【ワシントン時事】核安全保障サミットに出席した鳩山由紀夫首相は13日夕(日本時間14日午前)、政府専用機で帰国の途に就いた。これに先立ち、首相はワシントン市内で記者団に「核テロの脅威に世界が協力し、情報を共有しようということができ、大変意味があった。日本はしっかりと存在を示すことができた」と同サミット参加の意義を強調した。
 また、首相は「オバマ米大統領が指導力を発揮できたことは意味がある」と述べ、「核なき世界」を掲げる同大統領の核軍縮努力を後押ししていく考えを示した。 

<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
<普天間移設>連立内から「5月末は無理」(毎日新聞)
報道は「事実誤認」=鳩山首相(時事通信)
<鳩山首相>普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で(毎日新聞)
首相動静(4月14日)(時事通信)