鳩山由紀夫首相は15日、菅直人副総理兼財務相が消費税率引き上げを含む税制の抜本改正の議論を3月に始める意欲を示したことに「年金や社会保障を議論する過程で財源議論が出てくるから、消費税の議論を行うのは結構だと言った。政権を担う4年間は上げないとの思いは守る」と述べ、議論は容認するものの、次期衆院選まで税率を上げないとの考えを改めて強調した。官邸で記者団に語った。

 首相は「消費税の議論に入ると無駄を徹底的に探す意欲が減殺されるのではないか、という思いがあった。ただ、そこは枝野幸男行政刷新担当相に(事業仕分けを通じて)しっかりやってもらう」と指摘した。【小山由宇】

【関連ニュース】
鳩山首相:エストニア首相と会談 把瑠都関の活躍に祝意
確定申告:かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」
菅副総理:次期衆院選前の消費税引き上げ否定
子ども手当:11年度は満額…首相「余裕の分」発言否定
鳩山首相:子ども手当財源「無駄の削減でできた余裕で」

違反切符を破棄、消防士逮捕=シートベルト未装着-広島県警(時事通信)
【from Editor】少子化の本当に怖い話(産経新聞)
認知症の妻絞殺、81歳に猶予付き判決(読売新聞)
長岡京 よろいの部品、内裏跡から出土(毎日新聞)
<端午の節句>サトウハチローの詩で童謡、CDなど寄贈へ(毎日新聞)