民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件について、小沢氏と距離を置く政府・民主党の有力議員から31日、小沢氏のさらなる説明責任だけでなく、進退の判断を求める声が相次いだ。

 枝野幸男・元政調会長はさいたま市内で講演し、「刑事事件として区切りがついたところで、しっかり説明していただかなければならない。国民の理解、納得を得られなければ、一定のけじめをつけていただかないと(いけない)」と述べた。小沢氏が説明責任を十分に果たせない場合、辞任を含めて対応すべきとの考えを示唆したものだ。

 前原国土交通相も京都市内で開かれた党の会合で、「新たな局面が生まれた時は、我々も厳しく自浄能力を発揮していかなくてはいけない」と述べ、今後の展開によっては小沢氏に辞任を求める考えを示した。

4氏が届け出=岐阜市長選(時事通信)
電気カーペット パナソニック電工製で焼損事故 リコール(毎日新聞)
八ッ場ダムの橋入札延期、国交相が群馬県に要請(読売新聞)
普天間で平野長官、法的措置また言及 安保の重み 気づいた?(産経新聞)
大久保秘書、関与ほのめかす供述=石川議員の報告了承か-04年分の虚偽記載(時事通信)