たくさん喋ります。 老人にやたら優しく接する若者は、 詐欺師なのか、優しいだけなのか。 あまり「これやりたい!」って役の無い方なんですが、 これは、僕がやらねば、な感じでした。 お時 ...

先週からになりますが、 講師をやっております 明治大学リバティアカデミー講座 「ラジオドラマCDを作ろう!」 も開講になっておりまして、本日は二回目。 今回はどんな作品が出来るのでしょうか。 過去の製作作品の一部はYouTubeにもアップしておりますので、 ご興味ある方 ...

【2016年】 10月 『ゴドーを待ちながら』 →初めて上演観た。 『祝福の果て』 →近親相姦とかの泥沼劇。 『マクベス』 →外人パワー。 9月 『黄金のコメディフェスティバル2016チョキチーム』 →鋼鉄面白い。はちみつシアターは台詞が潰れすぎ。 『わらい桜』/パンチドラン ...

【2016年】 『バイオハザードⅣ アフターライフ』 『バイオハザードⅢ』 『スーサイド・スクワッド』 『バイオハザードⅡ アポカリプス』 『タートルズ影』 『リトルプリンス』 『進撃の巨人』 『エイリアン V.S. プレデター』 『デイ・アフター・トゥモロー』/監督:ローラ ...

『バイオハザードIV アフターライフ』 原題:Resident Evil:Afterlife 監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウェントワース・ミラー、ほか 製作:2010年 イギリス、ドイツ、アメリカ 上映時間:97分 渋谷のスクランブル交差点 ...

ナレーターは、低い声が重宝される御時世らしいですね。 僕は低いとも高いとも言えないラインなので、 少し低い声を出す練習、みたいな感じで 朗読作ってみました。 低い声を出す、ナレーション出来るようにする、 というのは、 一般の企業で言えば、 「新商品開発」 みたい ...

昨日に引き続き、動画撮影。 今日は東高円寺のK'sスタジオで。 全シーン撮り終え、無事終了。 15分ほどの映像演劇を作成しましたよ。 明日明後日くらいには、公開予定! 撮影で使ったカンパン。 意外とおいしくて、ポリポリ食べてます。 ほんのり薫るゴマのあじ。 あと ...

ということで、 『アナルパンデミック-感染-』 の作・演出の森慶太さんと共に、 日吉のとあるスタジオへ。 漂う小旅行感。 三脚やらなにやら重装備。 そして、撮影してきました。 映像演劇。 どんなん作ったかは、近々御紹介出来る予定。 こんなとこで撮影しましたよ ...

『バイオハザードⅢ』 原題:Resident Evil:Extinction 監督:ラッセル・マルケイ 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、オデッド・フェール、アリ・ラーター、ほか イ 製作:2007年 イギリス、オーストラリア、アメリカ 上映時間:94分 冬のバイオハザード公開に向け、 過去作品 ...

『ジークフリート』 著:ジャン・ジロドゥ 訳:岩瀬孝 1962年 角川文庫 『ジークフリート』 『ジークフリートの最期』 (↑『ジークフリート』の別結末版) 『トロイ戦争は起こらない』 の三編を収録した文庫。 『ジークフリート』の方は、戦争に翻弄される個人が、 『ト ...

御世話になっている朗読カフェSTUDIOの、 チャンネル紹介動画が出来ました。 メンバーからそれぞれ一言、 みたいなのや、 稽古映像など入ってます。 僕もちょろちょろ出ておりますので、 ご興味ある方、 是非ご視聴下さいませ。 チャンネル登録者数も800人越え。 芥川龍之 ...

↑このページのトップヘ