「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された衆院議員、石川知裕容疑者(36)の弁護人に新たに選任された安田好弘弁護士が17日、取り調べ全過程の録音・録画(可視化)を求める申し入れ書を東京地検などに送ったと発表した。

 申し入れ書で安田弁護士は「任意の事情聴取でも検察官は『容疑を認めないと帰さない』などと脅迫的な自白強要を行っている」と主張。「1日の取り調べ時間は4時間以内にとどめる」「1週間に少なくとも2日は取り調べをしない」ことなどを求めた。

 安田弁護士は死刑廃止運動の中心的存在でオウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の主任弁護人を一時務めた。98年に顧問先の会社の資産を隠したとして強制執行妨害容疑で逮捕され、1審は無罪、2審で罰金50万円の逆転有罪判決を受け上告中。

【関連ニュース】
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
布川事件:証拠開示十分ならば結論変わっていた…元裁判官
布川事件:新証拠なら「別の判決」 「実刑」「棄却」元判事、検察の対応批判
重大ニュース2009:日本と世界を変えた1年(その2止)

<箕面のサル>メロンパンの攻防は続く(毎日新聞)
首相動静(1月20日)(時事通信)
震災から15年 中3アンケート ほんの少しの偶然で、私は今、生きている(産経新聞)
自転車死亡事故の主因、民事で一転 両親の執念実る 大阪地裁(産経新聞)
預貯金感覚で「ギフト」ゲット…「株主優待」魅力ある分リスクに注意(産経新聞)