島根県隠岐の島町の隠岐広域連合立隠岐病院で6日、入院中の70代女性の人工呼吸器が外れて女性が死亡する事故があり、病院は呼吸器が故意に外された可能性があるとして調査を開始した。司法解剖の結果、女性の死因は窒息死と判明。県警は事件の可能性も視野に入れ捜査している。

 同病院は7日に会見し、人工呼吸器は6日朝の短時間の間に外された可能性が高いことを明らかにした。

 同病院によると、女性は入院中、自発呼吸がほとんどできず寝たきりだった。女性の人工呼吸器に異常があったことを示すアラームが鳴ったため、看護師が6日午前7時10分に確認し、呼吸器が外れているのを見つけた。6日午前5時ごろ看護師が巡回した際は、異常はなかったという。

JR宇都宮線で運転見合わせ、千人が車内に(読売新聞)
舛添氏「時期が来たら」新著で首相の座に意欲(読売新聞)
将棋 17歳・里見が初の女流名人獲得 清水に3連勝(毎日新聞)
民主、石川議員の辞職勧告決議案は審議せず(読売新聞)
<国立大学法人>文科省評価委分科会が中期目標原案を了承(毎日新聞)