14日午後5時10分頃、那覇空港を離陸直後の石垣行き日本トランスオーシャン航空(JTA)621便(ボーイング737―400型機)で、客室の気圧が低下する異常を操縦室の計器が示した。

 同機は那覇空港に引き返し、約2時間後、別の機体で再出発した。乗客乗員154人に体調不良を訴えた人はいなかった。

 国土交通省那覇空港事務所によると、同機は計器を取り換えれば運航可能と判断されたという。

 同社は計器の異常が原因とみて調べている。

<通天閣>2・10(ニット)の日に手作りマフラーの贈り物(毎日新聞)
<北沢防衛相>陸自連隊長の処分など検討(毎日新聞)
警察のエンブレム偽造容疑=ネットで販売、2人逮捕-茨城県警(時事通信)
アッバス氏、衆参議長と会談(時事通信)
社民、期限付き九州北部案で調整=国民新にシュワブ陸上案-普天間移設(時事通信)