仙谷由人国家戦略担当相は1日、朝日ニュースターの番組収録で、新規国債発行額が過去最大の44兆円に上った2010年度予算について「戦争末期の軍事費が膨れ上がった時ぐらいしかなかった。本来はあり得ない姿だ」と述べ、深刻に受け止めていることを強調した。
 仙谷氏は「小渕恵三首相の時の金融危機から悪い循環が始まった。リーマン・ショック以降の(景気低迷の)状況で、そういう傷、疲弊を受け継いだ予算にならざるを得なかった」と釈明する一方、「どなたが見ても『この国が続くんだろうか』と不安心理を醸し出すことは間違いない」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
新車販売4年ぶり増加=3.8%増、エコカー政策が奏功-09年度
生保3社、株含み益3倍に=市場持ち直しで-3月末
短期金利、ゼロ金利解除後最低に=日銀の潤沢な資金供給で
景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念

「観察不十分」 さいたま市救急隊の死亡誤判断問題で外部委の検証結果発表(産経新聞)
「名ばかり取締役」解雇無効=組合加入理由は不当-佐賀地裁(時事通信)
覚せい剤取り締まり法違反の男性に無罪判決 京都(産経新聞)
「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
政倫審へ小林議員 招致を自公が要請(産経新聞)