20160109_202551

d

年も明け、正月休みの雰囲気も消えつつあった6日の午後。藤岡幹大くんが5日に亡くなった事を知り、暫し呆然とする中、(今、最も大事な事は?)と我に返り、通夜、告別式の日までに私に出来る事、そしてその両日に出来る事、そして、それからの未来に対し必要とされれば為すべき事を想定しつつ、


藤岡幹大くん


彼の御親族、御遺族をはじめとする、幹大くんの沢山の友らの想い、

「無限の感謝をくれた彼を不安なく送り出す為に」

その為の大きな力、大きな心の輪の末席に自分も加えて頂きました。




藤岡幹大くん



「あぁ~、TOKIさんやぁ~!!」



初めて会った時も、以降に会った時も、必ず彼から先に声を掛けてくれる。そしていつも笑顔。



「おぉ~、藤岡く~ん!!」



8日。藤岡くんと対面。いつもと大きく変わる事は無い。

変わった事と言えば今回は私から挨拶したくらい。
藤岡くんはうっすらとやはり笑顔。


彼の奥さん、そして 藤岡君のTwitter( @mikio158cm )に度々登場した 小さなお嬢ちゃん二人を守るようにあやしている御親族、御遺族の皆様とも顔を合わせ、

彼の耳に直接言える、直接の約束が出来る残り少ない時間の内に、

「藤岡くんが心配してる事、娘さんの事とかさ、そういうのは皆で力を合わせて全て解決していくから大丈夫。何にも心配しなくていいからね」

彼の耳元でしっかりそう伝え、彼からの返答は?

それくらいは分かる。それくらいの思い出はある。




(もし逆の立場であったなら?)




ギターを置き、妻と幼児二人を残し、やりたかった事、やるべき事を途中にして去らなければならない。

想像するに難しくない、彼のそんな忸怩たる思いに対して、




とりあえず、



とりあえず、




もっともっとギターで音楽を奏でたかったという思いに対しては、 藤岡幹大のギター、その実機は奥さんの希望、そして大村本人、そして何より藤岡くんが 望むであろうという事で大村孝佳を筆頭に、彼所縁のギタリストが引き継いでいくとの事。

その他の機材なども同様に引き継ぐ事によって、藤岡幹大の音楽が途切れる事は無く、これからも響き続ける事で疑いなく応えられるのではないだろうか。


追悼の展示などがあれば、それらを経て、それが実現していく。



そして、藤岡くんが去る事によって、彼の愛する家族が受けるであろう経済的な不安。


この不安に対しては即断で実行できる現実的な内容として、

Keasler Japan Limitedが映像著作権を有する大村孝佳の「Devil`s In The Dark~Final Edition~」付属の【The Chronicle Of Metal Lovers】と「Cerberus」に付属する【The Gathering Of Metal Warriors】、

このそれぞれのLIVE DVDの藤岡幹大出演&演奏シーンを再編集し、藤岡幹大をメインにフィーチャリングした特別版を緊急リリースし、その売上の総てを御家族にお渡しする、という事。


とりあえず、これが出来る。


そして必然的に藤岡幹大くんに向けてのライヴの開催の話になるも、会場を押さえる企業団体、責任者、各出演者のスケジューリングやマネージメント、実際にやるなら、ライヴのプログラムとは別に誰か、もしくはどこかが中心となって動かなければならない。

斎場にて大村くん、BOHくん、前田くん、英樹くん、そして私で集まる中、
藤岡くんとの思い出の多い彼らが哀しみの渦中にいる中、


私は動く事でしか藤岡くんに報えない。


私達からの提案に対し、奥さんからも一任を得て、近く実現する運びです。


言わずもがな、こちらのライヴにおける収益金も前述のLIVE DVD同様、 売上の総てを御家族にお渡しします。








藤岡くんの葬儀が終わって、まだ間もない状況の中、藤岡くんとの思い出以外の事など言いたくないのが本音です。

でも、何かと問題が起きやすい金銭面に纏わる事であり、尚且つ、辛辣な現実を知っている上で、最初の段階で明確にしておいた方が何かと齟齬が起き難いと思いますので言わせて下さい。




