2008年度に公立中学生1人当たりに掛かった学習塾費は18万7691円で、過去最高だったことが27日、文部科学省の学習費調査で分かった。公立小や高校では不景気の影響で学習塾費が減ったが、大半が高校を受験する中学生では、学校教育だけでは不安な保護者が多いようだ。
 調査は1994年度から隔年で実施。学校教育と校外学習に支出した費用について、幼稚園、小中高校の約3900学級と保護者約2万3000人から回答を得た。
 学習塾を利用した生徒の割合は公立中が前回比1.4ポイント増の73.0%、私立中が1.3ポイント増の54.9%。一方、公立高が0.2ポイント減の35.1%、私立高が7.3ポイント減の35.6%だった。 

【関連ニュース】
企業サービス価格、過去最大の下落=高速料金値下げなどで-09年
企業向け、5年半ぶり低水準=銀行貸し出し
景気「悪くなる」が増加=1年半ぶり、円高で二番底懸念
街角景気、3カ月ぶり改善=基調判断、半年ぶり上方修正
日本の未来、8割「暗い」=自分については6割楽観

財政健全化目標めぐる検討開始-政府(医療介護CBニュース)
<伊方原発>耐震安全性、国の安全委も認める(毎日新聞)
ボンバル機引き返し=警告灯が点灯-大阪空港(時事通信)
<小沢幹事長>地検が2度目の事情聴取…1月31日に都内で(毎日新聞)
<JR福知山線脱線>元2部長の不起訴不当議決 検察審(毎日新聞)