強毒性のH5N1型鳥インフルエンザと人の季節性インフルエンザ(H3N2型)のウイルスを組み合わせると、より病原性の高い混合ウイルスが出現しうることを、河岡義裕東大医科研教授、八田正人米ウイスコンシン大准教授らのグループが23日までに明らかにした。さらに、この場合に鍵を握る遺伝子も突き止めた。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
 従来の研究では、同様に作られたウイルスの病原性は元のH5N1より弱まっており、強毒ウイルスは生まれにくいと考えられていた。同教授は「新型の登場でH5N1の存在が忘れられているが、監視を続ける必要がある」としている。 

<雪>関東甲信で降雪 都心でも積雪(毎日新聞)
エンダン文庫 母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気(毎日新聞)
銀メダル長島、ドリカム吉田に並ぶ!!(スポーツ報知)
<上方落語まつり>大阪を笑いで活性化 4月末に16公演(毎日新聞)
YKK AP製ドアポストで事故=小1男児が手の甲切る-消費者庁(時事通信)