19日午後9時35分ごろ、三重県鈴鹿市白子の国道23号の交差点で、パトロール中の県警刑事部機動捜査隊の覆面パトカーと女子大学生(20)=同市=が運転する原付きバイクが衝突した。女子大生は頭や足の骨を折る重傷を負ったが、命に別条はない。県警鈴鹿署が原因を調べている。
 同署によると、同隊の男性巡査長(31)が運転する覆面パトカーが、片側2車線の歩道側レーンを直進し交差点に進入したところ、対向車線から右折してきたバイクが衝突したという。 

【関連ニュース】
パトカー追跡で事故=逃げた男性軽傷
当て逃げ事故で3人死傷=逃走の男、パトカー盗み逮捕
パトカーが軽自動車と衝突=20代夫婦が軽傷
赤信号通過のパトカー衝突=不審車追跡中、交差点で
盗難車でパトカー2台に衝突=容疑で男逮捕、飲酒運転

初のコウノトリ巣塔設置へ 兵庫・養父市(産経新聞)
センバツ 開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
全国最後の新潟で裁判員判決=覚せい剤事件、懲役10年(時事通信)
【関西あれこれアニバーサリー】龍安寺 建立560年 石庭の解けない謎が魅力(産経新聞)
<北教組事件>党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)