プロ将棋棋士元名人の加藤一二三さん(70)が自宅のある集合住宅で規約に違反して野良猫に餌を与え、汚れや異臭などの被害を出したとして、管理組合や住民が餌やりの中止と約640万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁立川支部(市川正巳裁判長)である。
 訴状によると、加藤さんが餌やりを始めたのは1993年ごろから。東京都三鷹市の庭付き2階建てのテラスハウス型集合住宅で、加藤さんは朝晩、玄関前や庭で餌を与えた。
 多数の猫が集まることがあるほか、別の庭に侵入して建物周辺の汚れや異臭がひどくなり、自動車の屋根に傷を付けられる被害まで起きたとしている。
 管理組合側は2002年から、居住者に迷惑を及ぼす恐れのある動物の飼育禁止を定めた規約に違反するとして、加藤さんにやめるよう求めたが聞き入れられなかったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
テン、富山の動物園へ=トキのケージで捕獲
脊椎動物、3割減少=10年目標は未達成に
羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦
アジアのウイルスと近似=宮崎の口蹄疫

<新型インフル>神戸大流行は異なるウイルス 感染経路は別(毎日新聞)
放鳥トキの営巣確認=5組目、抱卵は確認できず―環境省(時事通信)
国定公園の海辺、勝手に埋め立てた兄弟逮捕(読売新聞)
公明・山口代表、民主党との連携に含み(産経新聞)
188キロで大型バイク走行の男に有罪判決(読売新聞)