3日午前8時ごろ、千葉市若葉区の動物飼育場で、シバヤギ「アトム」(雄、8歳)が左右の角2本を折られ血だらけでうずくまっているのを、飼育するNPO法人「都川の環境を考える会」の武部功理事長(65)が見つけ、110番した。県警千葉東署は器物損壊容疑で調べる方針。

 武部理事長によると、2日午後6時ごろ飼育小屋に入れて帰宅、翌朝エサやりに来ると、ヤギが小屋の中でうずくまり、2メートル四方の血だまりができていたという。広場は高さ1メートルの柵で囲われているが、小屋や柵に鍵は設けていなかった。角2本は見つかっていない。

 治療に当たる市動物公園飼育課によると、ヤギの角は成人男性が1人で折ろうとしても簡単には折れないという。ヤギは昨年7月、同公園から譲り受けた2頭のうちの1頭で、近所の人気者。武部理事長は「動物公園でアトムと面会したが震えており、人間におびえているようだ」と憤っていた。【斎藤有香】

【関連ニュース】
<かわいいヤギの写真がいっぱい>「うしか」と思えば「やぎよ」? 千葉の牧場で白黒ヤギが人気
<写真特集>毎日動物園 ヤギの赤ちゃんの写真も
<ヤギと人と>食の風景:ヤギ乳、うメェ~
<動物受難>奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷http://mainichi.jp/s
<動物受難>事故死した動物はどこへ? 市町村が焼却処理

<性的虐待>養護施設の児童に 職員を懲戒解雇 岡山(毎日新聞)
毒ギョーザ 押収注射器から殺虫剤 会社への私怨による犯行?(産経新聞)
「パーマゆるい」と因縁、料金の倍額脅し取る(読売新聞)
<与謝野氏>新党結成、月内にも 平沼氏との連携視野(毎日新聞)
「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速(産経新聞)