衝撃的なシーンだった。
ラグビー日本代表の指揮官と選手たちが「たたいて・かぶって・ジャンケンポン」のゲームに興じていた。
スクリーンショット 2019-10-17 0.06.17


チームメイト同士ならわかるが、これにジェセフヘッドコーチ(事実上の監督)も参加していたことが。

今までの日本のラグビー界では考えられない。
他もスポーツもそうだろう。

ゲームとはいえ、選手たちの前で自分の頭が叩かれることを。

これまでの日本代表監督と選手たちの関係ではありえないと思う。
大西鐡之祐先生や北島忠治先生や平尾誠二さんが監督なら参加したやろうか。ありえない。考えられない。

ひょっとして、準々決勝で対戦するスプリングボクスの戦意を喪失させるためというならわからいでもないが(笑)

この投稿をInstagramで見る

😂😂😂

Amanaki Mafiさん(@naki_mafi)がシェアした投稿 -