上記の事も、それ以降の それ以外の 事についても、藤岡くんに頭を下げさせるつもりはありません。もちろん御親族、御遺族の方々にもです。


何故ならば、これらの事は藤岡くんから貰った沢山の思い出のお返しの一環でしかないからです。


そして、これはSTEALTHで培った事ですが、私のような何でも屋みたいなのは置いといて、音楽で家族を養い、守っている人に対し、妙な義侠心を試すような事、つまり、

「チャリティーなんだから何でもタダでやれ」みたいな事をやると、いずれは発起人もろとも総崩れになり、何が何だか分からなくなってしまう可能性が大きくなる事を意識しながら推進しなければならない。


更に、自身の音楽活動に差し障りが出ない形で遂行する事。


度々となりますが、藤岡くんに申し訳ない思いなどさせたくはありませんので。







故に、力を貸してくれる皆さんにあらかじめお伝えさせて下さい。



理想は「誰もが感謝し合う事」です。




藤岡幹大という名前をフィーチャリングしてリリースされる作品、及びライヴにおいて必要不可欠な絶対経費は(プレス代、印刷代、配送費、会場費、照明費、等。その他、出演者のギャランティにおいても同様です)守る形で進行させて頂きたいです。

つまり力を貸してくれる人達も「藤岡くんのおかげで」という事になり、藤岡くんは藤岡くんで「家族の為にすんませ~ん!!」という事になる。

そして当たり前に、それらの作品や活動を応援してくれる方にも「価格以上の思い」をしてもらえるよう、作品作りにも、ライヴにも、その他のあらゆる事にも全力なのは言わずもがなです。



優先順位を明確にします。


1:藤岡幹大くんの心配の払拭
2:それを為す為の予実管理



です。


つまり変な話「1が僅かでも損なわれるような事はしない」という事です。それが根幹ですから。


こういった話の一環として、Kealserの方にも国内外から藤岡くんの御遺族に対して基金の設立、クラウドファウンディングなどの提案が届いているようです。ただ、ちゃんとやらないと税金の問題で御家族に負担を掛ける事になるやもしれませんので…

こういったアドミニストレーション、ソーシャルアドミニストレーションと言った方が正確かもですが、そこはSTEALTHでの実績・経験を買われて私とKeasler Japan Limitedの中島が請け負う形です。




そういった運営の中で、こういった事も言えます。「例えば」なんですけど、藤岡くんが世界的超絶技巧バンド「Dream Theaterが大好きやねん!」と言ってたとして、彼の名を冠したイベントで「全員が完璧に演奏・実演できるまで半年以上はかかると思う。しかもそれ以外に自分のやるべき事もやらなきゃなので本当に出来るかどうかも分かりませんが、それを何とかライヴで演奏する為に2年待って下さい!」と出演メンバーの誰かが言いだしたら誰かが止めなきゃならん!といったような…

藤岡くんは超絶技巧な上に天才肌的な演奏をする&好むので、それを丸ごと汲んでたら、多分ナニも出来ないまま悪戯に時が流れて行ってしまう可能性が非常に高い。



一番大事な事は、


藤岡くんと交流のあった仲間達が集まって、そんな仲間達を応援してくれる方々が集まって、それが藤岡くんの家族を支える力になる。


こういった点を忘れない事だと思っています。





すいません、長くなってしまっていますので、最後に二つ。



私事となりますが、今回の事で、これほど自分が恥ずかしかった事はなかったです。

何故ならば、2年前に母を亡くし、ヘロヘロのヨレヨレだった私と、藤岡くんのお嬢ちゃんは親を亡くしたという点で同じなのに、

こんな小さな子が耐えている事に、打ちひしがれた自分が情けなく、、

更には、藤岡くんの御両親共に、自身の哀しみは一切見せず、

「幹大くんの為に足を運んでくれてありがとう!ありがとう!」

と感謝の笑顔を絶やさなかった、あのお姿は生涯忘れる事はありません。






そしてもう一つ。


最後に、




奥さんにこんなお願いをしました。

藤岡くんのTwitterを閉じず、ずっと続けてほしい。そしてそこでお嬢ちゃん達の成長を皆に知らせてほしいと。

入学式、卒業式、誕生日、クリスマスといった節目の時だけでもいい。

その成長に自分達が役に立たせてもらっているなら、こんなに素晴らしく、こんなに嬉しい事は無い。







藤岡幹大くん。


「おもろい人がおるんや、TOKIさんっていう人がおってな。この人はな…」

奥さんに私の事なんかを色々と話していてくれていたんですね。

私も大村くんに話していたんです。

「藤岡くんって…なんかこう…ブッ飛んでるよね」

「僕の師匠ですから」





君に「
みんなと出逢えて良かった」と思ってもらえる為に、これから君の分まで頑張ります。


見ていてやって下さい。




1月17日。

告別式から1週間が経ち、望まぬ事が大なり小なり耳に入ってくる現況を踏まえ、新たなブログを書くより、このブログへの追記をした方が良いと思いましたので、そうさせて頂きます。

