浜岡原子力発電所3号機(静岡県御前崎市)で昨年12月、高濃度の放射性廃液が床面に漏れた事故で、中部電力は25日、廃液の排出口がタンク内の堆積(たいせき)物で詰まり、逆流したことが原因だったとする調査結果をまとめた。
 事故後に調べた結果、廃液の濃度が規定以上に高くなっていたことも判明。今後は廃液を専用の装置で処理するとしている。
 原子力安全・保安院は同日、規定違反があったとして、中部電に再発防止策などを報告するよう指示した。
 同社によると、浜岡原発3号機で昨年12月1日、廃液の貯蔵タンクを点検するため、配管を通じて一時保管用タンクに移す作業をした際、廃液が漏れだした。
 事故後に移送先のタンクの底を調べたところ、堆積した鉄さびなどの不溶解物が排出口をふさいでいた。 

【関連ニュース】
核開発の中心施設を公開=邦人記者団に
中部電と飯田市、共同でメガソーラー発電所建設へ
元作業員側の敗訴確定=原発被ばく訴訟
もんじゅ再開へ申し入れ=試験運転計画書も提出
安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」

インダストリアルデザイナー 皆川正氏死去(産経新聞)
仕分け第2弾へ意見募集(時事通信)
「再び教壇へ」男性教諭に肝移植を=支援者らが募金呼び掛け-岐阜(時事通信)
<固体化リチウム電池>常温以下で作動、世界初 三重で成功(毎日新聞)
<革手錠死傷事件>2審も刑務官4人有罪 名古屋高裁判決(毎日新聞)