1等と前後賞を合わせて3億円が当たる「ドリームジャンボ宝くじ」と、1等の100万円が7千本ある「ミリオンドリーム」が12日、全国一斉に発売され、各地の売り場は幸運を求める人でにぎわった。

 大阪・キタの大阪駅前第4ビル特設売り場では、午前8時の販売開始前に約30人が並び、金色のはちまきをした販売員から宝くじを買い求めた。

 20年通い続けているという大阪府東大阪市の会社員、梶井隆行さん(47)は30枚を購入。「金運が上がるように黄色のミニバイクに乗って買いに来た。当たったらハワイに移住したい」と期待に胸をふくらませていた。

 ドリームジャンボ宝くじは1等2億円が27本、前後賞5千万円が54本、2等1億円が81本。ミリオンドリームは、1等のほか2等1万円が7万本など。いずれも販売は6月4日まで。抽せんは6月15日に東京宝塚劇場で行われる。

【関連記事】
西田敏行、新CMで殿様「宝勝豊」を熱演
香取慎吾、ロト6当たったら「マイ楽屋」
当たりくじ券を偽造 79歳が87歳から3万円詐取の疑いで逮捕
鬼太郎宝くじ1日発売、漫画主人公登場は初
生活かかる金メダル 日中選手、ハングリー精神の差

「合理的理由ない」論文不正疑惑の元東北大助教の解雇無効(産経新聞)
普天間、地元の理解が先=党首討論の発言修正-鳩山首相(時事通信)
ベッカムも触った1億円の金塊きょう最後 実はレンタル…相場高騰(産経新聞)
「河村市長、議会とうまくやって」身内も注文(読売新聞)
鎌倉市に1億円支払い命令=競輪事業撤退、平塚市が請求-横浜地裁(時事通信)