29日のオリックス・バファローズとスワローズのナイトゲームは、MBSラジオ(解説は中村勝広さん)が生中継してて、それを聴きました。
中継はRadikoで聴いたのですが、会場に多くの観客を集めているのがクリアなステレオ音声を通じてわかりました。趣向で鳴り物が禁止だったようで、終盤はドーム内の野次が集音マイクを通じてよく聞こえました(笑)
あと相手がスワローズということでこの中継が東京のニッポン放送にもネットされていました。(因みに文化放送の中継はABCラジオの裏送りで解説は福本豊さん。そちらが聴きたかったな(爆))

試合はBs先発の木佐貫洋投手が5回まで相手を1失点に抑えていたんですが、6回アタマから別の投手が登場。中継ではふれられていませんでしたが、おそらくアクシデント交替だったか?
そっからスワローズの打線に火がついて、最後は2桁得点。9回は登板の投手がぴりっとせず、年寄りのキレの悪い小便のようで、相手に点を返されていたけど、最後は松岡投手が締めて交流戦初勝利。監督を代行している小川さんもようやく胸をなで下ろしたか。

fcd79248.jpg66769452.jpg


(画像はサンテレビの中継より。)

◆5月29日 京セラドーム大阪

オリックス・バファローズ 4−11 スワローズ(終了)


リンク:日刊スポーツスコア速報

Bsでは北川博敏選手の登場曲が替わってた。
「スピッツ」だったか?何に替わったかは失念。
『逆転イッパツマン』でなくなったのかあ・・・。