犯罪被害者支援に取り組む弁護士ら約10人が31日、「児童ポルノを許さない社会を実現するための弁護士フォーラム」を結成、児童ポルノ画像を個人で見るために所有する単純所持の禁止などを国会に求める緊急アピールを発表した。会見した代表幹事の後藤啓二弁護士は「世論調査で約90%が単純所持禁止に賛成しており、規制しようとしない立法府の行為は子どもへの性的虐待を助長するものだ」と指摘。写実的なコンピューターグラフィックスや漫画も規制するよう求めている。全国の弁護士に呼びかけ、シンポジウムなども計画している。

【関連ニュース】
少年審判傍聴:遺族ら169人認める 制度開始から1年
時効見直し:刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止
地下鉄サリン:死者1人増え13人 警察庁が再調査
地下鉄サリン:被害者ら福島担当相に支援充実要望
地下鉄サリン:遺族が関係者取材、映像に 20日で15年

スカイマークに業務改善勧告=英語力不足や点検不備判明-特別安全監査で国土交通省(時事通信)
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し (産経新聞)
JR歴代3社長起訴めぐり指定弁護士を推薦(産経新聞)
普天間移設 仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で(毎日新聞)
<児童ポルノ>規制強化求め緊急アピール 弁護士ら10人(毎日新聞)