気象庁は1日、関東甲信地方の広い範囲で同日昼すぎから2日未明にかけ雪が降るとして、注意を呼び掛けた。日本の南海上にある前線上の低気圧が、発達しながら1日夜に伊豆諸島南部を通過、関東地方南部の平野部でも雪が積もる見込みという。
 2日午前6時までの予想降雪量は、いずれも多い所で山梨県が30センチ、長野県が20センチ、関東南部の平野部と北部が10センチ、箱根から東京・多摩、埼玉秩父地方にかけて15センチ。 

【関連ニュース】
元日にかけ大雪や暴風に警戒=強い冬型の気圧配置

阿弥陀如来像、浄土宗に戻る=法然800年忌前に-京都(時事通信)
3大都市圏の人口集中止まる…仕事・異動減り(読売新聞)
政治資金監査、新制度で“商機” 税理士ら殺到でも「リスク」は…(産経新聞)
<お~い!竜馬>近ツー国内旅行パッケージにイラスト起用で参加者が増加(毎日新聞)
<掘り出しニュース>唐ワンくんに手編みマフラー「うれしいワン」(毎日新聞)