今から30年ほど前、昭和の終わりから平成にかけてプロ野球「近鉄バファローズ」の主力打者だったラルフ・ブライアントさんとの懇親会が、甲子園球場近くのスポーツバーであることがわかり、行ってきました。
IMG_8827
ブライアントさんは、今や伝説の球団の存在になった「近鉄バファローズ」の主力として活躍。
リーグ優勝を決めた1989年のライオンズ戦での4連発や、東京ドームのスピーカー直撃弾など、当時のプロ野球ファンにとって記憶に残る選手ではないでしょうか。

そのブライアントさんがこのほど来日していて、甲子園球場の近くのスポーツバーで会があるというのをSNS(おそらくFaceBook)で画像1枚目のフライヤーが流れてきたので、会の存在を知りました。

選手のトークショーは基本行かない主義だったのですが、近鉄球団が消滅して以降、思い出を語れる知人を次々に亡くしたことなどなど、いろいろあって、「行こう」と思い立った次第。

会の存在を知ったのは2日前だったので、知人を誘いましたが、いずれもNGでした。

会場は甲子園球場ライトスタンド24号門前にある「Joe-Guy(場外)」という名のスポーツバー。
IMG_8858

真ん前が球場の、まさに「場外」。
IMG_8857


日本最古のスポーツバーらしいですが、お店に来るのがこの日が初めて。

開演の19時近くに入店すると、ゲストのブライアントさんが既に到着していました。

会の進行としては、ゲストのブライアントさんがいくつかのテーブルを回ってのトークミーティング。
このお店のスタッフだった女性のかた(お名前失念)が同時通訳に入り、和やかに進みました。
DSC_0005


ブライアントさん曰く、バファローズ在籍時代に思い出深い試合としては、
やはり「10・19」。1988年に西武ライオンズとのリーグ優勝を賭けての、ロッテオリオンズとの川崎球場ダブルヘッダー。ブライアントさんの口から「Kawasaki…」とでてきたので、あの試合のことかと思いました。

あと1989年のリーグ優勝をほぼ手中にした西武球場での4連発(前述)。
それまで打てなかった渡辺久信投手からの一発。
スクリーンショット 2019-09-15 0.40.18スクリーンショット 2019-09-15 0.40.45スクリーンショット 2019-09-15 0.41.15スクリーンショット 2019-09-15 0.40.59

ライトポール際深くに飛んで行った大きな飛球。
当時ライオンズ贔屓だった文化放送ライオンズナイター戸谷真人アナウンサーの「(ファウルの)切れてくれよ」が忘れられません。

当時のライオンズはいい投手ばかりで、記憶に残る投手として、ブライアントさんが渡辺投手のほか、郭泰源投手も触れていました。

あとは気に入った日本食の中で、藤井寺球場の選手食堂で食べた「カレーラーメン(中華そば)」をあげていました。

当時「カレーラーメン」はメジャーな食べ物ではなかったようですが、藤井寺の選手食堂ではブライアントさん特別にこしらえられていたそうで。

チームメイトのことにも、金村義明さんは当時からコメディアン的存在だったそうで。

テーブルを回られて懇談が終わった後にサイン会に記念撮影でお開き。
DSC_0018


今年「近鉄バファローズ」のオーセンティックの復刻ユニフォームをオリックス・バファローズ球団売店で偶々購入していたので、それを持参してサインしてもらいました。
IMG_8880

嬉しいです。

ユニフォームは生涯大切にします。
貴重な会を開いていただき、参加することができ、感激です。

ありがとうございました。
IMG_8896



JOE-GUY(ジョーガイ)
兵庫県西宮市甲子園町7-5
0798-40-0511
19:00-翌5:00(LO翌3:00)
地図

リンク:・甲子園球場近くSTADIUM BAR JOE-GUY(ジョーガイ)