厚生労働省は2月26日、今年4月から独立行政法人に移行する「国立高度専門医療センター」(NC)6施設の借入金債務約1732億円のうち、約3割に当たる総額約524億円をNCが独法化後に承継することを明らかにした。

 この日に開かれた独立行政法人評価委員会の高度専門医療研究部会で報告した。

 厚労省によると、「国立高度専門医療センター」の独法化に伴い、予算や会計制度などにも変更が生じる。具体的には、各センターの借入金債務のうち、▽研究所など本来は一般会計で整備すべき資産に係る債務▽医療機器など償却済み資産に係る債務▽鑑定評価後の資産価値を上回る負債に係る債務-の約1208億円については、「一般会計承継債務」として国が引き継ぎ、残りの約524億円をセンター側が引き継ぐ。
 6施設の承継債務の内訳は、国立がん研究センターが171億円、国立循環器病研究センターが22億円、国立精神・神経医療研究センターが34億円、国立国際医療研究センターが186億円、国立成育医療研究センターが102億円、国立長寿医療研究センターが9億円。


【関連記事】
ナショナルセンター独法化で中期目標などを議論
「国立高度専門医療センター」が独法化へ
高度専門医療、「儲かる医療だけではない」
国立高度専門医療センター改革案を提示―独立行政法人ガバナンス検討チーム
成育医療センターの総合周産期センター指定も

自民、審議復帰を協議=国会正常化も(時事通信)
五輪フィギュア 浅田と安藤に大声援 中京大(毎日新聞)
「プラス改定、素直に喜びたい」-全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
<元事務員横領容疑>06年度以前の書類不明 毀棄の疑いも(毎日新聞)
政調復活せず、政策会議活性化へ=副長官、副幹事長が一致-民主(時事通信)