「議席激減で党が小さくなったときこそ、老壮青がまとまることが必要で、排除の論理はとるべきではない」。自民党参院選比例代表の「70歳定年制」を理由に、党執行部から公認見送りを伝えられた片山虎之助元総務相(74)は29日付の自身のブログで、納得がいかない心情を吐露した。
 片山氏は「特例で公認が認められるとみられた私も、今年に入って状況が変わるなど翻弄(ほんろう)され続けて、少々疲れた」と本音をぽろり。「わが国には現在、70歳以上の高齢者が2060万人もいて、その代表者がいる方が自然」と谷垣禎一総裁らの判断に異議を唱えた。 

【関連ニュース】
山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」
谷垣氏、遅過ぎた「指導力」=参院選で片山氏ら非公認
専門家委、来週中にも初会合=3プロジェクトチームも設置
地方からも招集可能に=「協議の場」で骨子案
名古屋市の住基離脱に反対=強行なら法的措置も

小沢氏「私の立場で対応」 名護新市長と会談、現行案見直し要請受け(産経新聞)
デフレ克服、日銀と一体で=新成長戦略で経済成長-菅財務・経財相(時事通信)
NHK 福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
大久保被告、虚偽記入への関与一部認める供述(読売新聞)
高校無償化 朝鮮学校は「これからの議論」 文科相(産経新聞)