知人に指示し工事現場の休憩所に放火させたとして、非現住建造物等放火罪に問われた指定暴力団山口組系組幹部前田建二被告(44)の判決公判が19日、奈良地裁であった。石川恭司裁判長は「放火の共謀は成立しない」として、懲役4年の求刑に対し無罪を言い渡した。
 前田被告は、知人男性(43)=同罪などで実刑確定=と共謀、2008年3月31日午前1時ごろ、工事受注をめぐりトラブルになった建設会社の工事現場の休憩所に、知人男性に指示してガソリンをまかせ放火させたとして起訴された。
 公判で被告弁護側は起訴内容を否認、放火は指示していないと主張していた。 

【関連ニュース】
死亡の男を書類送検=自宅に放火、一家4人死亡
自称霊能力者ら追起訴=女性に薬物飲ませ殺害
恐喝未遂容疑で男逮捕=被害男性は自殺
家族3人、放火殺人容疑=35歳長男逮捕
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕

ひき逃げ女米兵「話もできないほど泥酔」(読売新聞)
犠牲者10人の冥福祈る=「たまゆら」火災から1年-群馬(時事通信)
全日本プロレスの西村が国民新党から参院選出馬へ(スポーツ報知)
短時間正職員制度、看護職の認知度4割弱(医療介護CBニュース)
衆院外務委員会参考人質疑(斎藤議員)(産経新聞)