【青森】国が建設を進める西目屋村の津軽ダム周辺で、クマタカのつがい1組がペアを解消し、それぞれ別の個体とつがいになったことが29日、明らかになった。「離婚して再婚」ともいえる行動について、津軽ダム猛禽(もうきん)類検討委員会は「これまでクマタカは一夫一妻制と考えられていた。新たなつがいづくりの確認は国内初ではないか」としているという。

【写真特集】いろいろな鳥がたくさん 毎日動物園・鳥類別館

 津軽ダム工事事務所によると、民間の委託業者やカメラマンがほぼ毎日、クマタカを観察。ペア解消前のつがいは01年に繁殖に成功したが、昨年2~3月ごろからペア解消の兆候が見られた。昨年4月にはそれぞれ別の個体とペアになり、別れた雌は新しい相手の雄との繁殖にも成功したという。

 クマタカは環境省が出した鳥類のレッドリストで、近い将来、絶滅する危険性が高い「1B類」に位置する。津軽ダム周辺にはクマタカ7つがいとオオタカ1つがいが確認されている。【鈴木久美】

【関連ニュース】
【写真特集】かわいい動物たちの表情がたまらない 毎日動物園
【写真特集】水に生きる仲間たちを写真で 毎日水族館
【写真特集】冬でも美しい草花を 毎日植物園
【写真特集】美しい日本の海 命あふれる水の世界

清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)
認知症の人を受け入れ、尊重するケアを(医療介護CBニュース)
鳩山内閣支持率 ネット世論は保守志向(産経新聞)
<食中毒>弁当食べた137人に症状 愛知・稲沢の業者製造(毎日新聞)
【アニマル写真館】アムールトラ 天王寺動物園(産経新聞)