鹿児島市立病院(鹿児島市加治屋町、上津原甲一院長)が3月31日夜、約1時間半停電した。

 停電発生とほぼ同時刻に、地下1階の電気室から「ボン」という大きな音がし、猫が飛び出してきたのを職員が目撃。迷い込んだ猫が6600ボルトの高電圧がかかった電線に触れ、ショートしたのが原因とみている。

 病院によると、すぐに自家発電に切り替わったが、コンピューター断層撮影装置(CT)などの大きな電力が必要な医療機器が使用できなくなったため、救急搬送の受け入れを停止した。入院患者463人に影響はなかった。

首相と小沢氏が2時間会談、稲盛和夫氏も同席(読売新聞)
アパートの強度偽装、事前にばれて建築されず(読売新聞)
<訃報>宍道一郎さん89歳=元日本ビクター社長(毎日新聞)
<DNA>全国13地検に長期保管用冷凍庫 法務省方針(毎日新聞)
<与謝野元財務相>新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ(毎日新聞)