2日月曜日は、「一心寺シアター倶楽」での「上方落語一心寺亭」の正月興行へ。
一心寺シアター倶楽上方落語一心寺亭
「一心寺シアター倶楽」は天王寺区にある「一心寺」の講堂「三千佛堂」の地下にある劇場。
一心寺シアター倶楽-2

「三千佛堂」は千体の仏像が安置される構想だそうで。
一心寺三千佛堂-1一心寺三千佛堂-2


コンクリート造りの建物は住職自らの設計という。
とても「お寺」とは思えず(笑)

地下の劇場は段差が多く、バリアフリーとは無縁?

演目は以下の通り。

道具屋』笑福亭松五
宗論』桂米紫
『アルカトラズ病院』桂小春團治
(仲入り)
抽選会 米紫・松五
バルーンショー 桂三金
小倉船』林家染丸

米紫さんは『宗論』は、浄土真宗の信者である親父とキリスト教の信者になった息子との教義争いの噺なんだが、この噺をお寺で掛けたのがチャレンジング。会場をよく沸かせていました。
因みに一心寺は浄土宗の寺。

体型がバルーンみたいな三金さんはバルーンショー。
自らを膨らますのではなく、風船を使ってのいわゆる「余藝」。

トリの染丸さんは『小倉船』。噺の後は正月らしく踊りを披露。奴さんと姐さんだったか?
正月華やかに。

リンク:
一心寺
一心寺シアター倶楽
一心寺シアター倶楽 一心寺亭