赤松広隆農林水産相は11日の閣議後会見で、宮崎県で口蹄(こうてい)疫による家畜被害が拡大していることについて「やるべきことはやりきってきた。(発生地域が)飛び火すれば別の方策を考えなければいけないが、今は現在の方式をしっかり進める」と述べ、現行のまん延防止策を徹底して実施するのが重要との考えを示した。 

【関連ニュース】
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で
殺処分の家畜6万頭超す=宮崎の口蹄疫
口蹄疫対策で小沢氏に要望=宮崎県知事
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎
殺処分対象、3万頭に迫る=豚でまた口蹄疫疑い

9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく-気象庁(時事通信)
「指導力欠くことある」=普天間念頭、鳩山首相に苦言-民主・小沢氏(時事通信)
<桑原武夫学芸賞>坪内稔典さんに決まる(毎日新聞)
「鳴き声が好き」「妻を亡くしさみしくて」 大阪府警が野鳥違法飼育の男摘発(産経新聞)
<春の叙勲>皇居で大綬章授与式(毎日新聞)