皆さんが思う、藤岡幹大くんとは、


神バンドの小神様、仮バンドのメンバー、MI JAPANの講師、またはTRICK BOX、その他、彼がやっていたバンド等々、いずれかは分かりかねますが、概ねその中のどれかではないかと拝察致します。


その全てが正解だと思いますが、これらに纏わる各人が「全て緊密な関係性でない事」は想像に難しくないと思います。

神バンドは最大の認知を誇る中で、時間が全てでは無いにせよ、活動においては片手に余る年数、仮バンドは藤岡くん自身のバンドとはいえ、もっと少ない年数なのに対し、MI JAPANは藤岡くんが最も長く深く携わってきたミュージックライフと言えるでしょう。


そして、それぞれがそれぞれに藤岡くんに対する思いがある。


でも、連絡先すら知らない、会った事すらない、藤岡くんがいなければ全く繋がらないという当たり前の現実の中、藤岡くんの魂の名の下に一丸とならなければならない。

それぞれの思いを活かした形で一丸となるだけでも至難なのに、更にチャリティーという形「気持ちだけでは厳しく、安易な事をやれば藤岡くんの家族に思惑以上の税務負担がのしかかったりする難しい現実」がある。

この現実を前に、ここにきて誰も知らない数字しか追わない第三者機関を介入させ「それはダメ」「それは控えて下さい」「それはちょっと様子を見てからにして下さい」などと言われ、悪戯に時間を経過させたら「藤岡くんへの思い」「藤岡くんの不安を無くしたい」「藤岡くんの為に何かを」という藤岡くんの友、仲間からの溢れんばかりの気持ちの方が爆発し、下手をすれば争いに進展しかねない。


熱く、けれど冷静に、出来れば藤岡くん所縁の人間の中で、音楽とは関係ない部分での「そういう部分」をやれる人は?と見渡したら、音楽事務所(会場確保、ブッキング、作品の生産、マネージメント)、そして法人企業(予実管理&税務)の代表であり、何よりチャリティーにおける経験値がある、即ち「最も効率の良い男」として、御遺族、そして現在の藤岡くんと近しい仲間達から私に白羽の矢が立ったに過ぎません。

何より私も私の経験や持っているモノが役に立てるのなら、こんなに嬉しい事は無い。


誰が辛い、誰が厳しい、誰が日向で、誰が影?
そんな背比べなんかせずに、



それぞれがそれぞれに、それぞれの思いを汲んで、
それぞれがそれぞれに出来る事を精一杯やる。


それこそが藤岡くんへの手向けとなると、一人の人間として思います。


もっと掘り下げて言うなら、決して藤岡くんと近しい存在ではない私が全力で参画する事によって、しばし縁遠かったけど藤岡くんとは長きに渡っての繋がりがある方の溜飲を下げている事実もあります。


私にとって最も大事なのは、お嬢ちゃん二人を守る事。
そしてそれは藤岡くんの思いとリンクしているであろうという点で皆と共存、共有しています。


皆さんに見えているのは当たり前に表面だけです。
もちろん私も奥の一部しか見えていない。


そんな中、誓って言えるのは、皆さん同様に色々な人生経験を積んでいる男達が、あらゆる事を想定しながら一生懸命にやっているという事です。


自分に出来る事は自分に、自分が得意ではない事は他の方に。

適材適所、最短距離で最大の効果を出さなければならない、公に出来ない「理由」がある。


とにかく、


結果をもって証明します。

見守ってやって下さい。


あと数日で更新されてしまいますが、今回の藤岡くんの事について話しました。もし良かったら聞いてみてやって下さい。

Viper`s Web RADIO
http://www.keasler.co.jp/c4/index2.html