鳩山由紀夫首相は16日午前、キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)が17日に予定していた来日を中止したことに関し、首相公邸前で記者団に「私どもの(関知する)範疇(はんちゅう)ではない」と語った。
 来日中止は、米軍普天間飛行場の移設問題で日本政府の検討作業が混迷しているためとの見方が出ているが、首相としては冷静に受け止める考えを強調したとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
「徳之島検討指示」報道を否定=鳩山首相
ミス日本表敬に「幸せな瞬間」=鳩山首相
ホワイトビーチ沖案「詳細知らず」=鳩山首相

「頭にべっとりと血だまりが…」 被害者の調書が事件を再現(産経新聞)
首相、訪米に意欲 米国土安全保障長官と会談(産経新聞)
<阿久根市長>暴走する「救世主」 市民の不満後ろ盾に(毎日新聞)
三宅島空港でも気圧値誤報=航空機着陸には影響せず-装置更新作業でミス・気象庁(時事通信)
関西空港 出国エリア改修工事が完成 1.5倍に拡張(毎日新聞)