米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府が検討している鹿児島県・徳之島への分散移転に反対する集会が8日、鹿児島市内の公園で開かれた。「米軍基地の県内移設に反対する県民総決起集会」と題され、徳之島の3町長や伊藤祐一郎鹿児島県知事も出席。約5000人(主催者発表)が集まり、「農業の島に基地はいらない」などと訴えた。
 徳之島町の高岡秀規町長はスピーチで、7日に行われた鳩山由紀夫首相との会談に触れ、「断固反対という民意を伝えた。不安を取り除くのが政治。強制的に(基地が)来るのではないかという(島民の不安は)払しょくされたと思っている」と強調。伊仙町の大久保明町長も「基地の負担を分け合うのではなく、縮小以外に方法はないと考えている」と声を張り上げた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
米が徳之島移転に難色=首相、地元と協議継続へ-普天間(時事通信)
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
漁船転覆で1人不明=タンカーと衝突の疑い-石川(時事通信)