16日午前3時半ごろ、埼玉県川越市南台1の西武新宿線新狭山-南大塚駅間の踏切(遮断機、警報機付き)で、点検のため下り線路を走っていた作業用列車(3両編成)と4トントラックが衝突した。列車の運転士(34)とトラックの運転手(32)が頭や手などに軽傷を負った。県警川越署は列車過失往来危険容疑で運転手から事情を聴いている。

 川越署によると、トラックは下りていた遮断機を壊し踏切内に進入したという。衝突の勢いでトラックは横転、列車も先頭車両が脱線した。列車には作業員2人も乗っていたが、けがはなかった。

 この事故で、西武鉄道は狭山市-本川越駅間で始発から午前10時半まで上下線の運転を見合わせた。16日は県内の公立高校の入学試験日で、県教育局によると、事故で遅れる受験生のために沿線の所沢、川越、狭山市内の10~20校で試験開始時刻を最大50分程度遅らせた。【飼手勇介、山崎征克】

【関連ニュース】
センター試験:踏切事故で長野で開始遅れ
名古屋・名鉄踏切事故:91歳夫も死亡
踏切事故防止キャンペーン:駅員らが呼びかけ--仙北・菅沢踏切 /秋田
踏切事故防止:JR秋田支社、リーフレット配布 /秋田
大学入試:寒さの中、センター試験 飯山線の踏切事故、開始30分繰り下げも /長野

東京・大田区職員、覚せい剤所持で懲戒免職(読売新聞)
9人の救出不可能 たまゆら火災、実験で確認(産経新聞)
【集う】根っこの家・若い根っこの会が「日本一遅い新年会」(産経新聞)
<不明男性強殺>5容疑者を再逮捕…千葉県警(毎日新聞)
<関西大>日本史で出題ミス 新たに11人合格(毎日新聞)