26日に予定されている足利事件の再審判決で、法廷内の撮影と録音を認めないとした宇都宮地裁の判断について、民放連の広瀬道貞会長は18日の定例記者会見で「誠に遺憾。裁判所が標ぼうしている『司法に対する国民の信頼向上』は到底果たし得ないと考える。再考を強く求める」などとする民放連のコメントを明らかにした。
 報道各社や弁護団は、菅家利和さんが在廷した状態での撮影と録音を要望していたが、同地裁は17日に要望を認めないことを決めた。 

【関連ニュース】
菅家さん在廷での撮影認めず=足利事件の再審判決
「可視化」実現へ協力求める=法相が検察幹部に訓示
検察側、無罪求め謝罪=「長期服役、取り返しつかない」
検察側、無罪論告へ=きょう結審
菅家さん否認「虚偽と思った」=元検事、謝罪はせず

<北海道8区>佐藤健治被告、5年間立候補禁止が確定(毎日新聞)
スカイマークを特別安全監査、国交省が厳格対応(読売新聞)
みんなの党・渡辺代表、新党連携に慎重姿勢(読売新聞)
在宅医療は「医薬分業、開局薬剤師の試金石」(医療介護CBニュース)
<将棋>王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利(毎日新聞)