女子大学生(21)が住むマンションの部屋に侵入して現金を奪ったとして、滋賀県警捜査1課と彦根署は9日、強盗容疑などで同県近江八幡市八木町、左官業白地義広容疑者(26)を逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は8日午後11時20分ごろ、同県彦根市竹ケ鼻町にあるマンションの一室にベランダから侵入し、女子大生にカッターナイフを突き付け「金を出せ」などと脅迫、現金約2万1000円を奪った疑い。
 通報で同署員が駆け付け、マンション1階の貯水槽の陰に隠れている同容疑者を見つけたという。女子大生と面識はなかった。 

【関連ニュース】
強殺容疑で4人を再逮捕=一家3人殺害
邦人女性殺害で禁固20年=インドネシア
地裁職員、強盗強姦容疑で逮捕=アパート侵入、金奪い乱暴
上田容疑者を詐欺罪で追起訴=8回目、鳥取連続不審死
長男の元妻を逮捕=78歳女性強殺容疑

郷田九段、寝坊で不戦敗のペナルティーでファンと対局(スポーツ報知)
ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕(産経新聞)
失敗から何を学ぶか…新しい「鳩山論」の時期が来た(産経新聞)
介護サービスへの苦情、1割減-東京都国保団体連合会が調査(医療介護CBニュース)
<盗難車>追跡され住宅玄関に衝突 ガス漏れが発生 岐阜(毎日新聞)