国の天然記念物トキが分散飼育されている石川県立いしかわ動物園(能美市)で25日朝、卵1個がかえりヒナが産まれた。トキの誕生は、佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)、多摩動物公園(東京都日野市)に次いで3カ所目。
 県自然保護課によると、ヒナは、8歳の雄と6歳の雌が3~4月中に産卵した四つの卵のうち一つから誕生。体長約12センチ、体重62.9グラムと通常よりやや大きく、健康状態は良好という。性別は不明で、卵を破る力が少し弱かったため、飼育係が殻をはがして誕生を促した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
「悲しみ癒えず」「事件解決を」=島根女子大生遺棄、半年で両親
二条城にアライグマ出没か=国宝や重文につめ跡50カ所
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明
ケージ侵入の映像公開=トキ襲撃のテンか

ラブホテルに強盗 従業員刺し6万奪う 東京・豊島区(産経新聞)
「再生医療製品」の迅速な実用化で議論開始―厚労省(医療介護CBニュース)
5月決着あくまで目指す=普天間、政府案は未決定-鳩山首相(時事通信)
鳩山首相の徳之島入りに反発も=普天間移設反対-地元町長(時事通信)
放鳥トキ、また卵捨てる=ふ化の可能性は残る-環境省(時事通信)