大人気マンガ・アニメ「キン肉マン」作者のゆでたまご(嶋田隆司)さんが、キン肉マンと牛丼の関係について秘話を明かした。ところが、牛丼チェーン「吉野家」に対する恨み辛みとも受け取れる内容が含まれ、ネットには「吉野家」をバッシングする書き込みが溢れた。ところが今度は、ライバルのゼンショー広報が「吉野家」をかばうコメントを「ツイッター」上で発信、混乱状態だ。

■もともと食べていたのは「なか卯」の牛丼

 ゆでたまごさんが「ツイッター」に「吉野家」について書き始めたのは2010年4月13日昼頃から。そこで明かされたのは、キン肉マンがもともと食べていたのは「なか卯」の牛丼であること。ところが、アニメが始まるにあたり「吉野家」に変わったのだという。当時「吉野家」は倒産していて、PRのためもあって働きかけたらしい。結果としてアニメは大ヒットし、ファンの子供たちが店に押し寄せ、「吉野家」は再建に成功した。

 しかし、「吉野家」は「キン肉マン」の番組で一度もスポンサードしたことがない。29周年を迎えたとき、出版社が「吉野家」に対し、「なにかお祝いしませんか 今こそ恩返しするチャンスです」と持ちかけたものの断られた。そこで手を挙げたのがゼンショー。「なか卯とうちは業務提携してます。ぜひともお祝いさせてください」となり、テレビCMが決まった。「なか卯」という元のサヤに収まった形なのだと説明している。

 「キン肉マン」は「週刊少年ジャンプ」で連載をスタートし、2008年で29年目。これが「ニク」年に当たるため記念イベントが行われた。テレビでは「キン肉マン」のキャラクターが登場する「なか卯」のCMが流れた。ファンの間から、「キン肉マン」は金で転んで「吉野家を裏切った」などといった、うがった見方が出ていた。

 どうやら作者のゆでたまごさんは、「こうした風評を一掃したいと考え「ツイッター」に書き込んだようだ。

■「一方的発言は私共としてはとても残念です」と吉野家

 その一方で、アニメが始まった28年前、タダで「キン肉マン」に会社を再建してもらった、と社員に感謝されたものだったが、今では訳のわからないことを言っている、などと個人的とも思える恨み辛みも綴っている。

 この一連の書き込みが、意外な反響を呼ぶ。

 ライバル会社のゼンショーは、10年4月13日の夕方から「ツイッター」の同社のサイト「ゼンショー広報室長」で、発言に関する意見を公開している。一言で言えば、「吉野家」をバッシングするのはやめてほしい、というもの。

  「吉野家さんというブランドがあってこそ牛丼がここまで来られたと個人的には思います。経緯がどうあれ、牛丼業界を温かく見守ってください」
  「吉野家さんには吉野家さんなりのご事情があってタイアップの話を受けられなかったと推察します。キャンペーン時期が合わなかったりとか。決して不義理だけだとは思いません。勝手な想像ではありますが」

などと書き込んでいる。

 吉野家広報は、今回のゆでたまごさんの「ツイッター」での発言について、

  「ゆでたまごさんは牛丼業界の恩人のような方で感謝をしています。ただし、今回のような一方的発言は私共としてはとても残念です。様々な考え方や事情もおありでしょうから、これ以上のコメントは控えさせていただきます」

としている。


■関連記事
吉野家「期間限定」牛丼値下げ その後継続するかどうかに注目 : 2010/01/05
女は「おひとりさま」が好き 「ラーメン」「牛丼」「カラオケ」  : 2010/01/15
平野綾薬指に銀色指輪 「結婚か」とネット騒然 : 2010/04/13
実写デコメで差をつけちゃえ! 世界で一つだけの「写メ字」 : 2010/04/12
朝のあいさつ 無視されたときの「切り返し方」 : 2010/04/13

<裁判員裁判>強姦致傷事件で厳罰化傾向 実施状況を公表(毎日新聞)
女性の年齢を当てる7つのワザ! 条件あり
<火災>放火か 東京・足立2人死傷(毎日新聞)
<郵便不正公判>大阪地検が窮地 供述内容覆り(毎日新聞)
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場-放置車遺体と関連捜査・長野県警(時事通信)