清水キョウイチ郎さん元・漫才コンビ「ぴのっきを」でコンビ解散後は吉本新喜劇に出演していた清水キョウイチ郎さんが4日に大阪市内の自宅で肺血栓で亡くなったそうです。41歳でした。

日刊スポーツによると、先月31日にうめだ花月でのイベントに出演した清水さんはきょう7日の新喜劇出演を控えていましたが、4日になっても台本を受け取りに来なかったので、翌5日に担当マネージャーが清水さんの自宅を訪れたところ、すでに亡くなっていた清水さんが発見されたそうです。

清水さんは若手漫才「ぴのっきを」として活躍しましたが、相方が家業を継ぐため解散。その後は新喜劇に活躍の場を移されたました。

また清水さんは大阪近鉄バファローズファンで、昨年12月に天王寺都ホテルで開かれた「バファローズファンOB会」にも出席されていました。

清水さんと私は直接の面識はありませんでしたが、同じ大阪近鉄バファローズファンであるとともに、年齢が近く、知人より急な報せを受け驚いております。

志半ばして…。

ご冥福をお祈りいたします。