米の動物権利保護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」が24日、東京・赤坂のカナダ大使館前でアザラシ猟の禁止を求めて抗議活動を行った。
 メンバーの1人、アシュリー・フルーノさん(23)は、素肌に赤と白の塗料でカナダ国旗を描き、「赤ちゃんアザラシを殺さないで」と書かれたプラカードを掲げ登場。「アザラシ猟はカナダの評判を罪のない血で汚すもの。この恐ろしい行為を今すぐやめて」と訴えた。
 PETAは米バージニア州に本部を置く世界最大規模の動物保護団体で、「カナダでは猟師が子アザラシを銃やこん棒で殺したり、毛皮に加工するために生きたまま皮をはがしている」などと主張している。これに対し、カナダ漁業海洋省は、子アザラシの捕獲は1987年から禁止されており、生きたままアザラシの皮をはがすことはないなどと反論している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕体を張った動物愛護の訴え
〔写真特集〕アニマルベビー~アザラシの赤ちゃん~
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
目玉のジンベイザメ海に帰す=保護求める声受け
コアラ、30年で絶滅も=生息数が急減

「勝ち進むことが恩返し」 敦賀気比の故小林繁さん教え子 センバツあす初戦(産経新聞)
<京都大>卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ(毎日新聞)
郵貯限度額上げ「議論が必要」=首相(時事通信)
<政調費>任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁(毎日新聞)
橋下知事が再び応酬「兵庫県議会、小中学生なみ決議」(産経新聞)