コベルコスティーラーズのフランカー”ノザワマン”こと野澤武史選手が今季で引退するとのこと。
神戸にきてから、伸び悩んだ印象。正直、残念。
引退後は、家業を継ぐらしい。
彼の恩師である上田昭夫さん(慶大蹴球部元監督)のブログによると、彼の実家の家業は「山川出版社」という出版社。
参考書がメインの会社らしい。いずれ社長になるのでしょう。

彼はブログでは知的な面を出していたので、早大出身のMさんより指導者として期待していたんですがね(笑)

お疲れ様でした。

リンク:
「子分にして下さい!」@上田昭夫のひとりごと
山川出版社

追伸その1
慶大ではラグビー部が「蹴球部」。サッカー部は「ソッカー部」なようです。
慶大は日本でのラグビーのルーツ校だそうですが、慶大では「蹴球(foolball)」とは「サッカー」でなく「ラグビー」のことになるのですね。

リンク:
慶應義塾體育會蹴球部(ラグビー部)
慶應義塾体育会ソッカー部(サッカー部)

追伸その2
幼稚舎から大学までずっと慶應で正真正銘慶應ボーイだった彼ですが、関西(神戸)では馴染んでいた様子。
コベルコの面々が以前「探偵!ナイトスクープ」に出演したとき、「自分で自身の肛門を見る」というアホな質問に、実際に試してくれた3人のうちの1人が彼でした。

ほかは石井選手と、京産大の監督になった吉田明さん。

みなノリ、よすぎ(笑)。・・・京産、大丈夫やろか?


リンク:神戸製鋼ラグビー部員・アナル全開@探偵ナイトスクープ不ァ安