2007年に「富士スピードウェイ」で行われた「F1日本グランプリ」で、シャトルバスの運行が杜撰でレースが観戦できなかったり、トイレが不足で大変なことになった件で、損害賠償を求めて訴えていた原告が勝訴。主催者側に賠償命令が下ったとのこと。

「富士スピードウェイ」の親会社は「トヨタ自動車」。

以下、毎日新聞より。
===
 07年に富士スピードウェイ(FSW、静岡県小山町)で開かれたF1日本グランプリで、シャトルバスの運行がずさんでレースを観戦できなかったり、体調を崩したりしたとして観戦者67人がFSWを相手取り、チケット代の返還と慰謝料など約1950万円の賠償を求めた訴訟の判決が24日、東京地裁であった。本多知成(ともなり)裁判長はFSWの過失を認め、53人に計約80万円の支払いを命じた。

 判決によると、同グランプリは30年ぶりにFSWで開催。車での来場は禁止で、観戦者はシャトルバスを利用した。ところが道路が陥没したり、駐車場が雨でぬかるんだりして、運行が遅れた。

 判決は「大規模イベントの主催者に期待される調査、管理を怠った」と指摘し、バスを3時間以上待ったり、終電に乗り遅れホテルに宿泊したりした観戦者らへの賠償を認めた。一方、観戦者側が訴えていた会場内の誘導の不十分さや観客席の視界の悪さなどについては「国際的な大規模な大会で一定の混雑が生じることは容易に想像できる」と過失を認めなかった。

 FSWは「判決を尊重したい」とコメントした。
===



リンク:

F1観戦訴訟:主催者の過失認める 東京地裁が判決@毎日新聞

F1富士スピードウェイ開催の評判@MASARUのブログ(過去記事)