5月22日から全国公開される映画「春との旅」(毎日新聞社など製作参加)が15日、奈良市の薬師寺に奉納された。主演の仲代達矢さん(77)と小林政広監督(56)が金堂の薬師三尊像(国宝)前で、協力者やファンに感謝を込めて祈った。創建1300年の薬師寺で、映画が奉納されたのは初めてという。

 映画は、足の不自由な元漁師・忠男(仲代さん)が身の寄せ場所を求め、孫娘の春(徳永えりさん)と共に疎遠だった兄弟を訪ね歩くストーリー。「生きることとは何なのか」をテーマにしている。

 奉納式では、読経の後、仲代さんらが映画のポスターと台本、DVDを山田法胤(ほういん)管主に渡した。仲代さんは「奉納は60年の俳優人生で初めて。とてもありがたい」とあいさつ。小林監督は「この映画が一人でも多くの人の心に残るようにとの思いを込めて奉納した」と話した。【花澤茂人】

【関連ニュース】
薬師寺:国宝・東塔の内陣公開始まる
仏生会:釈迦の誕生祝い /奈良
撮れたて!:薬師寺「花会式」 幸せ祈って 響く声明 /奈良
花会式:幸せ祈る声明響く 奈良・薬師寺で始まる /奈良
あちこち・あいち:日報連支部写真展--一宮 /愛知

「肉や角、高く売れる」逮捕の“矢ジカ”男(産経新聞)
保育園で36人食中毒、4歳児が一時入院(読売新聞)
<高速道路>本四連絡道の上限料金設定を批判…仙谷担当相(毎日新聞)
日本語力、職員から 都が勉強会 “足元”強化(産経新聞)
日韓議連の新会長に民主・渡部氏(産経新聞)